ZOMBIE TVの作品情報・感想・評価

「ZOMBIE TV」に投稿された感想・評価

「ゾンビvs食人族!」と聞いて胸躍らせながら『人間解剖島/ドクター・ブッチャー』(1981)をご覧になり、「?コレは違う…ッ!」とお感じになられた方。
そんなアナタに是非オススメしたいのが、今作の中の一編、異種格闘プロレス『ゾンビ対食人族』!
目の覚めるような興奮をお届けしますぞぉ!?ぶははは☆(笑)

「あなた達もゾンビになるのです!そうすれば、苦しみから解放されるのです。…さあ、ゾンビになるのです…!」
ゾンビ福音の会教祖、鳥居みゆきのゾンビ布教編。

「俺をゾンビにしてくれぇえええッ!!」
ゾンビになるタイミングを逃し、地球最後の男オメガマンとなってしまった、仁科さんのアイアムレジェンド編。

HOW TO UNDEADSEX、まさにコレが肉食系。☆
あ、この男ゾンビ、『血まみれ風呂屋』の人や!(笑)

「ああ、この製作者は、本当にゾンビを愛してるんだな~」というのが感じ取られます。
ゾンビ愛なら負けんぞ!というゾンビマニアの方、よろしければ一度ご賞味を。♪

―――“走るゾンビ”誕生の、歴史的、感動的瞬間を見逃すな!!☆
ゾン〜ビがいちば〜ん♫なん〜ば〜あ〜わん♪
水井真希扮するピンクゾンビちゃんの歌うゾンビの曲が可愛すぎてキュンキュンするなり!

西村喜廣総監督の元、ゾンビ達がシュールなコントを繰り広げる
ゾンビ愛に溢れたゾンビ好きのゾンビ好きによるゾンビ好きのためのゾンビTV

出演者のひとり鳥居みゆきがDVDの発売イベントかなんかで「ハゲの人にハゲって言うのはじめて見ました!」って興奮していた作品です
撮影時、西村監督に叱責された助監督が西村監督に「ハゲ!」と言い残し失踪したそうですね
エピソードまでシュール

しかし、西村さんのシュールコントみたいなんは「はらぺこやまがみくん」もそうだったけどツッコミたい所が多すぎて困る

とりあえずは、思わず声が出る西村映造クオリティ
ゾンビ映画だとよく見る首に噛み付いて皮膚が伸びて血が吹き出し噛み切るなんてシーンなんですがね
マヂで噛みちぎってるようにしか見えない皮膚クオリティに溢れる赤黒い血のお祭り感
すっげえな!つって今年の感動初めですよ!
に対して、ピンクゾンビちゃんのコーナーでピンクゾンビちゃんがガチで噛み付いてるのが楽しかった
めっさ皮膚伸びてるけど「これは特殊メイクではありません」ってテロップ出てるやつ
水井さんマヂドS…

仁科貴さんが主演のゾンビになりたいヤツも良かったなぁ
人類がほぼゾンビに食い尽くされた世界で素人童貞の仁科さんが巨乳ゾンビや美尻ゾンビに噛まれたいんやけど毎回邪魔がはいって…って話
もうな最初はおっぱいやお尻でてくるし、ベン・アフレックがゲスト出演してたりお祭り映画なんですが、終盤の切なさったら…ただひとり生き残ってしまった素人童貞の気持ち…泣けるね

あと、鳥居みゆきのゾンビOLのヤツも良かった!
鳥居みゆきが歌う「ゾンビの神様」がマヂ名曲
ピンクゾンビちゃんの歌と言い名曲揃い!
あ、桐畑トールと玉袋筋太郎の歌う酒呑みの歌は微妙でした…

カップ酒の名前が喜廣

ゾンビVS食人族のプロレスもな
ゾンビ役、え?新日本プロレスのEVILか?と思ったら西明彦でした
似てる

おしゃぶり禁止!
ゾンビのHow to Sexもみれちゃいます!
いや〜射精はありませんが射血はいっぱい見れますよ

他にも書ききれないくらいのわっしょいポイントが!
やまがみくんに続いて「ゾンビTV」も買いかなぁ