ダウン・バイ・ローの作品情報・感想・評価

「ダウン・バイ・ロー」に投稿された感想・評価

gma

gmaの感想・評価

-
いかにもIQの低そうな刑務所の壁の落書きと「アイスクリーム🗣」お気に入り
オープニングもかっこいいしラストのザックとジャックの別れ方と撮り方かっこいい。
ロベルト、絶対好きにならないぞ、と意気込んで観てたけど無理でした。
おはる

おはるの感想・評価

3.4
ジム・ジャームッシュ作品を観るのは本作が2本目。『ストレンジャー・ザン・パラダイス』ほど響かなかったけれども、味のある映画ではあったなと。とにかくオープニングがめちゃくちゃカッコいい!
massie

massieの感想・評価

-
ジム・ジャームッシュはぼくを恋人の隣で眠らせる天才なのかもしれない。
pooralien

pooralienの感想・評価

4.1
ジム・ジャームッシュとトム・ウェイツの相性が好き 本当に良い というか寧ろこの映画は、ジム・ジャームッシュにとってのトム・ウェイツそのものなんじゃないかという感じがする
ロベルトのメモ"悲しくて美しい世界"
ラストの心地よさ…映画っていいなあ
shun

shunの感想・評価

4.2
映画の偶然と、いつの間にか生まれる友情いいなあと思った。
ラストシーンには何かの終わりと希望があり感動した。
fugl

fuglの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

3人の中で一番ひょうきん者(ロベルト・ベニーニ)が人殺しをしていたという話を聞いた時の2人の驚き顔に思わずクスリ。
ロベルト・ベニーニの演技が好き。
ジム・ジャームッシュ作品の中でもストーリー性はパーマネントより固まっていて観やすかった。脚本レベルの成長が観られるところは面白い。共通の無実の罪を着せられたジャックとザックを対照的にして間にロベルトを入れた事で絶妙で崩れる事のない関係性が安定していた。
ザックの元に一度現れていてその事をお互い思い出していないのか、知っていて興味無しという意味で触れていないのかがすごく気になったところではある。
ジャームッシュ映画が中々雰囲気があって
男の渋さを醸し出しているところは結構好きかも。
meet

meetの感想・評価

4.0
ジャームッシュ殆ど観てますが、観てる割にはあれなのです。この映画に関しては、あれでした。
気ままな脱獄物語

ストレンジャーザンパラダイスと違って登場人物たちが何者なのかしっかり描かれており一本の物語を語ろうとしています
が、収監後は急にいい加減になってきて、行き当たりばったりに脱獄して、行き当たりばったりに逃げおおせます
MiYA

MiYAの感想・評価

2.8
BSプレミアムにて。一応「脱獄映画」なんでしょうけど、アンチドラマとでも言うのか、とても淡々と描かれている。これがジム・ジャームッシュの作風なのでしょう。

その中で、若き日のロベルト・ベリーニが能天気なイタリア人を陽気に演じていて、淡々とした映画のよいアクセントになっています。
>|