マガディーラ 勇者転生の作品情報・感想・評価

「マガディーラ 勇者転生」に投稿された感想・評価

中世と21世紀のふたつの時代を又に掛けた三角関係の話。

「バーフバリの原点」というキャッチコピーが印象的で、監督は「バーフバリ」のS・S・ラージャマウリが手掛けている。しかし、物語の軸足はあくまで現代で、テイストもコミカルだし、過去のシーンもえらく小じんまりした印象だ。それもそのはずで、本作がインドで公開されたのは2009年。「バーフバリ」の評判が良かったので、急遽日本公開が決まったという感じなのだろうけど、さすがに10年の月日が流れているので、映像や世界観のインパクトは弱く感じてしまう。

むしろ、同じS・S・ラージャマウリ監督でも、ハエに生まれ変わって恋敵を倒す「マッキー」(2012年)に近い印象がある。インドらしいトンデモ設定を持ち込んだラブコメぐらいの感覚で楽しむのが吉。
しょー

しょーの感想・評価

2.9
圧倒的にバーフバリの方が良かった!
ただ後半と主演2人の演技、踊りは最高!笑
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.7
何か色々と凄い映画です。
インパクトありすぎ!
ただCGはショボいです。
ノリはジャッキーの映画っぽい感じです。
それに、インド映画特有の隙あらば直ぐに踊り出すと言うのがプラスされてます。
身近な人達、皆んな生まれ変わりの狭い世界。
インドゥが可愛いです。
M.E.G.Aメガスター!
締めはダンスで。
みらい

みらいの感想・評価

4.5
バーフバリの原点らしい高カロリー映画を提供していただけた幸せ…エンドロールまで幸せのスパイス効きまくってました
めちゃめちゃ踊るやん
バーフバリから来ましたが、こちらの転生はそっちのテイストか!なるほどそれも良き。
あつい映画ですね。
あとイケメン、というか、日本ではもう絶滅した綺麗かつ男らしい顔立ちなのに表情が可愛くて強いという美丈夫な主役の彼が最高すぎました。
バーフバリの原点とも言える作品
ロマンティックコメディ調の現世パートと陰謀渦巻くバイオレンスアクションの前世パートの二部構成になっている本作。前世パートはオチを冒頭に明らかにしているせいか退屈だったが現世パートはインド映画らしい底抜けに明るくテンションの高いコメディになっていて満足。ダイナミック乗馬や唐突に始まるダンスシーン等々ツッコミ所も満載で楽しい
本作のクマラ枠ことソロモンの活躍も痺れた
バーフバリ程ではないが評価できる良作
miyazou

miyazouの感想・評価

4.0
最強インド映画バーフバリの大ヒットを受けて公開された同じ制作チームによる作品。

主人公とヒロイン、そして悪役の400年前の因縁を現代に転生して果たす…という遊戯王的な話(?)。流石のバーフバリチームだけあり、やりすぎアクションはバーフバリ並で非常に熱いです。しかしながらインド映画らしい歌と踊りや、現代パートがバーフバリを思うと若干ダルく感じてしまいます。あとは主人公の現代パートが若干DQNっぽくて苦手でした。ソロモン兄貴は好き、役者の方がすでに亡くなっているというのが残念です…。

いろいろと言いましたし実際荒削りな面はあるのですが、まさにバーフバリの原点といった熱い要素も十分あって楽しめたのでバーフバリにハマった方は観て損無しだと思います。
johnny

johnnyの感想・評価

3.5
インド映画大好きな僕です
バーフバリが楽しかったので、そこまで達してない気はするけど

なんと言っても飽きないですよ!
マック

マックの感想・評価

2.5
北斗の拳のモヒカンばりにバイクが宙を舞うシーンで本当に帰ろうかと思った
100人切りとか良いシーンあるんだけどハマれない
midori

midoriの感想・評価

3.4
バーフバリの原点

ヒーロヒロインが美男美女で良き。
CGは残念w
>|