ダウン・バイ・ローの作品情報・感想・評価

ダウン・バイ・ロー1986年製作の映画)

DOWN BY LAW

上映日:1986年11月22日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

カリスマ・ロックシンガーのトム・ウェイツが映画初主演、ロベルト・ベニーニ共演によるジャームッシュ・ワールドの集大成的3作目。ヴェンダース作品で知られる名撮影監督ロビー・ミュラーを迎え、ファンの間でもとくに人気の高い作品。舞台はニューオリンズ。チンピラのザックとラジオDJのジャックが、それぞれ間抜けな罠にかかり刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議なイタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄した…

カリスマ・ロックシンガーのトム・ウェイツが映画初主演、ロベルト・ベニーニ共演によるジャームッシュ・ワールドの集大成的3作目。ヴェンダース作品で知られる名撮影監督ロビー・ミュラーを迎え、ファンの間でもとくに人気の高い作品。舞台はニューオリンズ。チンピラのザックとラジオDJのジャックが、それぞれ間抜けな罠にかかり刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議なイタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄した3人の逃走の行方はどこともつかぬどこかへ…。

「ダウン・バイ・ロー」に投稿された感想・評価

ひょんなことから留置所で同房となったポン引き、失業DJ、イタリア人旅行者が、奇妙な友情で結ばれていく男の子映画。アイスクリーム、ユースクリームで何かしら言いたくなるが、自粛。前半はゴミだらけの都会の裏町をグダグダさ迷うとなぜかかっこいいよねという典型的なジャームッシュ的展開だが、後半は自然がいっぱい、キャンプファイアーで大人スタンド・バイ・ミーである。面白くないのに終わってほしくない独特の余韻がいい。
2018.7.16 NHK BSプレミアム(録画)(字幕)
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
『ダウン・バイ・ロー』 ジム・ジャームッシュ監督
Down by Law

刑務所&コメディ&ロードムービー
Stranger Than Paradiseより好み
モノクロの流れる映像にトム・ウェイツの歌声で
始まるオープニングはいい
https://youtu.be/IgMP9O-cIV8

トム・ウェイツ&ジョン・ルーリー&ロベルト・ベニーニ
ベニーニがおかしいようで
ウェイツ&ルーリーの方が、妙なおかしさを感じる

退屈っちゃあ、退屈。
なんか、いいんじゃないと思えば、いい

ラストのTango till they're sore by Tom Waits
https://youtu.be/c2Tn8w1w2_Y
ウメダ

ウメダの感想・評価

4.4
トムウェイツとジョンルーリーとロベルトベニーニが組んだら面白くないわけがない!
3人の少し距離を置いた会話に親しみさがあってとても良い。

ジャックとザックは、牢獄で出会わなければ凄く仲が良かったのではないかと思う。

トムウェイツがアイスクリームと叫ぶシーン。やはり独特のダミ声が堪らないな。

ライフ・イズ・ビューティフルでロベルトベニーニとニコレッタは、夫婦役で実際、私生活も夫婦なのだが、
この映画で出会ったことを知った。本当に恋をしたんだな )^o^(
KeN

KeNの感想・評価

4.0
BSプレミアムシネマの録画にて。久しぶりの再見。

役者としての またミュージシャンとしての“酔いどれ詩人”トム・ウェイツの魅力がいっぱい詰まったジム・ジャームッシュ監督の初期の快作。
ジャームッシュ作品ならではの見事なカメラワークやアングル、ウェイツとジョン・ルーリー の独特な間の効いた自然体な演技、そしてモノトーンの映像によくマッチしたウェイツの曲。『ライフ・イズ・ビューティフル』でオスカーを獲得したロベルト・ベニーニのイタリア語訛りのカタコト英語を駆使したコミカルな演技も味があってイイ。
縁さん

縁さんの感想・評価

3.8
最初は???ってなるけど
1人1人の役者の動きや微妙な演技に
イライラするような、癖になるような、
みんなクセがあるようでない。

そんな映画、見終わったあとは
何だか寂しくなってしまった(笑)
ボブがひたすら可愛い。

でもすごくほっこりさせてくれて
期待させてくれる終わり方やった😊
pide

pideの感想・評価

3.5
肩の力を抜いて観たい映画。

いや、観てるうちに肩の力が抜ける映画。

刑務所から脱走するストーリーなのだがその辺の脱獄映画とは全然違う。

同じ房に入った三人の男達が徐々に友情を深めていく。
この刑務所の中での三人の行動や会話が面白い。
そして町に出てからのありえへん展開。
最後はロードムービーっぽい。

ロベルト ベニーニが出てたのね。
良いアクセントになっている。
とにかくトム·ウェイツが可愛い😀
ジャームッシュ監督の独特の不穏さとほっこり感のバランスは一体どうやって出てるんだろう🤔
ジム・ジャームッシュ監督の傑作!
トム・ウェイツは楽曲担当&主演であり、この人は懐かしきミュージシャン。

物語は、ルイジアナ州ニューオリンズが舞台。
ジャック(ジョン・ルーリー)は、チンピラでポンびきしている。情婦ボビー(ビリー・ニール)に愛想を尽かされているところ、縄ばり争いしているギグ(ロケッツ・レッドグレア)に「いい女を紹介するぜ!」と言われて尋ねたホテルでその女に話しかけていたら警官につかまってしまう。いい女は少女だったのだ。ジャックは、ハメられて投獄されてしまう。
また、ザック(トム・ウェイツ)は、リー・ベビー・シムズの名でDJとして売れていた過去もあるが、ジャガーを1時間運転するだけで1000ドルの報酬という話にのったら、警察につかまってしまう。トランクに死体が入っていたのだ。彼も、ハメられて逮捕される。

こんな2人が、刑務所での同じ獄房に入れられた。
むっつりとしたザックと態度の大きいジャックは、コミュニケーションあまり取らずにいた。
その獄房にロベルト(ロベルト・べニーニ)というイタリア人がぶち込まれる。彼はカタコトの英語で2人に話しかけ、3人はスクリーム(叫ぶ)とアイスクリームをかけ合わせたジョークを発しながら騒いで盛り上がる(笑)
ロベルトは、ビリヤードの玉を投げ返したら人が死んでしまったという殺人の罪で投獄された。

ロベルトが刑務所の「抜け穴」を見つけて、3人は脱獄する。
そして、3人が森を彷徨ったり、ウサギを食べたりして、とうとう「道」に出る。
そこに一軒の家があった。「警察が居たら捕まってしまう」とザックとジャックはロベルトを偵察に行かせるが戻ってこない。心配になって見に行くと、ロベルトはそこに住んでいる女性と二人で楽しそうに食卓を囲んでいたのだ。
そんなロベルトを「あいつは宇宙人だ」なるセリフは爆笑。
そして、3人は………といった物語が続く。

3人の登場人物の個性が上手く描かれていて、様々なシチュエーションで観る者の心を動かされる素晴らしい作品であった。

トム・ウェイツの歌も良い。
RyoS

RyoSの感想・評価

3.2
アングルとか決まってるしユーモアもあって長回しでも楽しめるんだけど、さすがにエンタメとしてはテンポスロー過ぎてついていけないし、だからといって台湾映画のような心に響くものもあまりなく、自分にはあまり合わない気がした(はまる人には最高なんだろうなぁという映画)
何これ、ニヤニヤしっぱなし。
ムショで同部屋となったパっとしない男3人組のゆる〜い脱走劇

3人が出会ってからはずっとニヤニヤでした😏
特にボブ(ロベルト・ベニーニ)の母親と🐰の小話😆🐰🐰🐰

ちっさい見どころが沢山あるのも良い。ラスト、服交換したら確かにしっくりしちゃうから💨
これは録画消さずにもうちょっと寝かせておこう。

カンヌ映画祭で見たロベルト・ベニーニさん、普段も超ハッピー(宇宙人)な人なので好きになりました✨

2018 7 BS
>|