天国にいちばん近い島の作品情報・感想・評価

「天国にいちばん近い島」に投稿された感想・評価

夕日のショットはエモかったけど、終始退屈だった

ロケーションは豪華だけど 豪華ってだけだった、
MEK

MEKの感想・評価

3.0
景色が、景色がよすぎる、、

原田知世さん、お声がきれいで「あっ」と言うのがとても可愛らしい…
manacitron

manacitronの感想・評価

2.8
34年前の日本を知ってたらまた受け取り方が違うんだろうけど...
現地の人々の描き方にオリエンタリズムを感じる。やかましいバブル期の日本人たち。危なっかしい主人公と、都合の良すぎる展開。ニューカレドニアの知名度と観光客数の増加に貢献したことは、すばらしい。
ニューカレドニアの海や景色が美しくまさに「天国にいちばん近い島」である。
爽やかな映画だった。
オープニングのいかにもなハリウッド感が面白い。
主題歌も知世ちゃんの歌い方が初々しくていいね。
あいこ

あいこの感想・評価

3.4
画の力を思い知らされる作品。
美しく迫力のある映像。
原田知世さんがとにかくかわいらしい「もう一つおねだりしていいかしら」には完全にやられました。
愛は自分自身の物語。という所は?だった。
osato

osatoの感想・評価

2.5
海キレイ(≧∇≦)
あー深町くんだっ♪
雪の降らし方…今とは違うんだなぁ。等々…
そんな感じで片手間に観てたら、いつの間にか終わってました(^-^;
原田知世のこの歌大好き。
探し求める系の映画はふんわりなんとなく~感じ取り方も人それぞれってのが多いけど、これもまさしく。
日本でニューカレドニアの認知度を急激に広めた作品だよね。
今でもニューカレドニア=「天国に一番近い島」としか思いつかない。
気楽に見れたしリゾートに行きたくなる。
もっとバブルっぽさ求めてたけど
ニューカレドニア観光映画

フィルムは良いねぇ
原田知世のこの頃は画像でしか見たことなかったけど映像だと可愛い

謎の演出がむしろ面白くなってくる
茶碗

茶碗の感想・評価

5.0
平均スコアが低いょ〜

タイトルに偽りなしの映像で、とても良い
東商ホールでの試写会で鑑賞。

 原田知世主演の楽園!

青い空と青い海が、とっても綺麗な映画だった。

ニューカレドニアを舞台にした大林宣彦の映像センスが光る佳作。

この映画を観終わると、タイトルの『天国にいちばん近い』の意味が感覚的に判る映画だと思う。