ドグラ・マグラの作品情報・感想・評価

ドグラ・マグラ1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.5

「ドグラ・マグラ」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

2.0
職場の映画好きの人に勧められた第三弾。
原作は日本三大奇書の一つに挙げられていて、実際読んだことはないが名前くらいは耳にしたことがある程度でした。

この作品に至っては特に語ることもできませんね。全くもって理解できていません。まあ元々「読むと気が狂う」と言われるくるいの作品ではあるわけですが、何がどうやらさっぱりですね。

フォロワーさんのレビューを見ると原作をよく理解しているとのことだったので、まあ映像でこの理解度だと相当難解な作品であることは言うまでもないでしょう。
結局記憶喪失の主人公は何がどう信じられるのか掴めず、また独特な言い回しも絶妙に意味が捉えにくく、監督がカメラワークなどで工夫を入れたとてわからないものはわかりません。またあるいは、その不可解さを楽しむべきなのかもしれませんが、たぶんその思考は自分は持ち合わせてないのでお手上げ状態です。

感じでいうとリンチの「マルホランド・ドライブ」を見た時の感じと近い気がします。あっちの方が魅せられたけどね。

とりあえず正木博士はキャラが立っていて好きでした。桂枝雀ですか。いい味出してます。

このレビューはネタバレを含みます

薔薇の葬列の尖り具合が好きだったので、同じ松本俊夫監督ということで鑑賞。
これ、88年にしては映像がやけに古くさいのはわざとなんだろうか...?(香港ズーム?B級カンフー映画っぽいアレとか)
全体的にジャケットほどおどろおどろしい感じはなく、意外とゆるかった。
しかし正木先生を演じる桂枝雀の演技は凄まじい...

舞台となる古い建物が格好良く、自分が通っていた高校と大学の建物を思い出してふと懐かしい気持ちになった。
momoko

momokoの感想・評価

3.0
──胎児よ 胎児よ 何故踊る
   母親の心がわかって おそろしいのか──
orz

orzの感想・評価

3.3
夢野久作作品好き。個人的には少女地獄が一番です。

時間以内の映画でドグラ・マグラをまとめるのは無理だと思っていたが、想像以上にしっかりとまとまってた。

が、あくまで映画尺の中という括りなので全体として見ると微妙。やっぱり無理がある。

自分でも原作をしっかりと理解できている自信はないので、松本俊夫監督の解釈するドグラ・マグラとして見ればなかなか面白いのではないでしょうか。
たろ

たろの感想・評価

2.0
うーんあんまり面白くなかった
なんか原作を読んでから映像化したやつを見ると粗を探しちゃって楽しめないね

なんか言うほどぶっ飛んでもないと思う
薔薇の葬列のほうが面白かったなぁ

正木博士は非常によかったと思う
ken

kenの感想・評価

3.5
三大奇書 ドグラ・マグラ
原作も読んでみたい。
胎児の夢、脳髄論、キチガイ地獄外道祭文
メメントと同じだが、記憶喪失者の周りには良い人が必要。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかった一作
原作未読という事もあり
原作と照らし合わせながら表現を楽しむという事もできず
分からないからこそ面白い!にも至らず
ただ分からないだけの作品でしたが…
解放治療所での一抹から一気に心持ってゆかれました。
縁側で縫物をする母のはだけた胸元
襖の奥を灯す赤、指先を染める血
教授の部屋を舞う書類
地下トンネルを抜けた少年を待ち受ける笑み
赤で彩られる表現が好きでした。
原作を読んでいたらもっと点数高かったかも。
maniacchef

maniacchefの感想・評価

3.2
とりあえずあのくそ長い怪奇小説を映像化しただけでもありがたい。
正木教授の変態演技は中々良かった憶えがあります。
GEN

GENの感想・評価

2.5
原作未読の為、期待しすぎていたのが良くなかった。桂枝雀の怪演はとても良かったが、話としては単純な推理物だと感じた。
あの原作を一層わかりやすく、かつ理に落ちすぎない程度に謎めかせて109分に性急にも見せず再構成した技がすごい。原作通りの「知った話」ではあって、表現の工夫はあってもはしばしに退屈さは感じた。
>|