恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームの作品情報・感想・評価

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム2007年製作の映画)

Om Shanti Om

上映日:2013年03月16日

製作国:

上映時間:169分

3.9

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」に投稿された感想・評価

ずいぶん大味な輪廻転生だなー

嫁が(俺の)子を身ごもったから殺害!
↑コレもなかなか理解不能...

ストーリーが全体的にまんべん無く
ちゃちいんだよなあ
それを吹っ飛ばす破壊力も特になく...

あと絶対に2時間でいけた!!
   
2020.10.26
ロミオ

ロミオの感想・評価

4.5
シャールク推してる訳では無い(ルックスとガタイ的にサルマンの方が好き)がインド映画では今作が1番好きかもしれん。
asy

asyの感想・評価

5.0
こんなにも映画愛に溢れた映画があっただろうか?最後の最後まで、観客を楽しませようという演出と、映画を作り上げているクルーへもスポットライトを当てるなんて粋!

この映画を観た時、驚いたのはこんなにも骨太なエンターテインメント作品を女性が撮っているということです。女性監督の作品というと繊細な映画が多いというイメージがあったので、それがぶっ壊されました。

私はこの映画を初めて観た時、インドの多くの俳優を知らなかったけれども楽しんで最後まで観ました。インドのことを何も知らなくても誰でも楽しめるエンターテインメント作。それだけでも十分なのに、どんどんボリウッドのことを知っていくと、ゲストの俳優が分かったり、オマージュしているシーンが分かったり、何度観ても発見があり楽しめるスルメイカのような傑作映画!
AmoiJapan

AmoiJapanの感想・評価

4.4
インド映画が好きになったきっかけ。
とにかく長いし「今からそっちに転けるの??!」みたいな予想外の展開多いし、定期的に踊りが入って愉快だし楽しい。歌と踊りはこの時ハマって友達とめちゃコピーしてたな、、、。この曲聴くと今でも強制的に元気注入される気がする。大学の思い出。
かき

かきの感想・評価

3.5
友達がねとてもとてもいい人。
輪廻転生やダンス
これぞエンタメインド映画が凝縮した1本
kaorin

kaorinの感想・評価

3.6
エンドロールで製作に携わった人たちが
躍りながら出てくるの~すごい良かった🎵
楽しく映画を作ったんだなぁ~って
け

けの感想・評価

3.6
コメディでありラブストーリーでありサスペンス。インドらしい歌と躍りに溢れた映画!色々思ったけど後半のディスコシーンが長すぎて忘れた。突然サルマンカーン出て来てびっくり笑
でも一番の見所はヒロインのディーピカーちゃんがかわいい!!ってことです。美しい姿、悲しく怒りに満ちた姿、ちょっとお馬鹿でキュートな姿、一つの映画で色んな表情がみられて満足。
《あらすじ》
人気女優・シャンティに恋をした脇役俳優・オーム。だが、シャンティは夫でありプロデューサーでもあるムケーシュの罠に嵌り、火事に巻き込まれる。助けようとしたオームもまた命を落とすのであった。
そして30年後。オームは若手人気俳優オーム・カプールに転生していた。やがて転生前の記憶を取り戻したオームはいまや大物プロデューサーとなったムケーシュに罪を自白させようとある計画を思いつく・・・・・・。


1970年代と2000年代のボリウッドを舞台に、時を越えて生まれ変わった男女の恋と友情を描くインド映画。
主人公とヒロインが殺されるシーンはちょっと悲しいけど、基本的にギャグだらけで軽い。転生前の記憶を取り戻したオームは実の母親、親友、そしてシャンティそっくりのサンディと協力して、ムケーシュに自白させようとシャンディの幽霊が出現するお芝居を打とうとてんやわんや。市川森一や三谷幸喜の脚本にも通じる展開だ。ドタバタしながらも「心から強く求めれば世界中が味方してくれ、手に入る」ことを面白おかしく描いてくれる。169分の上映時間も、何度も入る歌とダンスも、まるで苦にならない。荒唐無稽な輪廻物でも、ポリウッドにかかれば、金と時間をかけた人海戦術によって、世界一のファンタスティックコメディになるのだ。今作は笑ってスカッとさせてくれて、元気をもらえる傑作でしょう。
MariHosaka

MariHosakaの感想・評価

3.8
ディーピカーパードゥコーンがスーパー美しい!
と思ったら、偽シャンティの時はそれほど美しく見えないし、おばけシャンティの時はゾッとするほど怖くて、美しいだけじゃなくて素晴らしい女優さんなんだってことに感動した3時間後
なっがい
歌って踊る、きらびやかな映画!
そしてコメディ&オカルト?!

30年前のシーンより30年後の今の方が俄然楽しい。
だけど、今が楽しいのは30年前があるからなんです。
シャンティの呪い…!
だけど長いんだよ。3時間も集中できない…
テレワーク中にちまちま観てました。

オームもシャンティも現実世界で大人気らしい。
ちなみにボリウッド人気俳優は、お誕生日に1日2回ほど、豪邸から自宅前に押し寄せているファンに対して手を振るんだとか。
生まれ変わったオームがいかに人気なのかは、そんなシーンからも見てとれるようです。

名脇役一家というキャラ設定も、後半でなかなかいい味出してる。

そろそろU-NEXTポイント消化に入らないとやばいやつ。
>|