エバン・オールマイティの作品情報・感想・評価・動画配信

「エバン・オールマイティ」に投稿された感想・評価

まつげ

まつげの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ブルースオールマイティに続篇あったとは
スティーブカレルはロン毛だとイケメンだと気付いた

神は望みそのものを叶えるのではなく、叶えるチャンスを与える
事実云々はさておきそう思いながら生きることが大切

このシリーズはエンドロールが楽しげで良い
や

やの感想・評価

3.4
ブルースオールマイティの続編だが、神のパワーは無し、只々ノアの箱舟を作らされる。
家族の物語。
ママン

ママンの感想・評価

5.0
記録👀

『ブルース・オールマイティー』の続編。監督も同じだし、なんならちゃっかりカレルはブルースの時から出ている👌

もともとブルースのが気に入ってて、DVDも買って持ってるし、クリスチャンになる前から観て気に入ってた作品💿

エバンはブルースより落ちるなーとノンクリの時にBluRayを買って観て思っていた。
そしてクリスチャンになったいま‼️

この前牧師と話してて、たまたまエバンの話が出たから→久しぶりにDVDを買い直して(BluRayは手放してたから)また観直してみた👀

穴埋めレビューはちょう適当だけど(笑)
クリスチャン映画は『全力で』レビューしてるんで4649😇✨

⚠️注意⚠️ネタバレ注意⚠️注意⚠️

━━━━━━━━━━━━━━━

しょっぱなから鳩がオリーブの葉をくちばしに挟んで飛んでるのが、まさに聖書の

「鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。
https://www.bible.com/bible/1819/gen.8.11.
‭‭創世記‬ ‭8:11‬ ‭

をシーンを醸し出してる🕊

世の中の地位や名誉は実際、神の目からすると『非常に不幸な行い』であって、その人たちがホントに心の底、真理から《人のため》に働いてるなら、むしろ"富や名誉"に執着せず、それらは手放して→善行をやれる事になるんだよね、、、掻い摘んだ話だけど😅

だからエバンがお偉い人になった事により、得たモノの全てが『手放されていく』感じは面白い。

また、そういう『人の上に立つ人』って非常にプライドが高いから、もちろん何かにすがることを嫌ったり、その地位や名誉を失う事を避けるんだよね。

エバンの場合は最初、妻が寝てる間にこっそりと神に祈る姿があるが、それも「今まで神に依り頼らなかったこと、神にサレンダーし切れなかった姿」が垣間見える👀

《神には絶対的に自分を明け渡すこと》

=悔い改めること🙇‍♀️(義認という)サレンダー

これがないと"真に心から神を信仰する事"が出来ない。ブルースの時もそうだったけど、神を舐めてると→神の偉大なる御力の凄さに、己の無力さがいかにセコいかがハッキリ分かるように「自分の範囲内で自動的に分からずを得なくさせられる」から畏れ多いのだ🤣

しかしながらエバンは「世界を変えたい」と言うことは信念であったし、それを素直に祈る事が『神の御心に適う祈り』だったことが、この映画のテーマとなる。

素直になること💖

クリスチャン的には《神を信頼し→祈る事は既に成就したもの》なので、エバンのほんのり沸いた信仰心が「神の御心を捉え、神にもエバンの気持ちが捉えられた」のがとても分かりやすく、面白いと思う😇

「わたしは、既にそれを得たというわけではなく、既に完全な者となっているわけでもありません。何とかして捕らえようと努めているのです。自分がキリスト・イエスに捕らえられているからです。
https://www.bible.com/bible/1819/php.3.12.新共同訳

デジタル時計の文字ジェネラルが消えてて、それはワザとで『創世記=GENESIS』のGENを取ってて、数字は→聖書のチャプターを表しているのが面白い📕✨

時間は6:14で「あなたはゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟には小部屋を幾つも造り、内側にも外側にもタールを塗りなさい。
https://www.bible.com/bible/1819/gen.6.14.新共同訳」が暗に示されてる。

《アルファandオメガ社》から木箱にノアの方舟創作グッズが送られるのも面白い☺

ちなみに番地までチャプター通りになってる。

「わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。
https://www.bible.com/bible/1819/rev.22.13.新共同訳」

ノアには3人の息子がいるが、エバンも同じ設定である🧑👦🧒

ユージーンが非常にグッジョブ( ¯−¯ )b✧

エバンが神に初対面した時に、エバンの何から何まで知ってるのは「まさに神だからこそ」なんだけど、これも例えるなら聖書の

「あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。https://www.bible.com/bible/1819/mat.10.30.

で示されてる。神はゴイスーなんです✝️

614が付きまとうけど、普通にエンジェルナンバーと言われるものは存在してる。神からのDivine Guidanceである🔂

国家に忠誠を宣言するとこで、モーガン神が「私に=GOD」と合わせるのが面白い😆

神は永遠であるのは間違いない🙏🏻✨

ネットでノアの方舟について調べるエバン。ノアの方舟のサイズなどはこれ。
「次のようにしてそれを造りなさい。箱舟の長さを三百アンマ、幅を五十アンマ、高さを三十アンマにし、、、https://www.bible.com/bible/1819/gen.6.15

それからエバンにつがいの動物が集うようになるのもこれだ⬇️

「また、すべて命あるもの、すべて肉なるものから、二つずつ箱舟に連れて入り、あなたと共に生き延びるようにしなさい。それらは、雄と雌でなければならない。 それぞれの鳥、それぞれの家畜、それぞれの地を這うものが、二つずつあなたのところへ来て、生き延びるようにしなさい。」
https://www.bible.com/bible/1819/gen.6.19-20.

映画『天地創造』も聖書通りに作られててとても素晴らしいけど、このコメディシリーズも神の存在や聖書を一般的に「分かりやすく」伝えててとても素晴らしい👏

鳥のサプライズもプレゼンとして受け入れられるのも、神の思し召しだからこそ!であり『全ては神の御心』🐑💨

「世界を変えたい」なら→「愛とリスペクトだよ」と言うのも『自分を愛するように人を愛せ』のなせる技で、キリストの御言葉は実に深くて的確で、誰一人反論できずに避けられない神の言葉なのである✝️

髭のとこは笑えるな〰️🤣🤣🤣
実際聖書では「髭は剃ってはならない」ってのがあるんだけど、単純にエバンがノアっぽくさせられてくるんだよね👨‍🦰

魚が寄って来るの好き𓆛𓆜𓆝𓆞𓆟💕

求めよさらば与えられんはホンマやで〰️⤴️

Century21のセールスマンの名前は、創世記のアダムとエバを文字ってる。

バスローブの下りもバカウケ🤣🤣🤣
(ローブに髪型や髭などの例をみても、実はSTARWARSも『イエス・キリスト』について教えてる作品であることが分かるのだ‼️)

種無しパンへのこだわりも良い👌
乳香とかもスキがない👌👌

秘書のリタがヨガとか太陽礼拝のポーズと言ってるのは悪魔崇拝なので❌

聖フランチェスコはカトリックなので、イエス・キリストの御心ではありませーん🌀

そしてこのように議会=一般に向けて『マトモなこと』を言っても信じてもらえないように、神を信じるクリスチャンが迫害されるのも、昔からそうさせられて来たし、これから来るNWOの流れと共にある黙示録には、私も迫害されます😅

ノアも実際、当時は誰にも信用されなかったのです✝️

ラスボス議員を見て分かるように、ほとんどが「裏取引」などをして私腹を肥やす者が『世の中で地位と名誉とされてます』

BARでの神のエバンの妻への教えはツボでしたね〰️‼️

神は「ぜったいにご計画を成就させる」方です。
黙示録に突入し始めてるので、皆さんジーザスを知ってくださいね〜😇💕

この世のラストには方舟はありません💦
《神を信じる事が救済処置》なのでーす🚢

聖書について分かりやすい動画↓

https://youtu.be/6qETKnJqT2U
前作の焼き増しかと思いや、全然違う内容。そしてやりきる。
神様ニコニコだけどあれ結構な死人出てるよな。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.2
方舟の話。
前作、「ブルースオールマイティ」のライバルだった、エバン・バクスターは、下院議員に選出され、ノース・バージニアの郊外に移り住む事になった。ある日、エバンの前に神が現れ、「洪水が来るから、箱船を造るように」と言われ、そこからのバタバタ劇。……ってあらすじ。
一応続編ですが、前作を観なくても全く関係ないし問題も無い。コメディらしいコメディ。ラストはハッピーエンド。安心して観られる王道。当然の予想通りの展開。法案も絡めてのアクセントが効いてて良い。観れば分かる作品。
まぁ多くは語るまい(笑)
ブルースオールマイティを見たからこそ出会った作品。

なんか色々教えてくれる映画です。

これまでたくさん映画見てきたけれど
これほど家族で、なによりカップルで見て欲しいと思った映画はないなー。
ジムキャリーのブルースオールマイティの続編で、今度はエヴァンが神に出会う話。

前作の「本日、スウェーデンの首相がワシントンを訪問したことを受け、私の可愛い乳首がフランスへ旅立ちました」ほどの爆笑シーンは無いけれど、随所でスティーブカレルの滑稽さが出てて好き。

「“忍耐を”と神に祈れば、神は忍耐をくれるか?それとも忍耐のチャンスをくれるのか。“家族の絆を”と祈れば、神はあたたかい温もりをくれるのか?それとも愛し合うチャンスを?」
めっちゃいい言葉だな〜モーガンフリーマンの神様役は最高
けいこ

けいこの感想・評価

3.4
ジム・キャリー主演のブルース・オールマイティーのスピンオフ作品。
こちらは、ブルースのライバル、エヴァンが主役。

ブルースより全然こちらのほうが好きだった。

神様にノアの箱船を作れと言われ、周囲も家族も呆れるなか、作り続けるエヴァン。
奥さんが実家へ帰る。と、子供たちを連れて実家へ向かう途中、レストランでの食事中に店員に扮した神様が…。
そこでの会話がとても好き。
「家族の絆を願ったら、絆を与えられるか、それともそのチャンスを与えられるか」
チャンスを活かし、努力してこその絆だったり自信だったり勇気だったり…。
そういう風に考えてなかったので、今さらだけど、もっと努力せねばと思った💪

このレビューはネタバレを含みます

仕事に追われてる議員が神様からノアの方舟を造る使命を課せられ、翻弄されているうちに家族の大切さに気付くっていうベタなやつ。

剃っても剃っても髭が生えたり、勝手にローブ着せられたり、動物に好かれたり、ティムアレンのサンタクローズみたい。
周りには異端扱いされるけど、結局本当に洪水が起こって手のひら返しもベタベタ。
確かに仕事で家族の相手できないけど、最初から良いお父さんやってたけどな…。
まあ開拓反対ってメッセージもあったか。
ブルースオールマイティの続編にあたると思われる今作。正直、ブルースオールマイティの方はコメディでヒューマンドラマだったが今作は本当にコメディ寄り。感動するというかほとんど笑いに全振りな気がしてあまり好きにはなれなかった。
>|