逆転のシンデレラの作品情報・感想・評価

逆転のシンデレラ2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:27分

2.7

「逆転のシンデレラ」に投稿された感想・評価

はけ

はけの感想・評価

2.4
しょっぱなからかなり笑わせてもらえた。
年頃の女の子にブスブス言いまくる監督の幼稚な残酷さ好きw
このプロットで長編も作って欲しい。
もっと見たいと思う雰囲気すごくあった。
まぁ

まぁの感想・評価

2.7
クスクス笑いながら…鑑賞…(笑)

「自分に落とせない男はいない」…凄い‼︎(笑…確かに可愛い…)
でも…「落とせない男」がいた…(笑)
…そこから始まる奮闘劇…(笑)

やり過ぎだよ…と突っ込みながら…
でも…笑っちゃう…(笑)

ブス、ブス、ブス、ブス…言われるのは…
聴いていて…気持ちの良いものでは…なかったけれど…

だから…ラストは…痛快だった…(笑)

外見より…内面よ…♡

…女子高生…なんとなくありそうな…気がする作品だった…(o^^o) …(笑)

「若手映画作家育成プロジェクトシリーズ1」より…☆

…さて…今日は劇場へGO…初日の初回…楽しみ…エンジョイ〜(o^^o)
kuu

kuuの感想・評価

-
「ソロモンの偽証」(前編、後編)に続いて「半落ち」みた後に、この短編観て胸糞悪くなった(笑)逆転のシンデレラ~彼女はキレイだった~って大ヒット韓国ドラマ「彼女はキレイだった」中国リメイク版関係かなと、観たら全くちがって、“ブス”専の兄ちゃん(なにがブスで美人か監督が決めとるつまりマジョリティーが決定してるだけやねんけど)を振り向かせようと奮闘するこの映画の中での美?少女を描く短篇ラブコメディのつもりやけど。ブス、キレイってなんやろなぁ[美人もブスも皮一枚、剥げば皆骸骨」って、一休さんは云っとる。皮一枚下は、みな同じ骸骨、ブス、ブサイクと云って描いとるこの映画監督にちょいとイラッときた!確かにマジョリティーが決定する美人と決定付けられたら女性はあらゆるとこで得をしてるんは否めないけど、顔を作っているんは、皮一枚にすぎん、、、むしろ心を磨け!俺は何者やろ?(笑)何をムキになってんだか。また時間返して欲しくなった!マイナス点も付けれるようにしてほしい
女子高生のリアルをコメディタッチで。笑えるシーンだらけやけど、皮肉がききまくっていて痛快。ブスでもええやんな。
Akisan

Akisanの感想・評価

-
あたしに 落とせない男はいない
言い切る希。
いわゆるブサイク好みの芳也。
希におとせない男を、回りの男らが、
芳也に後を託す。
さあ、落とせるのか?
駄目か?
なんか奇妙なストーリー。