彼女が水着にきがえたらの作品情報・感想・評価

『彼女が水着にきがえたら』に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

2.7
【捕鯨砲の威力を見よ!】

ロードショウ当時はパス。BS録画にて初めて鑑賞。

ああ、こういう映画だったのか。
宝探しに、スキューバダイビングなどを加えて、バブル期ならではのお金のかかるレジャー志向というか、遊んで生きてます、みたいな映画。

実際、織田裕二は有給使いまくって宝探しをやっているし、原田知世も会社の火災訓練の責任者だったのに当日すっぽかしてしまう。仕事よりレジャーと恋、そういう時代・・・だったのかな?? 私的なことを言えば、私はバブル期もつつましく生きていて、むしろバブルが崩壊してからちょっと生活が贅沢になったように記憶している。要は私ってトレンディ(ってのも当時流行った言葉だが)じゃないんだね。

それはさておき、この映画で目を惹くのは織田裕二でも原田知世でもなく、谷啓なのだ。色々な職を転々としてきた中に、捕鯨船での銛撃ちってのが入っており、しかもこの映画では捕鯨砲が重要な役割を果たしているのだから。

ちなみにこの映画が作られたのは1989年だが、南極海での商業捕鯨は1980年代後半までだから、時代的にはちゃんと合っているのだね。
さらに、喫煙もしゃれたタッチで肯定されているので、最近の禁煙ファシズム(笑)に染まっている人間は腹立ちで卒倒してしまいかねない(笑)。

もう一つ、この映画を見て今さらながらに思ったのは、東京って水路がこんなに多い街だったんだな、ということ。いや、実際そうなんだね。江戸時代、いや昭和戦前の日本も自動車交通があまり発達していなかったから、水路による物質の運搬が一般的だったのであり、昔は水路に近いところに工場や住居が多かったのだ。この映画を見ると、何となくそのことが分かる。

筋書き的にはどうってことない映画だが、見方によってはそういう発見がある作品でもあるのだな。ホイチョイ・プロがそこまで意識して作ったのかどうかはともかくとしても。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
東京アーバンリゾート舞台に、若者たちのライフスタイルとピュアな恋愛を描いたおしゃれでスリルな海の宝探しを謳い文句にしたフジテレビジョンと小学館とポニーキャニオンから発売された今回国内初BD化の作品を購入して初鑑賞した。若き日の織田裕二や竹内力、田中美佐子、原田知世、伊藤かずえなどが出演しており、スキューバダイビングを楽しむ22歳のOLを中心に朝鮮戦争時の韓国人富豪の宝石を積んで墜落したドラゴンReady Go!を目的に大海原を逃げ回る作品である。
サザンもいいけどユーミンが良かったぜぜ


もうちょい青春と憧れが欲しい
ストーリーはさておき、ボディコン、肩パッド、ハイレグなどまさにバブル時代を思い出させてくれた😀

クルーザーの上で酒飲みながら水着で踊ってるシーンなんて、まさに浮かれてた時代の象徴としか言いようがない。

サザンも勢いあったなぁ〜、今でもユニクロのCMで桑田さんのソロ曲が使われてるけど、なんか昔を思い出させてくれて切な〜い気持ちに。。。😉

「ナースのお仕事」の大島さん役でコミカルだった伊藤かずえさんの水着姿も初めて見た。既にこん時にもこんな弾けた役やってたんや。
もも

ももの感想・評価

3.6
雑誌でこの作品がBlu-ray化すると知り、観てみたくなった。あまり期待はしていなかったものの(←失礼な)ツッコミどころ満載!スピード感あり!で思っていたより楽しめた♪バブル時代にワープしたい人にはオススメ!🚤✨🩱サザンの曲が夏気分を盛り上げてくれる♫
Tom2022

Tom2022の感想・評価

3.0
「ずっと見たかったけど見る機会がなかった映画」の1つです。この映画もやっと見ることが出来ました。

スキューバダイビングをしに来た田中真理子(原田知世)と、吉岡文男(織田裕二)とのラブコメで、飛行機と共に海底に沈んだ財宝を見つける話です。ヨット、モーターボート、そしてスキューバダイビングとマリンスポーツ好きのアイテムがたくさん登場します。

この当時、マリンスポーツがブームだったのでしょうね。映画の中では、その魅力をすごく表現しているように思いました。特に大容量のライトをつけて海上を疾走するボートはかっこよかったですね。また、面白いのは、ヨットの名前が、Amazonなんですね。あのAmazon?とちょっとびっくりしました。

劇中にたくさん流れるサザン・オールスターズの音楽がとても懐かしいです。やっぱりビーチや海にはサザンがはまる感じがしますね。

海がとても綺麗だし、恋愛がシンプルで微笑ましいし、ストーリーも分かりやすくて、この時代の映画の良さを感じました。
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

3.0
たまに無性に観直したくなるホイチョイ・プロ作品。当時のトレンドセッターだったから時代検証にもなるしね。原田知世、織田裕二、葉山、ダイビング、そしてサザンの音楽。まだバブルだった80年代の終わりはこれこれw

このレビューはネタバレを含みます

No.3375

『せめて監督を交代するという案はなかったのか・・・』

======================

竹内力さんが若くて爽やかでかっこいいwww

============================

いいと思ったのはそれだけ。

あとは、まぁ、感覚が古すぎてひどいひどい。

・・・アマゾン号とツバメ号の恒例の女の子争奪ゲーム!?!?

・・・ダサwwwwwwwwww

====================

安岡力也からもらった手紙「その娘には媚薬入りのスープを飲ませてある。いいお友達になる前に、さぁ、口説け」

・・・・・キモすぎだろwwwwwwwwwwww

===================

そして極めつけ。

41:57 谷啓「強姦してでもあの女からポイント聞きだせよー!」

耳を疑って、聞き間違いかと思って何度も聞き直したけど、確かに言ってる。

時代だからしょうがないね、を通り越してるクズレベル。

ハリウッドだったら女性スタッフ、演者がボイコットしてるレベル。

このセリフが、製作、スポンサー等あらゆる関係者をパスし、実際に撮影され、公開されているという事実が怖すぎる。

こんなセリフのある映画は淘汰されてしまえ。

====================

前作『私をスキーに連れてって』が予想外に面白かっただけに、甚だ残念。

ま、この時代の参考資料程度に見ときます。反面教師としてね。
サザンオールスターズのPVかな?宝探しストーリーは全く頭に入ってこなかったが、好景気パステルカラーの服装、爽やかな織田裕二と竹内力、出来立てでまだまだピカピカの三浦半島のリゾート。今見ると新鮮に映った。
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.2
当時劇場で。バブル真っ最中のホイチョイ三部作の第二弾。雪山舞台の「私をスキーに連れてって」の次は、夏の海が舞台。ダイビング。音楽はサザン。主演は同じく原田知世、共演は織田裕二ほか。クルーザーやヨットなどバブリーな設定多数。男の子は18に免許とって車買って編集したカセット聴きながら乗り回してた。
>|

あなたにおすすめの記事