プレーム兄貴、王になる/プレーム兄貴、お城へ行くの作品情報・感想・評価

上映館(34館)

プレーム兄貴、王になる/プレーム兄貴、お城へ行く2015年製作の映画)

Prem Ratan Dhan Payo

上映日:2020年02月21日

製作国:

上映時間:164分

あらすじ

「プレーム兄貴、王になる/プレーム兄貴、お城へ行く」に投稿された感想・評価

気が付けば、このところ毎月1本ペースでインド🇮🇳映画観てる。今回はDJ Snake 好きの奥様と長女が一緒。嬉しいけど、ソフトクリームとか飲み物とかいろいろ買わされるので高くつく。
映画は、最初ノリに付いて行けなかったけど、中盤以降は魅せられ、笑わされ、泣かされて大満足。大人数のダンスと王女の歌と美しさでお腹いっぱい。これだからインド映画は止められない。家族で観るのにも最適。そんなお客さんは居なかったけど。

僕も奥様の不満をメモらないとって、一応反省してる。
samiam

samiamの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昔バジュランギおじさんだった、影武者の役者さんは相変わらずばかが付くほどの正直者でいい人。昔パッドマンを支えたパリーだった王女様は相変わらず先進的な賢い女性!

芝居がかった大仰な台詞回し、インド映画らしくていいよね。
突然の歌と踊りも適度に入って
グー。👍

途中どう決着を付けるのか不安になった。だって王女様が好きなのは王子様ではなく影武者だったわけだから。。。いくら影武者が王子様と家族の仲を取り持ったり、王女様を王子様に返したとしても王女様が本当の意味で幸せになれる筈がないと。。。
ところが、そう持ってきたかー?びっくり。👏😊
それなら確かに皆納得の結末だよね。。。😁
Tommy

Tommyの感想・評価

3.7
サルマンカーンの魅力を詰め込んだ肩の力を抜いて歌って踊って笑る久々にボリウッドの原点を感じる本作。家族の大切さや人情,真実の愛を豪華なセットや衣装,アイデア溢れる振り付けを独特なカメラワークで魅せつける。

"彼女にとってあのラストは本当に幸せなのだろうか…"
dancingufo

dancingufoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

さすがに「バジュランギ超え」はできなかったけれど、歌って踊ってインド映画の魅力が満載の王道ハートウォーミングストーリー。

王の承継を巡る陰謀、異母兄弟姉妹の関係修復、そして王女とのロマンスといった難題?にブレーム兄貴が大奮闘。

王女、美し過ぎ。


クライマックスの鏡の城に行く直前の、王女とのシーン。プレーム兄貴の葛藤が痛いほど伝わってきた。

王家をめぐる様々なタブーを打ち破った理由は、ひとえに王女に幸せになってもらいたいと言うプレーム兄貴の思いには、王女ならずともグッときた。

王家のスタッフ2人もいい味出してた。

ラスト、ホントに王女、プレーム兄貴と一緒になっていいの?
と一瞬思ったものの、彼女もデザイナーとして立派に自立した女性なわけで、王家を離れても十分生活できるんだろうね。
歌って踊ってのインド映画らしいインド映画。
安定のサルマンカーンだった。
Kensuke

Kensukeの感想・評価

3.9
インドの懐かしい感情を思い出させてくれる映画だった🇮🇳
ヒロインがめちゃくちゃ美人😳
axel

axelの感想・評価

3.9
ストーリー破天荒すぎてツッコミどころ満載。
歌と踊りがてんこ盛りの構成。
この適当に作ってる感がもはや病みつき。
まい

まいの感想・評価

3.8

プレーム兄貴拝みに行ってきました。



愛しの王女に会うために
車を飛ばして繰り出すプレーム兄貴。

そこで出会った王族の男に声をかけ
王女に会わせてほしいと懇願すると
まさかのOk?ま、まさかの王子意識不明?まさかまさかの王子の影武者に?!

おとぎ話のびっくり箱のような奇想天外ワクワクドキドキなハッピー映画。

歌や踊りは勿論のこと、王族がメインシーンなので衣装や街並みが何とも豪勢なこと。
彩り豊かな映像に瞳に映る世界観が輝かしく観客を飽きさせない。

シリアスなインド映画も好きだけど
やっぱり楽しいインド映画も大好きです。


ところどころ笑いを誘いながらも
家族への愛を修復しようとするプレーム兄貴に思わず目頭が熱くなる。

旦那との熱い抱擁には溜まりつもった涙もこぼれ落ちました。旦那ァ!!!(꒦ິ⌑꒦ີ)



終始楽しく、時に泣けて、やっぱり最後には最高のハッピーが待ってる
素敵なハートウォーミングムービーでした。





にしても
ソナム・カプール美人すぎる。顔入れ替えてえ。(꒦ິ⌑꒦ີ)wwww

あとチラグ・シン?役の俳優さんが所々竹内力すぎて「え?竹内力インド映画デビュー?」ってなりました🤔wwww
AT

ATの感想・評価

3.3
正直、中盤「ええーそれで良いのー?」とモヤモヤしてしまってたんだけど、最後全員揃う場面で「みんなハッピーだしまあいっか😆」てなった(笑)

王族が舞台だからとにかく華やかでお召し物もどれも素敵。どの衣装も着こなす王女様ソーナム・カプールがとにかく美しい✨✨

バジュランギが私の中でベスト過ぎて超えられなかったけど、歌もダンスも喜怒哀楽もラブロマンスも、インド映画の王道な一作でした。
ゆ

ゆの感想・評価

-
ストーリーはありがちなんだけどとにかく歌と踊りと衣装とセットと何もかも豪華絢爛で目も耳も楽しい ミュージカルシーンではあんなにたくさんアンサンブルが出てくるし大道具も小道具もいっぱい使ってるのに主要な登場人物たちが目立つように衣装が色分けされててすんごいな〜…と思った…ミュージカルとしては人形劇に見立てた演出でプレームと王女が心を通わせあっていくシーンが好きだな!大勢がワーって踊るところで上空からその美しいフォーメーションをばっちり映してくれるカメラワークも良かった
あと弟イケメンすぎん?かわいかったね…
>|