ヴァンパイア・バット 死蝙蝠の町の作品情報・感想・評価

「ヴァンパイア・バット 死蝙蝠の町」に投稿された感想・評価

MARIN

MARINの感想・評価

3.0
吸血コウモリ大量発生。屋根裏に潜む小さな吸血鬼。
ストーリーが甘い。案外あっさりしてるし、これを見てもなんも残らない作品。ただ、コウモリがいっぱい。そして、そのコウモリも普通に可愛い。
主にバカな若者たちか が吸血コウモリに襲われます。CGは酷くはないのですが、同じエフェクトを多用するし、襲撃シーンはのっぺり長いのが気になった。
吸血コウモリが大量に発生して襲ってくるお話
コウモリが人間を襲うモンスターパニックものといえば、『BATS 蝙蝠地獄』という映画があったっけ。つまらなくはなかったけれどメリハリがなく気付いたら終わっていたタイプの映画で、起承転結の結の部分が完全に欠落しているのが惜しい。CGは端から期待していなかったけどTVMにしてはなかなかいい出来で、思ったより悪くはない。ただ、こういうモンスターパニック系は動物が群れを成すシーンにチャチなCGを必ず使わざるをえないのが痛い。個体で映す分には全然問題はないのだが、群れのシーンだと一気に作り物感が増す。
見る前はもうね、どんだけこき下ろせるかなーとか、今回はどんな笑いを提供してくれるのかなーと、わくわく(?)しながらみたんですよ。
ところがですね、なんか脚本もわかりやすく、起承転結してるしなかなか良かった。
コウモリvsヒトの裏側で動く人間関係とか(そこまで深いものではなかったけど)
結構コウモリがかわいかった。
でもどうだろう、他の人がみたらつまんない!って言うかも。

やっぱこういうのはなにも考えずに観れるから良いねー(((◞( ・ิ౪・ิ)◟

ただラストのあの表情!にくいわー!
え、うそ……そんな、まさかね?みたいな表情しおってからに(ㆀ˘・з・˘)