ダウン・バイ・ローの作品情報・感想・評価

ダウン・バイ・ロー1986年製作の映画)

DOWN BY LAW

上映日:1986年11月22日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

カリスマ・ロックシンガーのトム・ウェイツが映画初主演、ロベルト・ベニーニ共演によるジャームッシュ・ワールドの集大成的3作目。ヴェンダース作品で知られる名撮影監督ロビー・ミュラーを迎え、ファンの間でもとくに人気の高い作品。舞台はニューオリンズ。チンピラのザックとラジオDJのジャックが、それぞれ間抜けな罠にかかり刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議なイタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄した…

カリスマ・ロックシンガーのトム・ウェイツが映画初主演、ロベルト・ベニーニ共演によるジャームッシュ・ワールドの集大成的3作目。ヴェンダース作品で知られる名撮影監督ロビー・ミュラーを迎え、ファンの間でもとくに人気の高い作品。舞台はニューオリンズ。チンピラのザックとラジオDJのジャックが、それぞれ間抜けな罠にかかり刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議なイタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄した3人の逃走の行方はどこともつかぬどこかへ…。

「ダウン・バイ・ロー」に投稿された感想・評価

TaiSef

TaiSefの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

かっこいい映画
ザックとジャックの表向き強く見せようとする2人とロベルト(ボブ)の弱そうに見えて強く自由に生きているキャラクターが良くマッチしていた

脱獄映画で重要とされる脱獄シーンや、警察とのチェイスのようなものはほとんど無く、これは脱獄映画じゃなくて男の友情物語のようないい臭さと2人の心境の変化を楽しむ映画なんだなって思った

スクリームアイスクリームとラストの分かれ道はいいシーン。
あと3人で笑い合うシーンは最高

ボブのキャラクターあってこそのストーリーだったね

監獄って普通なら絶対に相容れない人間同士が犯罪っていうレアな共通点で出会うことができる場だから素晴らしい場所だよね
elie

elieの感想・評価

3.8
何も起こらない
無駄に長いくだらないシーン
でもそれが良い
3人の絶妙なバランス感と
ラストのシーンがすごく好き
あえてのモノクロ作品
オープニングから洒落てる
さすがのジャームッシュ監督
脚本 5
演出 5
画作り 5
音 5
独創性 4
関心の持続 5
演技 5
陶酔感 3
言葉 5
バランス 4
kakkoka

kakkokaの感想・評価

4.0
あの役はロベルトベニーニ以外に誰ができるのか。
トムウェイツがゴリラみたいな表情しながらボヤいてるの最高なので観て欲しい。
AyaKondo

AyaKondoの感想・評価

4.0
オープニングのJockey Full of Bourbonがすごい好き
goodbye

goodbyeの感想・評価

4.0
光と影がくっきり、白黒が美しい。
続く道路と似た境遇の二人、ぐるぐる回っているかのような湖、どこかで見たような景色。Y字路に別れた二人は反対の道を進んだのか、鏡合わせの道に過ぎないのか…
kentieeen

kentieeenの感想・評価

4.0
落ち目のDJザック役をトム・ウェイツ。
夢見がちなポン引きのジャックをジョン・ルーニー。
この二人、黙ってても絵になります。

そこに、陽気なイタリア人のロベルト役をロベルト・ベニーニ。
この人黙ってずには、いられません。笑

同じ夜に別々に罠にハメられて捕まったジャックとザックの二人は、同じ独房に入れられるのだが、まったくソリが合わず、罵り合いや、殴り合いまでする始末…

そこに、陽気なロベルトが加わり、片言の英語とメモ帳片手に喋る彼のおかげ(??)で、3人の中には、友情のようなものが芽生えてくる。

ある日ロベルトの提案で脱獄することに決めた三人。

脱走は成功するのか?!
結末はいかに?!!


獄中で、ザックとジャックの名前を間違え続けたり、アイスクリームの唄を叫ぶシーンが、ツボでした。

登場人物も少なく、セリフも少なかったので、映画というより、長いMVみたい。

それでも、面白さとかっこよさは、揺るぎません!
ビックリするぐらい平凡な会話。
誰でも共感できる平凡さを
見事に描いていて素晴らしいです。
そして中盤のボブの登場。
このキャラクターがもう最高。
なんかおかしくて、掴み所がない。
でも、めっちゃ善い人(笑)。
このボブの登場から物語は一気に劇的に。
このドラマ性がさっきの平凡さを
掻き消していないのがまた凄い。
あくまでも自然に魅せるドラマ。
そしてラストに向かって収束していく
綺麗な構成が見事です。
ラストも最高。
ジム・ジャームッシュ映画に必ず出てくる韻や音楽に彩られた穏やかな日常を営む人間が出てくるのは終盤。
それまでは犯罪や金やドラッグに汚れた裏社会の人間のどん底の生き様をひたすら描く。
そんな彼らが豊かな日常を掴むまでの物語だと思う。
デッドマンは日常を離れて死の世界に否応なく巻き込む道として「河」が出てきたけど、
本作における「河」はどん底な犯罪生活と豊かな日常の狭間。
彼らがそのぬかるみを必死で越えた先に幸福が待っている。
にしてもあのダンスシーンはサイコーでしょ。
トムウェイの曲をバックに流れる風景で始まるオープニング。ポン引きジャックとDJザック。ハメられた2人の監獄に入れられたイタリア人ボブ。3人の距離が次第に縮まり彼らは、脱獄を企てる。3人の空気感。沈黙、間、仕草、表情をゆっくりと楽しむ。
>|