チレラマ CHILLERAMAの作品情報・感想・評価

「チレラマ CHILLERAMA」に投稿された感想・評価

mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
閉鎖前夜のドライブインシアターで4本のオクラ入りしていた最低映画が上映される。だがそこにはゾンビの恐怖が近づいていた…、というグラインドハウス・カルト作品。精子怪獣ワジラ、ヤング クマ男の絶叫、アンネ・フランケンシュタインの日記、大便がいっぱい、そしてZON-B MOVIE。メマイが…。クマ男は結構ツボった。
K

Kの感想・評価

3.3
グラインドハウス魂が炸裂するオムニバスホラーコメディ。あらゆるB級映画のエッセンスを無節操にぶち込んだ、まさにキングオブバカ映画。性欲が強まると巨大化する精子怪獣ワジラ、ゲイのクマ男の絶叫、ナチに極秘裏に創造された人造人間アンネ・フランケンシュタインの日記、見た人の便意を促進させる実験的映画…残酷!エロ!バカ!下品!最低な四拍子全てが揃ってしまったバカ全開の四作品にプラスで、ドライブインシアターを襲う性欲増し増しゾンビ要素も入れちゃう気前の良さ。ちょいちょい知ってる役者さんが出てくるの笑える。
梅酒

梅酒の感想・評価

3.3
ベスト順
1. 精子怪獣ワジラ
2. アンネ・フランケンシュタインの日記
3. ZOM-B-MOVIE
4. ヤング クマ男の絶叫
⚫︎物語⚫︎
公開されずに眠っていた4本の映画を上映したらヤバすぎた

⚫︎関心⚫︎
「精子怪獣ワジラ」
・一番好き。可愛い。

「ヤング クマ男の絶叫」
・チープなグロさで好き。

「アンネ・フランケンシュタインの日記」
・ちょっと退屈だった。

「ZOM-B MOVIE」
・「サイモン・ペッグならどうする」が好き。

⚫︎映像⚫︎
いろんなキャラが出てきて楽しかったです。
B級映画のエッセンスを無造作にブチ込んだオムニバスホラーコメディ。

ドライブインシアターが閉館することに。
老支配人のセシルが感慨に耽っていた頃、
従業員のフロイドは甦った死体に襲われていた。

閉鎖を控えたドライブインシアターで、
最終上映日にグラインドハウス系のくだらない作品を4本上映する。
よくあるオムニバス作品とは異なり、
ドライブインシアターでの話も一本の作品となっているのが面白い。
「精子怪獣ワジラ」
性欲を感じると精子が巨大化して人間を襲う話。
オタマジャクシ風のワジラの造形が可愛い。
ワジラには自由の女神が裸になる姿が見えて、
自由の女神を襲うが、
爆撃されて白い液体が飛び散り全員顔面シャワー。
「ヤング クマ男の絶叫」
ミュージカル風で描かれているが、
役者の歌が上手くないという。
ゲイのクマ男のタロンに主人公がお尻を噛まれて、
クマ男にされてしまう話。
「アンネ・フランケンシュタインの日記」
フランケンシュタインの日記をもとにヒトラーが、
人造人間を作り出すお話。
人造人間に色々と教えるが、
ヒトラーの命令に従わない人造人間が、
ヒトラーと部下を全員殺害して楽しそうに踊る。
「大便がいっぱい」
見た人の内臓器官に働きかけ作用する実験映画で、
観客の大量のウ〇コで劇場がウ〇コまみれになるらしい。
ウ〇コ描写より監督の解説時間が長い。
「ZOM-B-MOVIE」
本作の本編で、
上映中のドライブインシアターが舞台で、
「大便がいっぱい」が上映中の中、
ゾンビが溢れかえり観客がゾンビに襲われる。
普通のゾンビではなく性欲ゾンビで乱交が始まる。
精子にクマ男、
ヒトラーにウ〇コを詰め込んだくだらない内容だが、
好きな人にはたまらないかも。
オチもそうことかっていう終わり方。
くだらねぇ…(笑)
もう大好き過ぎるのよ…

明日で閉館するというドライブシアター
最後の夜の上映はくだらなすぎてお蔵入り、世に出ることがなかった
最狂の作品達を紹介していくというもの。

とにかく下品!!
おちんちん、うんち、おっぱい、ゾンビ、フランケンシュタイン、クマ男、精子なんでも来い!!!


特に僕が好きなのは『精子怪獣ワジラ』
もうね〜バカバカしいタイトルからしてしょうもなさそう
そしてその名の通りしょうもない!

泌尿器科で精子の状態を見てもらったら元気がなかったので
精子が強靭になる謎の薬をもらって服用!

するとえっちなお姉さんを見ると金玉が痛くなってきてしまう!!
というものなんですけど

まさかしこしこ出した精子が完全な個体になっており
そのまま巨大化し街を襲うという展開。

強烈ゥウウウ!

そんな街を襲うでっかい精子を倒すため自衛隊も立ち上がる。
挙げ句の果てにはコンドームを自由の女神に被せてみたりやりたい邦題。

感想を書くのも疲れてきましたがこんな作品が何作も続きます。

まぁ。。。。
大好き。
冒頭のモノクロ映像から引きつけられ、そのままラストへ。
映画の中の映画の、その中のテレビとかもう好き過ぎるパターン⸜( ´͈ ᢃ `͈ )⸝㋜ ㋖ ‼︎
個人的には「ゴジラ〜」と「ヤングクマ」が好き。
エンドロールも可愛らしく、作り手の愛情を顔面にブッかけられた感覚。

ドライブインシアターの館長が1番やばいw
バラのつぼみ作戦ってHUNTER×HUNTER!?ww

2016.08.05GYAO無料配信
キモっっっ!!
悪趣味でお下劣!!🤮🤢

スカ◯ロ、ウ◯チ、チ◯コ、マ◯コ、ホモ◯ックス等と放送禁止レベルのエログロ多い作品です。

4つの話がありオムニバス形式になっています。

・精子が巨大化して怪獣となり街を襲う話
・男性同性愛者がオオカミ男になった話
・フランケンシュタインの話
・ウンチだらけの話と映画館がゾンビだらけになる話

個人的には映画館がゾンビだらけにはなる話が好きでした!ウ◯チだらけの話は精神的ダメージを食らいましたね苦笑💩💩💩

変態にしかオススメしないです笑
記録。
集いしオゲレツ悪ふざけ。

良スラッシャームービー『ハチェット』のアダム・グリーンや、名優バート・レイノルズ最後の主演作を撮ったアダム・リフキンらによるオムニバス。

ドライブインシアターの上映作品という形で贈る作品群。いずれもどうかしてるゲテモノで見応えあり。

●『精子怪獣ワジラ』
タイトルの圧よ(笑)
内容はまんま。立ち眩みしそうな破壊力に身を委ねるのみ。ちなみに主演はアダム・リフキン当人。

●『ヤング クマ男の絶叫』
狼男ではなくクマ男。そしてゲイへの目覚め。ムラっとするとクマ男になる。しかもミュージカル風。なんだそりゃ(笑)

●『アンネ・フランケンシュタインの日記』
アダム・グリーン作。
いわゆる名前の洒落からきてるんだけど、ちょっと攻め過ぎじゃないか?まぁ結末でプラマイゼロ…ならんやろ(笑)

●『大便がいっぱい』
小学生かよ(笑)
内容は…言うまでもありませんね。いっぱいなんですよ。

●『ZOM-B-MOVIE』
これまでの作品群の合間に流れてたのは本作への布石だった。くっだらねえエロゾンビパニック(笑) ゾンビの性欲ってのは何気に斬新かも。

…いやぁ。なんか疲れちゃいました。
個人的には『ワジラ』が一番好きだったかな。コングの次にあの怪獣王と戦うのはワジラ…なわけは勿論無い。
Hiroyang

Hiroyangの感想・評価

3.6
クラブハウスで薦められてDVD購入して視聴。
ドライブインシアター最後の夜、短編B級映画の連続上映会で起きる惨劇。
短編それぞれが愛おしいくらい雑だけどアイデアに満ち溢れていて楽しい。
この映画の存在を知らなかった事に後悔。
下ネタOK、グロOKで細かいことを気にしないなら
下品で最低で可愛くて最高におすすめの純愛映画。
>|

あなたにおすすめの記事