アメリカン トランスレーション 二十歳の共犯の作品情報・感想・評価・動画配信

「アメリカン トランスレーション 二十歳の共犯」に投稿された感想・評価

花紫

花紫の感想・評価

1.8
なにこれ。
あえて残虐さが無いように、淡々と薄っぺらくしたのだろうか?もっと面白く出来そうなのに。
裸ばっかりだった。
お父さん役の人が監督なのね。
ken

kenの感想・評価

1.2
死体の処理雑すぎ。そりゃあ捕まるでしょ。って観終わってからツッコんだ。映画だからだけど、実際だったら彼女も頭おかしいよね。特に盛り上がるシーンとかもなかった。(2019-62-3-34)
湖土

湖土の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いい服を着た
いい男いい女
いいお住まい
いい車
あっけらかんと
ヒトゴロシ

このレビューはネタバレを含みます

・「グランブルー」やラースフォントリアー監督作品によく出てるフランスの俳優ジャンマルクバール監督作品
・お金持ちの娘とバイセクシャルの殺人犯の倒錯と空虚の放蕩生活
・男娼を買って、ヤって、殺して、埋めて、帰って、寝て、食って、またふらふらして男を買って…の繰り返しの日々をドキュメントチックに描く
・だらだらと進むのでテンポが良くない
・カップルの裸がとにかくよく出てくるが特にセクシャルな印象も薄かった、役者はからだ張ってた
・男の方がほんとに日常のように殺人を繰り返してて、またそれをさらっと撮ってるのが怖かった
Saki

Sakiの感想・評価

2.1
サスペンス系のヒヤヒヤ感があまり感じられなかった。かといって、どエロい恋愛要素も微妙で。
うーん…

なんでしょ?この勿体ぶった感…
フランス映画の良いところがまるで無いな〜。
どうやら実話らしく、お話自体はまあまあ面白いのですが…

衝動的に出会い惹かれ合うアメリカ人の金持ち娘オロールと殺人者クリス。
裕福で親の抑圧から逃れたいオロールは彼女に全てをさらけ出すクリスに戸惑いながらも、どんどん惹かれ、彼の行動の全てを受け入れ共感してゆく。

多分、実話ということを意識して過剰さを抑えリアルさを出そうとしているのと、2人の精神的な結びつきを強調したかったのでしょうが、それがいけなかったなあ〜。
エロティック…?うーん、裸のシーンはやたら多いのに、行為のシーンはあたかも映倫でカットされたかのように綺麗に無いです。それがやたら不自然!だから、余計にバカップルがただの底の浅いバカップルに見えてしまいます。

むしろアヘアヘな過激セックス描写をバンバン入れてくれた方が、説得力が出て観てる方の感情移入が出来た気がするな。

これじゃまったくの自慰的映画に成り果てちゃってるよね。

主演のリジー・ブロシュレとピエール・ペリエ(すこぶる美男子❤︎)2人は結構良いのに…

彼氏が彼女の前で挑発的に踊りながらストリップするシーンは、あんな男が彼氏ならめっちゃ嬉しいなあ〜❤︎ わたしにとっての見所はあそこだけ…ワクワクしちゃったσ(^_^;)ふふ。

頑張ってもフランス訛りは抜けてない…