フィッシング・ウィズ・ジョンの作品情報・感想・評価

フィッシング・ウィズ・ジョン1991年製作の映画)

FISHING WITH JOHN

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

3.7

「フィッシング・ウィズ・ジョン」に投稿された感想・評価

堊

堊の感想・評価

1.5
編集がクソ。竿が途中で変わってたりする。ギャグも滑ってるし。つかなんでこれが邦訳されてDVDまで出てるんや……
名作。
どっからどう見ても釣りに似合わぬ面子を無理矢理釣りに連れていくという、斬新な企画。
面子がまた凄い。今で言うとこの意識が高い。
ジム・ジャームッシュに当時Xジェネレーションともてはやされてたマット・ディロン、ウィレム・デフォー、トム・ウェイツ、故デニス・ホッパー。
太陽も屋外も船も、めちゃくちゃイヤそうで迷惑そうなジム・ジャームッシュとか、タイで氷抜きのジュースをわざわざ頼む、案外守り入ってんなというデニス・ホッパーなど見所満載。
可愛いおっさんたちが釣りに興じる姿は実に愛らしい。トムウェイツの脱力さも最高。映画としては……?
グッとくるエキセントリック役者でまさかの釣りドキュメント。ここでもトム・ウェイツは期待を上回ります。
roland

rolandの感想・評価

-
じわりと愛おしい映画。男二人、ひたすら待つ。釣れないところに釣りの物語はあり。ウィレムデフォーの回が最高
初めてみるリラックスした表情気を許したゆるいおしゃべりにクスクスにやにやする。なんかださくてシュールな編集もおもしろい

船酔いしかり、魚パンツしかり、トムウェイツ萌えが加速するので気をつけて
『フィッシング・ウィズ・ジョン』、
フェイクジャズというNY風アバンギャルドジャズを演奏していたThe Lounge Lizardsを主宰していたジョン・ルーリーというサックス奏者兼俳優が監督、主演したTVシリーズ。DVD化されたタイミングで購入し観賞。
ジョン・ルーリーは映画で言うと『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『ダウン・バイ・ロウ』で有名。それにコム・デ・ギャルソンのモデルもしてた事があるそうな。そんな彼が梅宮辰夫の様に釣り番組を撮り上げたって作品。お友達の映画人とのんびり釣りをして何気ないくだらない会話に観客も付き合わされるが、そののんびり感がたまらなく良い。お友達の映画人が豪華で、
ジム・ジャームッシュ
マット・ディロン
ウィレム・デフォー
トム・ウェイツ
デニス・ホッパー
と凄い顔ぶれ。一番のオススメはウィレム・デフォーの回かな。かなり笑える。『スパイダーマン』のゴブリンとは異なり穏やかな表情が印象的。
自宅で観てるんだか観てないんだかという集中力で部屋でダラダラ流しておくのが2回目以降の正しい観賞法か。
soemas

soemasの感想・評価

4.0
ルーリーがアイドル過ぎてヤバイ。トムウェイツの船酔いで萌えろ!
がい

がいの感想・評価

3.8
超豪華なキャストで贈る釣り旅番組。
こ、これは映画なのだろうか。
演技してない、釣りして会話。
そして予想外に映像はクリア。
釣具屋さんでリピート放送したほうがいいのではないか。
うちの職場の人間が見ても
「誰?このオッさんたち」
で終わりそう。いやいやあんた、スゴいんだからこのメンツ‼︎と熱く語りたい。
こんな贅沢な釣り番組(映画?)他には無い、だろう、きっと、多分。

1.監督ジョンルーリーとジムジャームッシュ。正に眼福。声までシブいジムジャ。
車内で話すふたり。まるで観客は後部座席に居る感覚で鑑賞可。
そして日本人への日本語メッセージ(?)まである!笑える、何コレ。誰に教わったんだそんな日本語。アホなふたりが見れる。

2.ヨレヨレのTシャツ着たトムウェイツ。
カヌーを漕ぎながら歌ってるし、船酔い姿も見れる。
晴れ渡る青い空と美しい海とトムウェイツ。貴重な構図な気がする。

3.マットディロンとジョンが道の真ん中で踊ってる脇の通行人になりたい。

4.勝手なイメージでウィレムデフォーはゲイ臭いと思ってたが、そんな感じの発言してて密かにびっくり。
唯一、物語になってる、ような。

5.デニスホッパーと「イージーライダー」の話もしてるよ。

コレ、DVD3枚組で3枚目には監督インタビューやらライブ映像まである。
初めてジムジャと出会った時間も語っている←その情報要る?

出演者ファン、釣り好き、釣具屋店長さんオススメ。
案外、ネイチャームービーでもある。
色々疲れたら、ジョン・ルーリーと一緒にのんびりまったり釣りに行こう。

1. ジャームッシュ @サメと格闘
2. トムウェイツ@カヌーでジャマイカ
3. マットディロン@コロラド川で踊る
4. ウィレムデフォー@氷点下スパイダーレイク穴釣り
5. デニスホッパー@バンコク巨大イカ
6. デニスホッパー@巨大イカ続

ジャームッシュ、3回くらい「Why am I here...?」てボヤく。笑
一番好きな回はスパイダーレイク。
会話も世界も「ゆっくり味わう」もの、って思い出す。ふしぎ発見党、ロードムービー好きには堪らない企画。ナレーションイケボ、音楽もまた素敵。
長々と貸してくれてる友人に感謝。
>|