ハチェット レジェンド・ネバー・ダイの作品情報・感想・評価

「ハチェット レジェンド・ネバー・ダイ」に投稿された感想・評価

shirase

shiraseの感想・評価

3.5
楽しませていただきました
ほんと血みどろぐちゃぐちゃでなにがなにかわからん状態やけどとにかくグロい
そこが好き 素晴らしみ
邦題だと武術のヒーロー物みたいだが、スプラッター内臓ぐちゃぐちゃぶちゅぶちゅ映画。しかもシリーズ3作目らしい。

(多分)前作のラストから開始。ヒロインが巨漢殺人鬼の顔面にショットガンをブチかますシーンから始まる。ヒロインは警察に拘束され、現場のジャングルには十数人が調査に向かうが、当然殺人鬼が襲いかかる…不死身ですからね

見所は小気味いい程の身体の破壊。ぶちゅぶちゅ。でもリアルさが無い為気持ち悪さは無い。
軽く陽気にぶちゅぶちゅぐちゃぐちゃ観たい人向き。
前作の直後から。
メアリベスに頭部ぐっちゃぐっちゃにされたうえに電ノコで体を切断。
これだけやれば死んだはず…ところがヴィクター・クロウリーは蘇る。だって不死身(リターン)だから。

ハニーアイランド沼で死体が山ほど見つかり保安官達は総出で捜索。そこへ蘇ったクロウリーが殺戮開始。助っ人SWATチームも全く役に立たない。クロウリー無双、強い。
一方のメアリベス。今作はめっちゃふて腐れてます。関係ないけどごっついTatto入れてたのにびっくりした。

アホでおバカなゴアゴアスプラッター。
今作もテンション変わらず、ハチャメチャな人体損壊と血飛沫のサービス。
いやー楽しかった!

このレビューはネタバレを含みます

・巨体でオーバーオールの不死身の殺人鬼ビクターが島の暗い森で次々と人間を引きちぎる
・頭からっぽで見れるB級ホラー
・とにかく腕力のみで頭を潰し、内蔵を引きずり出し、斧で頭を割る
・血しぶきが分かりやすく仕込み丸わかり
・ゲラゲラ笑いながらスプラッターを楽しもう
hideharu

hideharuの感想・評価

2.2
2017.7.7 DVDを再見。

「ハチェット」第1作目は80年代さながらの特撮、特殊メイクを駆使して製作されたスラッシャー映画として好き者の間で話題になり、イギリスでも限定ではあるけれど映画館でも上映された。

それ以降、回を重ねるごとに安っぽくなっていくがDVDスルー前提で製作されているから仕方がないのかな。
今回もゴアシーンは力が入っているようだけど今まで程ではないし、もしかしたら前2作から自体のプロップなど拝借しているのではないかと思われる。

しかしスラッシャーがシリーズになるとやはり殺人鬼を不死身にするしかないので何かもう少し工夫が欲しかったですね。

ま、この手の映画に理屈は通じないのでリラックスして血まみれ描写を楽しみましょう。
あとダニエルハリスは久し振りに「ルール」で復活したと思ったら出る映画すべてホラー。素晴らしいけど、少しは出る映画を選んだほうがいいと思う。安い女優扱いされちゃうよ。
Szeus

Szeusの感想・評価

3.5
ハチェットシリーズの最終章です。
まあ前と負けず劣らずグロいシーンのオンパレードw
何も考えずに人体損壊を見たい時に見る映画。割とやってみて欲しい引きちぎり方をしてくれるので、楽しめる。ストーリー全然無いけど。ビクターはジェイソンみたいに顔隠さないし、石ちゃんみたいなオーバーオール着ててかわいい。
かめ

かめの感想・評価

2.9
ハチェットシリーズ3作目
悪くはないんだけど、シリーズを重ねる毎に勢いが無くなっていく。
まあ、しっかりスプラッターしてるから2まで観た人は観ちゃいな
グロテスクな殺人鬼・ヴィクターと最強SWATの戦いを描いた殺戮アクションホラー。
沼で殺人鬼を目撃したメアリべス。
彼の供述通り大虐殺の跡を発見した捜索部隊の下に殺人鬼・ヴィクターが現れる。
メアリべスはヴィクターの呪いの秘密を知るが。
ハチェットシリーズ3作目にて完結編。
前作からダイレクトに始まるオープニング。
冒頭から死んでなかったヴィクターとバトル炸裂でスプラッター全開!
なぜヴィクターは不死身なのか?
ヴィクターは「リピーター」で毎晩、
死ぬ前の状態に戻っている。
それが何度も繰り返されるが、
既に死んでいるから殺せない。
どんなに傷つけられても元に戻ると言う。
無敵ですね。
警官隊とSWAT対ヴィクターも見応え十分。
とにかく犠牲者の数が多い!
スペシャルゲストで「シド・ヘイグ」が重要な役で出演してました。
完結編ということで、
不死身の殺人鬼・ヴィクターの弱点が見つかります。
無事に倒す事が出来るのか?
スプラッター好きにはお勧めできる作品です。
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.5
沼で殺人鬼に襲われたメアリーべス。

彼女の供述通り大虐殺の跡を発見した捜索部隊の下に殺人鬼・ビクターが現れる。

メアリーべスはビクターの呪いの秘密を知るが…。

グロテスクな殺人鬼・ビクターと最強SWATの戦いを描いた殺戮アクションホラー。

なんだかんだで個人的には凄く好きなハチェットシリーズの3作目。

グログログログロ〜安定のグロ。

進化も退化もしてません。

前作で殺られたハゲ巨漢親父の頭部を持ち歩いている光景がシュール。

話もしっかり続いてたり、別の役で同じ人出てたりで最初から観てる人には嬉しいです。

ちなみに1作目で、実はまだ生きていた人も出ます。

あと、ムカつく連中が容赦なくバンバン殺されていくので、かなり爽快です。

この殺人の勢いなら(もし出るなら)あと、2、3作でジェイソンの殺害人数に追い付くかもです。

さらに本作は、『13日の金曜日』のジェイソン役の人が二人も出てるので、「ジェイソンVSジェイソン」の構図が見られる。

最終作ぽくて残念ですが、けっこういい加減な理由で倒したんだから、またいい加減な理由でビクターを復活させてほしいものです。

ちなみに本作は、2作目のラストシーンから始まり、2作目は1作目の直後から始まりますので、シリーズ未見の方は1作目から通しての視聴をお勧めします。
>|