クライシスの作品情報・感想・評価

「クライシス」に投稿された感想・評価

るんPAN

るんPANの感想・評価

1.5
脚本ガバガバだけどコンセプト自体は結構好き。小学生の頃にTSUTAYAでパッケージ借りして好きだった。作品名出てこなくて、覚えてること箇条書きで知恵袋に投稿して作品名教えてもらったのも良い思い出(?)

そう考えると子供の頃からバッドエンド好きだったんだな、捻くれてたなぁ笑

特にこういった「あぁ、そっちがBadね...」っていうバッドエンドが好物です(())

正直、終盤のメロドラマはいらないからもうちょい悲壮感上げるとか置き去りにされた設定の説明とか補足があれば良かった。クオリティはC級。

それとネットじゃなくて久々にDVDレンタルしたわ...ラップトップだったから観づらかった、新しいテレビ欲しいなぁ
chiebi

chiebiの感想・評価

2.9
旦那の
俺を殺す気か? のセリフにビックリ

夫婦どっちもあんま好きくない。
密封か換気か悩むねーてやつ?(笑)
jun

junの感想・評価

2.8
記録

嫁のサバイバル能力どーなってるの!?
自由過ぎでしょ!
ame

ameの感想・評価

1.8

最後の最後で「は?」

全てにおいて中途半端。
そのため消化不良のまま終わる。
CSIマイアミのティム(ロリー・コクレイン)がそのままこの映画に登場した事案
夫婦のすれ違いや葛藤が短い会話でもよく伝わるのは流石
メアリー・マコーマックが演じる優しく、それでいて割と身勝手な妻がとても魅力的に感じる
作品全体のビジュアルはとても地味だがテンポが良いので98分を然程長く感じない
パッケージと内容が一致していない飛ばしは所謂お約束
低予算のパンデミック映画と理解していれば面白く観られると思う
Katsuya

Katsuyaの感想・評価

1.8
バイオテロにより、人々は自宅で引きこもることになった。
一人の男はすぐにビニールテープや窓を覆うものを買い集め家に引きこもる。
ただそれだけ。

バイオテロの被害にあった妻がやって着て妻「入れてくれ」
夫「ウィルスは入れられない」
といういざこざがあり、無理矢理にでも入ろうとする妻、結局部屋をわけて入れることに。

でも結局救助が来たと思いきやバカ妻のせいで夫が隔離され殺されるハメに。
感想川柳「漢気が いざという時 試される」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

ある朝、ロサンゼルスで有毒ガスを使用した爆破テロが発生。戒厳令が敷かれ、窓や扉の隙間をすべて塞ぐよう勧告される。そして死の灰が降り注ぎ始めたその時、職場に出掛けていた妻レクシィが現れ、夫のブラッドに扉を開けるように懇願するのだが…というお話。

いわゆるテロによるウィルス感染もので、最近よくある噂先行の何が起きてるか分からない系ではありません。ガチで振り撒かれた「死の灰」による感染を背景に夫婦を中心とした人間ドラマが描かれます。( ̄ー ̄)

ラジオから「爆弾が」とか「どうやら化学兵器の模様」とか「危険だから家に目張りしろ」とか様々な情報が流れてくるのに、通信網は混み合って使えないし戒厳令で外にも出れない。そんな中、外から家族が帰ってきたら…((((;゜Д゜)))
自分なら迷わず入れますな。(o゜◇゜)ゝなのでブラッドに1ミリも共感出来ないし、モヤモヤが止まりませんでした。


ラストもあまり期待してなかったけどまさかのどんでん返しΣ(-∀-;)ちょっとビックリしました。多少の矛盾はあれどなかなか良かったと思います。もちろん家の周りの出来事なのでパッケージのような都会は出てきません。( ´△`)

こうなるとパニック時の情報の精査と判断の難しさをヒシヒシと感じますなぁ。(ー_ー;)
宮藤

宮藤の感想・評価

3.7
パッケージとは違って舞台はほとんど家の中
主夫のロリー・コクレインがきゃわわできゃわたんでぐうかわ。何この俺得!

謎のウイルスに引っ掻き回されながらもがんばる夫婦の物語ですが、コツコツと死亡フラグを立てているので観ていると胸が痛くなってくるわけです
ラストのどんでん返しもとどめを刺された感じだよ!

そりゃツッコミどころもあるけれど、涙目のロリーさんがとっても可愛いので全然おーけーです
明日にでも起きる可能性のある作品。
LionsGate配給なので観ましたが、面白かったです。
救いの無いラストとは予想がつきますが、その予想は外れました。
救いなんてないです。
ばにら

ばにらの感想・評価

2.8
最初のほうは面白くて期待してしまった・・・。よく考えたらこういう映画っていっぱいあるよなぁ・・と。
>|

あなたにおすすめの記事