LSD~ラッキー・スカイ・ダイアモンドの作品情報・感想・評価

LSD~ラッキー・スカイ・ダイアモンド1990年製作の映画)

製作国:

上映時間:56分

2.8

「LSD~ラッキー・スカイ・ダイアモンド」に投稿された感想・評価

MarinaSeo

MarinaSeoの感想・評価

3.2
佐野史郎のこういう演技好きだな、普通に楽しそうで。笑 変な映画の話してて職場でこれ見せてごめんなさい、という懺悔。
ReN

ReNの感想・評価

2.9
VHSにて鑑賞。

マジでやばいよ…。
映画としては本当にキチガイばかりの猛毒ムービーなんだけど、佐野史郎と中村れい子の狂った演技ととにかく悲鳴悲鳴の本作は短い時間の作品ながらもかなり体力を使う。
佐野史郎のダンボール男はトラウマになってしまうほどインパクトが強い。
ギニーピッグというネームを使用できなくなってこの題名になったみたいだが、LSDという単語はかなりマッチングしている。
ミオ

ミオの感想・評価

1.5
いや全然意味わかんなかった
観てて変になりそうな感じ。タイトルのLSDってそういうこと?
ずっと観たかったのでとうとうVHSを買って遂に鑑賞〜!
監督は後に名作「AKIRA」の脚本を務める橋本以蔵です💕「死霊の罠2 ヒデキ」の脚本も務めていましたね!
「ギニーピッグ」シリーズ最新作として公開が予定されていたものの、宮﨑勤による東京 埼玉連続幼女誘拐殺人の騒動で改題を余儀なくされた可哀想な作品です
「ギニーピッグ」シリーズになるはずだったんだからそれはもうグロテスクなものを期待していたのに全ッ然でした…臓物がちょこっと出るくらいだしストーリーも面白くないし残念ですね…
ただ佐野史郎の狂気的な演技はとても良かったです!ダンボールを装備して鋸片手に襲い掛かってくるのは笑ってしまう😂なにこれwww
RartsMan

RartsManの感想・評価

2.5
内容そのものより、レンタルで見つけたときの感動が印象深い。変な映画だがそれほど恐ろしくはない。でも変。

このレビューはネタバレを含みます

映画を沢山観るきっかけとなった方から何度か聞いてはいたが、本当に段ボール。
むしろ予想を上回る段ボール。
主人公がとてもいい泣き。よい。
虫の幻覚というのは本当にあんな感じなのでしょう。かなりしんどいですよね。
ちなみにシリーズはまだ観てないのですが、こんな感じならもうお腹一杯です。
どれだけ刺されても動けるタフな精神力は見習いたいです。
気味が悪いを全面に出してるのでそこまで気味悪くはないですが、グロテスクなのと虫が出てくるので注意が必要ですね。
imapon

imaponの感想・評価

3.3
ニコニコ動画で6分割鑑賞。

「問題外科」+「箱男」?
確かに中村れい子のセクシー・エロっぷりって基地外じみてる。
佐野史郎はいつもこういうのが楽しそう。
網浜直子も熱演。ただしうるさい。
展開的に開頭手術中の欲情が見せ場になるべきと思うのにそこがチト弱いのが残念。BGMも良いだけに惜しい。
精神病棟に監禁されている少女(網浜直子)が、姉(中村れい子)とその恋人でもある医師(佐野史郎)から凄惨な治療を受けてしまう。宮崎勤連続幼女誘拐殺人事件を受けて、タイトル改変を余儀なくされた、ギニーピッグ・シリーズ第7作目。

頭から脳ミソが半分出たままの女の子が、ダンボールを装備した佐野史郎と対決する話。何を言っているのか分からないだろうが、本当にそういう話なのだがから、ムリにでも理解してもらうしかない。

主人公の少女が精神障害者であり、これまでのシリーズで展開してきたグロテスク表現が、幻覚の扱いになっているのが語り口として普通に面白い。アイドルの肩書きを物ともせず、グチャグチャのネバネバにされてしまう網浜直子の孤軍奮闘ぶりにも感動することができる。

佐野史郎と中村れい子のキチ◯イぶりは安定の面白さ。とりわけ、ふたりが患者の脳ミソに欲情してしまう、開頭手術のシーンは抱腹絶倒。
今までみた映画の中で
ダントツに1番イカれてた作品
あまりに評価しづらいので
点数も付けれません

レンタルは事実上不可能でしょうが
動画サイトで見れます

とにかく登場人物含めシナリオも
キチガイっぷりがとんでもない
この作品を通して何を伝えたかったのか?

製作者は病んでたんですかね...
グロ耐性無い人はオススメしません
佐野史郎と中村れい子が張り切りすぎていて楽しい。いまなら気楽にみていられる。
>|