ダルバール 復讐人の作品情報・感想・評価・動画配信

「ダルバール 復讐人」に投稿された感想・評価

濃ゆくてくどくて良いインド映画
歌とダンスはもっとやっていい
アクションはテンポのいいくどさで好き
ゲイの芸人さん達の歌に乗せて無双するとこ好き
ただ長い、長すぎるよ
スピカ

スピカの感想・評価

3.0
怒りで暴走したパパの復讐無双劇。勧善懲悪だからスッキリ。突然踊り出すからほんと笑う。
Yoshiem

Yoshiemの感想・評価

3.5
インド映画は割と好きなためWOWOWで鑑賞。インド映画は勧善懲悪がはっきりしてる気がする。悪はとことん悪者悪行。インド映画はいきなりの踊りと歌、アクションに関しては野暮なこと言うもんじゃない。ボリウッドなんだから。
いつも警察長官の隣りにいた女性警官が綺麗だった。インドの女優さんはホント綺麗&お化粧が上手。娘さんがあんな形で亡くなったのはツラい。
1時間過ぎたあたりに「INTERMISSION」の文字が出たんどけど、劇場では休憩入り?それと、冒頭のテロップにお酒喫煙のことが出てたけど、前半のシーン、カットごとに禁止🚫マークが左下に小さく出てたのもおもしろかった。
肉浪費

肉浪費の感想・評価

3.7
方向転換したインドのワルな警察署長おっさんによる悪党、両者"皆殺し"の無双レクイエム大戦争
他国の異文化でも昔のインド映画を観た事があるなら"どこか懐かしい"歌も踊りもやりすぎアクションもありの総合エンターテイメント型「ザ・ボリウッド(マサラ)ムービー 」

まあ警察署長といっても、ムンバイの市警察長官というちょっと日本と違うシステムのようなのでわかりやすい表現にしましたw

それにしても"インドの倫理観"イカれてんな!w
けっこうな悪人ならいくらでも殺してよくて、法の番人であるはずの警察長官が筆頭となってバタバタとブチ殺しを執行するなんて…狂ってやがるぜぇ!!
とそれには理由があって、主人公のおっさんが"復讐"の化身となったから。と理由づけしようにもそれ以前からこのおっさん好戦的に自己防衛関係なくブッ殺してましたw

それが社会の腐敗、麻薬、誘拐、売春という"インドの社会問題"をなぎ倒す!という勢いは"フィクションなら"見てる分は楽しくて仕方ないですが、現実に置換すると、その何やっても良さは強権の発動にも警察の腐敗の理念にも繋がってしまうのでは…?とか戦々恐々と若干引きながら見てしまったんですよねw
ま、そういうサブテーマは韓国映画にも見られる"無能警察"からの〜な怒涛アクションです。

またこんな線のゆるい中年体型のおっさんを迎えた無双"接待アクション"かよ…踊りもアクションもキレがないぜ!『ロボット』シリーズみたいなだな!とツッコんでいたら…まさに『ロボット』の主演、ボリウッドレジェンド俳優ラジニカーントさんでした(笑)
というかラジニさんの現実は波平級のハゲ!?

監督は違いますが、『バーフバリ』ではなく、『ムトゥ 踊るマハラジャ』からインド映画の"歌って踊る"イメージが出来上がってる人には、絶妙に懐かしさを刺激される、いい意味で"古臭い映画"なのですw
やっぱりなんといっともボリウッド映画の"伝統ある定型"の歌とダンスは強いですよ!お金も製作期間も必要なのかNetflixインド映画ではほとんど見られないし、そもそもに日本に入ってくる量が少ないですからね…
サンバ調のアドレナリンを刺激する曲はインド劇場はワーヤーやってるだろうし、そうでない日本でもリズムを刻みたくなる"闘魂"が籠もっていますよw

2時間半超えの大作ですから、やっぱりインド映画はタッチや旗色が変わって、"復讐鬼"になるまでの和気藹々としたコメディ&ラブコメタッチから一気にシビアな"大戦争"事態に発展する"展開の多色さ"が特徴的。
『マッスル 踊る稲妻』ほどの超展開じゃないですが、雰囲気の様変わりが楽しめます。

と、めっちゃ風呂敷を広げた血を血で洗う大暴力展開になるかと思えば、最後はサシでタイマンとは、ラスボスさん"ブシドー"発揮しちゃうの?とズッコケ展開もありつつ、しっかり卑怯と〆を取っとく見せ所があってインド映画らしさがありましたね。

自身は最小限の動きでソードで敵を大車輪状態にぐるんぐるん回したり、一緒に前転して生き残るのは唯一人とラジニカーントさん、パネェっす!!
ダークヒーロー映画。インドらしくて色々詰まってて楽しい。詰め込み過ぎて長く感じたけども。
アクションのあり得ない動き、踊りの入りも独特でさすがボリウッド!
さすがスーパースター。
待ってました感がカッコ良すぎる。

『年齢は単なる数字です』このセリフがリアル過ぎて心に染みました。ラジニさん頑張れ!
saskia

saskiaの感想・評価

2.5
苦手なTheインド映画だったので全く乗れず。前情報なしでも製作国くらい知っといた方がいいかなと思ったよ( •́ɞ•̀)
あとやっぱり、とにかく長い。
死ぬほど長い。

主人公の無双シーン笑った。
ナイフで刺す描写がリズミカルだったり
スローモーション多用。

ダンスの入り方がほんと唐突( ・̆-・̆)
ボリウッド好きな人はこれがいいんだろうなぁ。
出てくるインドの女性が総じて美しいのは素晴らしい。
────────────────
2022/𝒩𝑜.324◡̈*✧🌛☽・:*
おうち映画𝒩𝑜.324
劇場映画𝒩𝑜.𓂃‪𓃱𓈒𓏸❁*·▹◃
Pastel

Pastelの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最愛の娘を奪われ復讐の鬼と化す男の物語…とあらすじだけ聞くとジョン・ウィックみたいなんだけど、蓋を開けたらザ・インド映画だった。

インターミッションまでガッツリ娘との関係性を描いているのに娘を亡くしてからの描写が雑、その辺の謎バランスがインド映画って感じだった。(褒めてる)

ザ・インド映画とは言ったけど、性格にはスーパースター・ラジニ映画だと思う。普通の映画ならば役者は"いかに自分を抑えて役になりきるか"を求められる。でも、この作品は "いかにスーパースター・ラジニを魅せるか" に全力を注いでいると言っても過言じゃないと思う。歌の歌詞に何度も「スーパースター」「ラジニ(たぶんだけど)」という歌詞が出てくるし、彼の出演作も出てくる。あくまで"ラジニ"の映画。スーパースター・ラジニ>役の構図を絶対に死守してくる。
ギャング構成員を次々と冷酷に殺害してしまう市警長官の男の過去とは🔫🔥😨・・・


ラジニ様だから見れるってやつだよね...。
ストーリーはつまらなかったけどアルナーチャラムが踊り出すと許しちゃう🤣 70才?まだピチピチじゃないですか!アクションはむしろ昔の作品よりカッコいいような❇。

孫でもおかしくない歳の女の子と恋愛してるのはスゥペゥスターの特権!🙊笑

2022.6.9
WOWOW.

正義より復讐にかける警察官が手腕を見込まれて政府高官から警察長官に就任。麻薬撲滅作戦を進める。順調に見えたが組織の恨みを買い娘が狙われてしまうインド映画。ダンスに入るタイミングが理解できなかったが、だんだん慣れてくるインド映画特有の空気感は雑な演技力がカバーできていて気にならなくなりストーリーを楽しむことができた。悪いやつをやっつける爽快感もあれば、デートで割り勘する陽気な主人公に好感持てて、2時間半の長尺でも面白かった。
とにかく色んな意味で胸やけするくらい濃い、これぞザ・インド映画な作品

インド映画界のスーパースター
"ラジニカーント"さん演じるムンバイの警察長官が無双するお話

全てのインド映画あるあるが詰まってます
・突然始まる派手な歌とダンス
・アクションシーンはスローモーション連発
・無双中、無双後のキメ顔というかドヤ顔
・長尺な上映時間(インド映画の基本は約3時間)
・上映途中でインターミッション(途中休憩)が入る
…等々


インド映画にドップリ浸かりたい人にオススメ
>|

あなたにおすすめの記事