ワールド・ウォーZの作品情報・感想・評価

ワールド・ウォーZ2013年製作の映画)

World War Z

上映日:2013年08月10日

製作国:

上映時間:116分

3.4

あらすじ

「ワールド・ウォーZ」に投稿された感想・評価

Shiho

Shihoの感想・評価

3.6
前にも観たけど、久しぶりにもう一回観たくなって鑑賞。
ブラピ安定のイケメン。
ゾンビ安定のキモさ。
結局こういうゾンビ映画の結論ってほとんどどれも同じだけど、これもやっぱそうでした。
ゾンビ映画の終わり方ってどうやってサプライズ仕掛けて視聴者をビビらせて終わるかに尽きると思う!
ak

akの感想・評価

3.5
イキが良いゾンビ🧟‍♀️🧟‍♂️
展開とかストーリーより、
なによりお金かかってんなーって
いうのがよくわかる映画。
ヘリ船飛行機移動いるかな?笑

すごい巻き込まれ方した主人公

博士不憫也
PORU

PORUの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

開始からものすごいスピードで感染症が広がっていくの映像があって少し怖い始まりでした!!感染症は狂犬病と言われていたけれど、狂犬病には見えなくて噛まれた人は12秒でゾンビに代わってしまったので他のゾンビ映画より感染が早くてビックリしました。

主人公のブラットピットは妻と娘二人を守らなくてわいけないのですごくハラハラさせられました。妻はまだいいのですが子供たち二人を守るのがすごく難しいなと見ながら思っていました。

仲間が手を噛まれたときブラットピットが高速で判断して手を切るの決断して切るシーンがかっこよすぎて個人的にしびれました。飛行機の中で感染が始まったときはそれはなしだろ~思いましたが(笑)何とか生き延びたのですごすぎだろってなりました!!

主人公のブラットピットはゾンビが怖くてこもるのでわなく、先に進むのを決意するので最高にかっこいいパパだなと思いました!!急に出てきたりして怖がらすなどのシーンもあって誰が見てもビックリする作品でした。

薬物を自分で注射するシーンが人類の未来がかかっているのでハラハラ、ドキドキでここがハラハラドキドキのピークでした!!クライマックスにこのシーンを持ってきて家族とも再開できたので少しほっとして終われたのでよかった思いまいした。

ウイルス学者死ぬのが早すぎ
最初は中二病みたいな発言でいきっていたのに、ゾンビに出会った瞬間にビビッて逃げるときに転んで死んだので、死ぬのが早すぎるしまぬけすぎるので面白くて大笑いしてしまいました!! とんでもないネタ要因でした!!
ほのか

ほのかの感想・評価

3.8
ゾンビ映画って基本見いひんけど結構おもしろかった。ハラハラして緊張感あって良かったけど2回目は別にいいかな。そもそもブラピじゃなかったら見てないから一番すごいのは間違いなくブラピ。でも他の人たちのレビュー見てたら一番はペプシらしい。急にコーラ飲むから外国人はこんな状況でもコーラ欲しなるんかって思ったらペプシありがとうのシーンなのね。
あと、ずっとワールドウォーズってゆってたからブラピがZってゆうたびに恥ずかしい思いをしました。
2019年110本目。
全速力ゾンビ、最高。とにかく物量で来る前半は、色んなシチュでゾンビに襲われるので面白かったし、所々笑ってしまうような拍子抜けの場面もあってよかった。後半は初期バイオハザードを思い出すようなハラハラさで、かなり緊張する場面があった。
元々撮影された映像がレーティング的にも映画会社的にもグロすぎたようで、家族愛を強調させる終わり方に変更され、しかも予算的に撮り直しが難しかったのに、追加で追加の制作費を出してくれたのが飲料メーカーのペプシだったらしく、最後はほぼペプシのCMなのが個人的にツボ。笑

とにかく、ゾンビパニック映画としてもホラー映画としても、ストーリー的には破綻してないのでおすすめ|´-`)
杏里

杏里の感想・評価

3.3
Z はゾンビの Zかいな

エキストラ900人プラス関係者
合わせ1500人が一つの場所に
集まるんだから お弁当が
たりんかったり 一発で撮影が
決まらんかったり大変だったそう

ただのゾンビ映画は低予算で
感染系統もようワカランまま
ヒーロー?対ゾンビ グシャグシャ
て感じで 終わる けど

これは 金かかってる❗️序盤は
どエライ迫力で すごいビジュアル
後半は ゾンビの数が 減りまくり
だけど うまくできてる
続編早くみたいわ
だけど ストーリーしっかりしてるし
続編あるよな て思わせるラスト
まめ助

まめ助の感想・評価

3.0
たまに無性に観たくなる。全力疾走するゾンビって怖くて大好き。
Yamayou

Yamayouの感想・評価

4.3
すごく良い意味でゾンビ映画らしくない。
ゾンビの演技が上手い。
原作読みたい。
最初と最後がざっくり感
ゾンビものてスリルあるけど、どんどん終わり見えなくなる。
ウォーキング・デッドは見てないので分かりませんが
ゾンビ〜とは呼びません、奴らは”Z”です、笑
群れでくるときの凄まじいパワーと猛烈な勢いで迫り来るあの恐怖、
音に敏感で、防壁だろうがなんだろうが軽々と越えてくる身のこなし、
制圧するには頭部破壊か、完全に焼き尽くすか、
奴らの手にかかれば
ヘリも墜落しますからね、笑
殺るか、殺られるか覚悟を決めねばね。。


本編ラストでは
残された人類に良い意味で兆しが見えて終わるカタチとあって
続編も視野に入れた感じがプンプンと。
興行収入も上々だったことから
フィンチャー監督 × ブラピコンビで
続編の製作話も持ち上がり
実現すれば、セブン→ファイトクラブ→ベンジー 数奇な〜に続く4作目になるところでしたが
そう上手く事は運ばないようで。。


鳥インフルか、いや違う
生物兵器によるバイオテロか、それも違う、
謎のウイルスが世界各地に蔓延し
地球規模で拡大、感染者たちは突如として凶暴化し
まだ感染してない者を次々と襲う。

事態は深刻化し、すぐさま緊急事態へと。
かつて優秀な国連捜査官として輝かしい功績を残すジェリー。
その後組織から抜けて家族と平穏に暮らしていたが、
そんな彼のもとへ国連の事務次官より
事態収拾のため手を貸して欲しい、とヘルプコール。

妻と娘たちの安全と引き換えに
協力することを承諾するジェリー。
その後、韓国、イスラエル、…と発生源の調査のために
国から国へ飛びまわる彼が
その過程で目撃したのは
世界のいたるところで爆発的に拡大する感染と混乱、そして襲いかかる”Z”の脅威。
もはや安全な場所など
存在しないのでは…

我々人類に残された時間も
そう長くはないであろう。
なにか対策はないものか、と
生存への道を探すのだが…


マーク・フォースター監督 × ブラピ主演でおくる
ホラー小説を原作としたアクション大作ですね。
マーク・フォースターといえば
ディズニー作品からサスペンスまで
ジャンルも幅広くいろんなタイプの作品に携わってる監督さん。

本作では
程よい緊迫感を一定レベルで持続させながら
引き込まれる世界観と飽きさせない約120分を提供してくれます。

真っ向勝負では
到底人類に勝ち目はなさそうなので
その分頭を使わないとね!!

ほいで途中からプラビと行動を共にする女性ソルジャー セガンを演じているのはダニエラ・ケルテス。
個人的にはジェリーの妻 カリンを演じるミレイユ・イーノスよりも
印象が強かったです。
頭を丸めていても美人さん、笑


余談になりますが今月末からは
ゲームの方も発売されるということで
そちらの方も楽しみにしたいところ。。
>|