• Filmarksトップ
  • チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー誕生の感想・評価

チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー誕生(2013年製作の映画)

Chennai Express

製作国:
  • インド
  • / 上映時間:141分
    監督
    ローヒト・シェッティ
    キャスト
    シャー・ルク・カーン
    ディーピカー・パードゥコーン
    サティヤーラージ

    「チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー誕生」に投稿された感想・評価

    たまには超王道な娯楽インド映画でも♪

    ジャケットからはスティーブン・セガールなみのアクションムービー感が漂うんですが、このグラサンのお兄さんはへっぽこ野郎でした(笑)

    強くないんです。普通の人なんです。強面のお兄さんに囲まれたら、愛想笑いをしながら逃げようとしますから。

    幼い頃に両親を亡くし、祖父母に育てられた主人公。祖父の葬儀を終え遺灰を撒きに行くという名目で悪友たちとバカンスに出かけるんですが、ある事件に巻き込まれます。

    前半はかなりドタバタなコメディでした。で、主人公のコメディリアクションがなぜかジャッキーチェンに見えてくるんですw
    それが地味にツボで(笑)

    後半はシリアスな展開になってきますよ~♪
    ラストは壮絶なバトルも勃発しますし^^

    でも最初にも言ったとおり普通の人なんで、特殊な必殺技とかはないです。ただの殴り合いですw

    ストーリーはコメディあり、恋愛あり、家族ドラマあり、結構盛りだくさん。カーチェイスまでありますし♪
    これがなにげに凄かった(・∀・)

    もちろんインド映画なんで歌と踊りも満載♪
    もうお腹いっぱいですw

    ちなみにタイトルにもなってるチェンナイエクスプレス。ジャケットにも写ってますが、冒頭この車内でヒロインと出会うシーンに使われたくらいであとはもっぱらジープで移動しますw
    タイトル詐欺かよ(笑)
    ♬チェンナイヤイヤイヤ〜エークスプレス!♬

    お笑いのブリッジかと思う位、かなりしつこく(褒めてます笑)流れるこのフレーズ。
    頭に残りすぎる。もはや中毒。
    これ電話の着信音にしたいくらい、やみつき!
    曲ダウンロードして毎日聴いてる!

    今まで観たシャールク・カーンはヒーローやで!イケメンやで!
    を前に出しすぎてて「そ、そうですか…」と若干引いてしまってたんだけど、このチェンナイ・エクスプレスはこれでもか!というくらいコミカルなシャールク・カーンを堪能。
    彼に抱いていたイメージがガラッと変わりました。

    ディーピカちゃんも相変わらず可愛いし、笑って歌って笑って。
    お決まりのテーブルに投げられてドンガラガッシャーン!すら笑える。

    2017/3/8
    歌で会話が面白い
    前半コメディまき散らかして後半のグッとくる展開。クサすぎるけど、それもまた良い。ディーピカーさんの可愛さと南インドの美しい風景、それもまた良い。
    チェンナイってどこだー!チェンナイエクスプレスってどこ走ってるんだー!と思っているうちに話が終わった。どうやらどこか南の方らしいということだけはわかった。昔のマドラスだと後で判明。南インドの鮮やかな色彩の風物が見られる。

    話はわりとテキトーだった。
    終始ドタバタのコメディで、面白いけれども、映画として出色したところはないと思った。タイトルの列車は最初に出てくるだけで、それほど関係ない。
    こういうゆるい映画が大好きなインドの人って、すごくおおらかで、いい人ばかりなんじゃないかと想像してる。
    コメディだけどメッセージ性が強い。北南、女性のインド事情…。パロディがめちゃくちゃ多く、個人的にはOSOのは救われた気がしてが嬉しかった。字幕色々ミスってるけど雰囲気で頑張って汲み取ってください。いい映画。
    ひたすらコミカルな演出だったけど、きっと言いたかったのは南北の問題とインドの女性の人権ってことだと思うの。

    実際に南北でどれだけの違いがあるのかとか、一つの国の中で1600以上の言語がひしめいているということが、どんな感じなのか全く想像もできない。映画から覗き見るだけじゃなくて実際に見てみたいな。
    >|