ストレンジャー・ザン・パラダイスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」に投稿された感想・評価

arch

archの感想・評価

4.3
いやー好きだ。何もなさないその虚無感。しかしながらその余韻は観る者にはすごい甘美。

ジム・ジャームッシュ監督の2作品目。前作と違うのは登場人物の量。前回は常に一体一の会話劇であったが、今回は3人だ。そしてこれはしっかりコメディーになっている。
また形としては3幕で構成されているのも前回はなかった。

ストレンジャー、その意味は他人、余所者、今回は「初めての場所に来た者」という意味合いでの使用かなと思う。
彼らは色々あって、フロリダに向かう。そこは題の示す「パラダイス」だ。でもこれはコメディーだから簡単には進まない。
フロリダに着いたはいいが、ほとんどが部屋の中でのシーンだ。海辺を歩いたりもするが、ドッグランでスった彼らはもうバカンス所ではない。

思えば、この作品は最初から部屋でのシーンばかりだ。エヴァがニューヨークの部屋に泊まりに来る1部だが、ウィリーにとってのその部屋は"パラダイス"であった。また、2部でクリーヴランドにウィリーとエディーが行くが、彼らはバカンス気分でエヴァの元に向かう。しかし、やることは部屋でカードやったり、映画を見たりだ。エディーの発言「新しい所に来たのに何もかも同じに見える」これが全てを物語っている。
一貫してこの作品は余所者が初めての場所"パラダイス"に行くが結局日常とさして変わらないものでしかなかった、というただそれだけの話ですが、実に面白かった。

コーヒー、カード、会話の余韻、無意義で堪らない会話と映画世界の空間が実にデッドパン映画に相応しかった。そこにジムジャームッシュの真髄があるのかなと思った次第だ。
金之助

金之助の感想・評価

3.9
繰り返されることに何かしらの解釈をあてがうことはできるのかも知れないけど,ラカンの『盗まれた手紙』についてのセミネールとは違うし,なんだかんだでジムジャームッシュの映画の感想は「なんとなく普通にオシャレ」でおわりな気がしないでもない
音楽めっちゃいい〜この空気感いい〜
白黒アメリカンロードムービー。

ハンガリー人の主人公ウィリーと姪っ子のエヴァとウィリーの友達のエディの物語。
変な恋愛もつれとかなく、いい感じ。


2018.07.07 BS1 放映分
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.8
ジム・ジャームッシュの代表作の1つ。

“新世界”“1年後”“パラダイス”の3部構成。
仲の良いカウリスマキ感が強い。つまり小津っぽい。内容も故郷と都会、内から外へ出ることと故郷への哀愁なども小津っぽい。

内容はほんとにどうってことなくて、恋になる前の状態の2人のすれ違いがオチにあるが、どのように物語が展開するのかとかにはあんまり興味はなさそうだし、予想できないようになってる。
けど不思議とずっとみてれるし、構図とか雰囲気がやっぱ良いんやろなあ。
Chi

Chiの感想・評価

4.0
特に劇的なことは何も起きない。
良くも悪くも人生ってそんなもんなのかも。

それでも、パターソンやコーヒー&シガレッツもそうだったように、観終わったあと何となく満たされるような心地よさがある。

なんてことない1日が、何となく切り取られて繋げられてるような、そんなアンニュイな映し方がとても好み。

ワンシーンワンショットのモノクロ映像、最低限のBGM、大して面白くもない淡々とした会話、何の変哲もない絵面、絶妙な黒の間の取り方。
わたしは好きだ。
ジム・ジャームッシュ監督初鑑賞。
特にドラマチックな事件は起きず、主人公達の日常が淡々と、しかし独特な世界観の中で展開していく。

あんまり刺さらなかったなあ…
主人公達のキャラ設定や微妙な関係性等は結構イカれてるし面白いので、やっぱり「何か」を期待してしまう。
いや、そこじゃない映画なのは分かってるんだけども…

フロリダの地元ギャングとのいざこざや、ポーカーでカモった奴らからの復讐や、エヴァを巡っての三角関係からの殺し合いとか…

そこじゃない!そこじゃないのは分かってるのよ。黙って三池崇史を観とけよって話ですよね!そこじゃなくても良いんだけど、この映画のそこじゃない感は、僕の肌にはちょっと合わんかった…

それでもクスッと笑えるシーンがあったり、おばあちゃんがかわいい所が好きでした。

そして、「新しい所に来たのに、何もかも同じに見える」「見たような部屋ね」
この台詞にはグッときた。
単に行動するだけでは、そんなに簡単に世界は変わらない。或いは特に動かなくとも、考え方、感じ方一つで…

この映画自体をも、表しているかとも思える、良い台詞だなあ…

三池展開では活きてこない台詞だと思うので、やっぱりそこじゃない映画なんですよね… そこじゃないんだよ!
おはぎ

おはぎの感想・評価

4.0
90本目
とにかくエヴァ。すごく映えてる。声,話し方も好きだし煙草吸ってる姿には惚れ惚れした。
淡々としているけど何故か飽きない。何時間でも観れそう。これがオフビートなのね。部屋でずっと垂れ流しておきたいような作品。
友一

友一の感想・評価

3.3
これはいい無職映画。

延々と繰り返される日常がどこか心地良い。そんな映画でした。

全編モノクロというのもあってか物凄くモダンでクールな印象を受けたんですけど84年公開と知って驚きました。84年感が全然ない!
SMTT

SMTTの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

前に観たのにストーリーを完全に忘れていたのでメモ
1.ロッテおばさんから電話
2.ブタペストからいとこのエヴァが来る

その他気づいた点をメモ
1.主役はハンガリー語を嫌がっている
2.The New Worldは、エヴァにとってのまちのことなのか、主役にとってエヴァが来たことなのか
>|