マガディーラ 勇者転生 <完全版>の作品情報・感想・評価

『マガディーラ 勇者転生 <完全版>』に投稿された感想・評価

シロ

シロの感想・評価

3.1
インド映画でしか摂取できない栄養ってありますよね。ミュージカルもアクションも歴史譚も実はあまり得意じゃないけれど、どうしてここまで魅入られるのか。最初のバイトレースをイカサマした(?)女の子を追いかけるために歌とダンスが約20分!そりゃ全編3時間近くなるわ。でもそれがインド映画の醍醐味。キレッキレのダンスで見てて飽きない。序盤はラブコメ風からのいきなり400年前の話に。王道の勧善懲悪であるけれど演出が上手すぎる。エンドロールまで見逃せない。次は「マッキー」観る!
monochica

monochicaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

中世インド・ウダイガル王国。国民的な人気を誇る勇士バイラヴァは、姫ミトラと恋仲にあった。しかし姫に横恋慕し、国の政を狙う国王の甥ラナデーヴの奸計により、二人は結ばれることなく非業の死を遂げる。
二人の無念は、時を越えて400年後現代、バイカーの青年ハルシャと名家の娘インドゥとして生まれ変わり、再び巡り合う。手が触れたとき、ハルシャは因果を感じ取り、ただならぬ運命を知る。一方で宿敵ラナデーヴはバイラヴァへの恨みから、インドゥの叔父ラグヴィールとして生まれ変わっていた。


前世の悲恋を果たす二人と怨嗟を募らせる一人の男。時を越えた一大スペクタクル……かと思いきやスタートから実に半分の1時間20分程、ラブコメで、若い二人はフワフワで、ダンスし散らかしながら、後半に差し掛かると血飛沫やまもりの筋肉祭り戦祭りの温度差に、戸惑いを隠しきれない。風邪引きそう。
しかし終始のテンションの高さと因縁の深さ、輪廻のお話に惹き込まれてしまった。

RRRでもラーマとして活躍していたけれども、今作でもダンスシーンに格闘、バイク(馬)アクションとラーム・チャラン氏のポテンシャルの高さを楽しめる。
spitfire

spitfireの感想・評価

4.3
マガディーラは以前に見ていましたが、完全版は初視聴。バーフバリ完全版と同様に、完全版というかテルグ語オリジナル版ですので、本国ではこれを見ていたんだなーという気持ちで見ました。言うて完全版で増えたのがダンスシーンぐらいしかわかりませんでしたが、増えてた現世のダンスシーンがめっちゃハッピーなので取り敢えずヨシ!

インド映画を何本か見たあとでも、現代パートのテンションの高さやヴァイブスの狂いは強烈なものがあります。ハイなラブコメ展開と血腥い暴力描写とで高速反復横とびをしてるような印象でした。ハルシャがチンピラをマジトーンでボコボコにしてるの見てインドゥがベタ惚れとか、よくあれが通るな…という感じ。
過去パート入ると比較的真っ当な歴史ファンタジーになるんですが、こちらはこちらで豪華絢爛かつパワフル。前世の因縁をしっかり刻み込んで現代パートに戻り…ここでまた信じがたい描写が連発される。前世バフがあるなら前世デバフも当然ある、それはそうだが…そしてソロモン自由すぎるでしょ。
書割みたいなCGとか諸々の強引さも含めぼちぼち荒っぽいんですが、慣れると退屈するところもなく賑やかなインド娯楽映画でいいなーと思えてきます。さんざん無茶苦茶やったはずなのに視聴後はあまりにもスッキリとしていて健康的、これがラージャマウリ節なのか…

RRRから振り返って見るに、ラーム・チャランがスーパーイケメン。プレイボーイ仕草にダンスにアクションにと見事に捌き切っていてお見事。本作は彼のイケメンっぷりを堪能する映画でもありますね。
そしてラーム・チャランと父"メガスター"チランジーヴィの共演作であることを把握してから見たので、前に見たときよりも理解が深まったように思います。冒頭のダンスシーンはチランジーヴィ出演作と同じ曲で踊るオマージュ。youtubeにチランジーヴィ出演作の方の動画がありますので興味ある人は是非。メガスターが謎パワーで若返り謎フラッシュまで放つのは、ただバイブスが狂ってるだけではなくスペシャルなサービスカットなんですね。カフェで名前を聞かれたハルシャが咄嗟にチランジーヴィを名乗るのも、そういうギャグだったと分かります。

あと思い至ったのが「正体を隠してアプローチする」「正体を知らずに惹かれ合う」のがラージャマウリ監督お好きなんだろうなということです。バーフバリでもRRRでもこの要素があったので、次はマッキーを見て確認してみたいなー、と次の計画を立てて感想の締め括りとします。
輪廻と愛、演出も素晴らしいが、壮大なスケールと古代インドをたっぷり堪能
インド映画大好き
pomme

pommeの感想・評価

4.9
RRRで完全に虜になったラーム・チャランを追っかけて見ました、、
しかも愛の物語、、
やっぱりかっこよかったーーー泣
あの目はずるい
160分間幸せだったあ

歌とダンス多めなしっかりインド映画だったからバーフバリとかRRRとはまた違う印象だったけど、アクションはさすがの迫力
闘うラーム・チャランほどかっこいい人いるかな
後半からの盛り上がりで一気に満たされた感
ソロモンも最高
そして私はインド映画の中でも古代のシーンが好みなのかもって思った

完全版をありがとうだよほんとに泣JAIHO様様

このレビューはネタバレを含みます

RRRでラーム・チャラン推しになってしまったので観ました✨

現代編と前世編の温度差ありすぎて笑ったw
現代編は濃ゆいラブコメ。主にかわいいチャランくんが観れます。突然のダンスパートに最初びっくりしちゃったけど、それはそれで面白いからOK。ただRRRの自然なダンスパートとか歌の入り方を知ってたから、あれってめちゃめちゃ良く出来てたんだな…と改めて感心しちゃいました。
チャランくん演じるハルシャのTシャツのセンス(毎回ちょっとダs…)が大好き。🤭

前世編はアクションメイン。お馬さんに乗ったり、剣でバッタバッタ敵を倒したりと、主にカッコいいチャランくんが観れます。
ラージャマウリ監督、ラーム・チャランを馬に乗せたり、水かけて水も滴る良い男にするの絶対好きでしょ🤫(RRRでも観たよw)
分かる、私も好き。いいぞもっとやれ。

しかし後半すごい勢いでソロモンが美味しいとこ全部持ってったな〜。ああいうキャラ好きよw
後半からのあの短い時間であれだけ魅力的なキャラとして描けるのすげぇよ監督…

次はバーフバリ観たい!!
sasha2022

sasha2022の感想・評価

4.4
やっと見れた!やっぱり天才、ラージャマウリ。400年越しの大恋愛👩‍❤️‍👨愛か責務か。破格のスケールの作品でしかお目にかかれないラームチャラン。2作目にしてこの風格。女の心を溶かす、男の心を奪う無敵の英雄😎多くの人にとってトリウッドを最高峰に至らしめる作品。アクションも演出もキャストも脚本もすべてが凄まじいレベルで行われている。カージャル・アグワールの小悪魔で妖艶で可愛らしい美貌、女性を誉めるための形容詞がすべて当てはまる完璧な美。
dirty

dirtyの感想・評価

4.3
好き度だけで言えばラージャマウリ作品中1位。
国際版ではカットされていた部分が結構重要なシーンばかりでさらに見応えあり。
前はソロモンが急にメインばりの扱いになっていて違和感が少しあったが、完全版ではその部分が補填されて物語に厚みが増した。
ハリウッド80年代風味の特撮も超好み。
Risa

Risaの感想・評価

4.0
どういう映画なん?!(笑)
って思ってたのにいつの間にか
途中から夢中になって観てた👁👁
さすがマウリ監督×チャランさん
RRRとの共通点も見出せて楽しかった🕺🏽💃🏽✨
★★★liked it
『マガディーラ 勇者転生』 S・S・ラージャマウリ監督
Magadheera

ロマンス&コメディ&アクション
歌&踊り

ラーム・チャラン as ハルシャ / 勇敢な戦士バイラヴァ
&カージャル・アグルワール as インドゥ / 王女

輪廻転生
400年を越えて甦る恋&戦い

歌&踊り&ひげ
ちょっと長い

Trailer
https://youtu.be/TgPGrHaNPvs
Full Movie
https://youtu.be/G7haVu5g-Qw
>|

あなたにおすすめの記事