2002 ワンワンカップの作品情報・感想・評価

「2002 ワンワンカップ」に投稿された感想・評価

いぬが好き。幸せだった。

しかし、ラストは(笑)犬が人間と混ざってスポーツするのはいい。でもバディ、男の子じゃ😅
maripanda

maripandaの感想・評価

3.5
エアーバディの3作目。ジョシュとバディがそれぞれ恋をするお話。結婚相手の獣医師となんとお母さんまでしらっと前回と違う俳優さんだったが、まー問題ないか。
バディの前足は足なのか、ハンドではないのかという思いもあるがそこは、スルーしよう。最後の女子サッカー代表戦にバディ出場。バディは男の子ではないのかーい。
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★☆☆ 3.5
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★☆☆ 3.0

「連盟は新しい規則を定めることにした 犬は選手として認められない」

スーパーワンちゃんの3種目目はサッカー
イギリスから引っ越してきた女の子と飼い犬にジョシュとバディがそれぞれ恋し、ジョシュはサッカーを始め、バディは家族を持っちゃう物語
女の子がサッカー上手すぎで、正直今回は競技でのバディは影薄め
ただ、産まれた5匹の子供が可愛くてホンワカ感は過去最高
ジョシュも回を重ねてカッコ良くなり、ついに吹替音声も高山みなみの少年声から卒業となった
練習試合に負けた相手監督の腹いせにより、犬の出場を認めないという 本来なら常識的な規則を作られチームはピンチに陥るが、負けたのは相手が犬だからではなく自分達が油断していたからだという 見た目も考えもイケメンな監督の息子の言葉で晴れてバディは試合に出場し、チームは優勝
最後も、女子サッカーワールドカップに雄犬であるバディが出場(しかもキーパー)という、もう考える事をやめて温かく見守るしかない展開に、今更ながら この世界はどうかしていると思った
初めてEDに映像がつき、ホンワカ気分で終われるのが良い

「犬のバディがアメリカを優勝へと導きましたー」
苺

苺の感想・評価

3.8
バディ♡♡♡
次はサッカーをしてしまうとは!笑
子犬もいっぱいでもはや犬天国ですか♡
ケヴィンゼガーズ、イケメンだわ〜。
バディシリーズ、可愛くてほっこりしてたまらない。
子犬をさらおうとする流れが101みたいだったけど今回も楽しかった^ ^
django

djangoの感想・評価

4.0
犬がサッカーする映画。
サッカーチームの人数が足りないからって犬がサッカーしてる。
犬も飼い主も女目当てでサッカーに参加した。
ほのぼのした平和な映画。

ピンチタイムは、男の子が彼女とのデートでネオのコスプレみたいな格好をして血に飢えた忍者という映画を観たことから始まった。
そして、ライバルチームから、犬をチームに入れるのは反則だから試合参加資格を剥奪する!という
当然の対応を受ける。
が!!!
犬がいるからって試合参加資格を剥奪なんてスポーツマンシップに欠ける!というライバルチームの監督の息子の謎の正義感によって試合に復帰できるのであった。

いろいろおかしな理論がまかり通る映画。懐かしのファミリー映画感。
犬が可愛ければ何でもいいだろうという潔さがある。
ある意味狂気。
偉大なるアメリカの妄想。
ワールドカップなのでw

何もかもが平和すぎて最高!
犬が街を走れば「バディ」と声をかける人々、
おじいちゃんのサッカー審判、
「よーし!」って犬を高校生サッカーチームに入れちゃう監督、
笛鳴らした途端に街中から犬が集まってくるとか、
ど定番な恋愛展開、
誰も嫌な思いしなくて好きだわぁ。

今までのシリーズを見てないからバディのスゴさを知らないので振り返ってみようと思います(笑)

エンドロールもアメリカ!って感じで好きでした。
おたま

おたまの感想・評価

3.5
主人公くんもバディくんもそれぞれ恋をして、可愛い子犬たちが産まれて幸せ幸せ。

犬をさらう2人組はホームアローンの悪役の2人に似てた。イメージしたのかな?