ラ・ワンの作品情報・感想・評価

「ラ・ワン」に投稿された感想・評価

はんな

はんなの感想・評価

2.9
他のインド映画、ロボット的な感じ。長い😰
ていうかロボットのチッティ出てくる😂
Honoka

Honokaの感想・評価

3.7
そろそろ大衆向けインド映画のこの感じに慣れてきましたが、それでもこれは面白かった!!
何も考えられずに見られる娯楽映画です!と言い切るととても薄っぺらいけど、なんていうんだろうなあ、やっぱりとてもエモーショナルな描写が多くて胸が熱くなる。エモーショナルな気持ちを感じさせる描写っていうのかな。
そしてオームシャンティオームのシャールクカーンにアルジュンラームパール!HeroとVillain のポジションも同じで爆アガる。
ラジニカーントも登場したので、是非今度は『ロボット』を見たいと思います。

こんな大衆向け娯楽作品でもギーターやガンディーに言及していたり、輪廻の概念を感じたり、本当にインドの映画から香る人間の死生観が好きです。
きよみ

きよみの感想・評価

3.5

ツッコまずにはいられない。
「それ言っちゃっていいの?」っていうことが沢山ありすぎる。
みんなでワイワイしながら観るのがオススメ。笑える。


随所に、インド哲学的な考えが出てくるし、伝えたいことも分かりやすい。


シャールクカーンは短髪が似合う。
インド映画は、恋の場面で必ず風が吹く。
あかり

あかりの感想・評価

4.1
2020/02/02

浅いストーリー、ツッコミ所が多すぎるアクション、空飛ぶ車、ノれるダンス、筋肉、シャールクカーン、と全てが詰まった作品
これがボリウッドなんだよなぁ
s0o0gle

s0o0gleの感想・評価

1.2
Krrish 3も似たような感じだった気がするけど何も残らないアクション映画だった。
Mavis

Mavisの感想・評価

3.7
やっぱりシャー・ルク・カーンはかっこいい!この人より青の目が似合うアジア人っている?(ポスター見て!)そして、いまいち似合ってないパンチパーマ姿も愛おしい。
それにコミカルな演技がかわいいし、おもしろい!大好き!

そして出ました!「ロボット」の主人公チッティー!特に意味のない登場!笑
インドでのラジニカーントのリスペクトされ度がよく分かった。
コラボしているだけあって、オマージュしているシーンがあって面白かった!

そして、何個かツッコミどころが…。↓

最強の悪役が登場するゲーム「ラ・ワン」。まず、このゲームの設定がおかしい。キャラクターには装備としてハートがある。(心臓のハートではない)ハートが体内にない時はどんなに死んでも復活する。だけど、ハートがある時、死んでしまう。ハートだけ破壊してもキャラクターは死なず、ハートはすぐに再生する。

……え?ハートいらなくね?「ハートがないと完璧じゃない?」ハートない方が無敵やないかい!それにハートを持っているメリットの方が少ない。そんなもん捨てちまえ!

それに、レベル3の攻略法簡単過ぎない?それでレベル3?マックス?冗談じゃない!それチュートリアルだろ。

これ、題名は「ラ・ワン」じゃなくて「G・ワン」じゃね?(ゲーム名と悪役の名前がラ・ワンだけど主人公はG・ワン。)まあ、どっちでもいっか!笑
初めてみたインド映画。
とにかくおもろしい。すっごいカッコいいはずの戦闘シーンもなぜか笑いがこみ上げてきた。挿入歌もとても良かった。
ただ長い
ゲームのキャラクターが現実世界で大暴れ。
舞台はロンドンとムンバイ。
シャールクカーンのキレキレダンスありアクションあり家族愛ありのインド映画らしい流れ。

ロボット役で、大スター ラジニカーントにはびっくり。
844

844の感想・評価

-
見たのに忘れてる。
なんかインドの中身無い系はかぶっちゃう。
人工知能系とスーツきて戦うやつ。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.3
ゲーム開発会社に勤めてる父親が開発したゲームから、最凶の敵が意思を持って飛び出す。そして父親は殺されてしまう。
というあらすじです。
最高でした。ターミネーターやマトリックスのオマージュを入れつつ、ダンス、歌、エンターテイメントの世界にストーリーを盛り込む感じです。ストーリーにエンタメじゃないが肝です。これを感じるとインド映画の見方が変わりますよね。
まぁ多くは語るまい(笑)
>|