Begottenの作品情報・感想・評価

Begotten1990年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

3.8

「Begotten」に投稿された感想・評価

aki

akiの感想・評価

3.6
怖いけど神秘的で懐かしい。とても不思議な感覚。
言葉にはできない。すべての人の記憶の中にこーゆうものがあるような気がする。
悪意

悪意の感想・評価

3.0
悪名高き(⁈)本作無事鑑賞。白黒映像、台詞は無く自然音や吐息などのみでこれが殊更不気味さを増大させている。
しかしただ不気味な映像というわけでは無い、begottenという単語がキリストを指すという事を踏まえて観ると意味や暗喩的な事柄が何となく読めてきて、するとカルト映画というイメージから痛切なる風刺映画だと感じられてくる。どこまでも無下に扱われ虐げられ犯され蹂躙される神とそれを産まいし母であり、母なる大地(エンドロールにてmother earthとの記載)。それらを利用し喰らい付くす身勝手な人々の横暴さと残酷さに自身を重ねてしまう部分もあろう。冒頭の"god killing himself"に当たる男のシーンはそんな世界から身を消そうとする哀れな痛ましき神なのだろうか。しかし母(なる大地)は肉体を滅ぼしはさせても生命(精液)は掬い取り次の生命へと繋げようとする強かさと神々しさを持つと。…解らないが。
キリスト教圏の人が観たらばまた一層峻烈な感覚を抱く作品なのではなかろうか。
Begotten観たぞ!と言うためだけに鑑賞。
…いろいろと耐えきれずに1.5倍速ですが。
映像はサタニストの儀式のようで「呪いのビデオです」と言われたら信じてしまうような作品。
普通の人生を歩んでいればまず出会うことのない映画だが、マリリン・マンソンのミュージックビデオ“Cryptorchid”に使われているといえば一部の人間にとってはキャッチーな響きになるかも。……いや、ならねえわ。
どさくさに紛れて乳揉んでるやろ!っていうシーンがあるよね。
エンドクレジットは半ば解説で、登場人物は「自殺する神」「母なる大地」「その息子」と紹介されている。マリリン・マンソンがこの禁忌的な映画にインスパイアされた理由が分かるね。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

-
【『リング』の呪いのビデオを70分見せられてるような感覚のカルト映画】採点不能
ーーーーーーーーーーーーーーー
監督:E・エリアス・マーヒッジ
製作国:アメリカ
ジャンル:ホラー?
収録時間:72分
ーーーーーーーーーーーーーーー
これはヤバイ。本当にヤバイものを見てしまった感が凄い。『イレイザーヘッド』の上位互換みたいな感じ。リード文にも書きましたがマジで『リング』の呪いのビデオを70分くらい延々と見せられている感じ。1990年代に撮影したと思えないほど不気味なモノクロ映像。セリフは一切なく、得体の知れない人間たちが、女性と男性に何かをしている映像が延々と続く正真正銘のカルト作品。
どうやら謎の映画、カルト映画のランキングを作れば必ず上位にくる映画らしく、世界的にもメディアは廃盤。それを手に入れるには数万円投資しなければならない模様。監督が学生時代に撮影したものであるらしく、一体全体何故こんな映画を作ろうとしたのか、意味不明であります。

考察しようにもしようのない映画。よく言えば難解な映画。悪く言えば意味不明な映画です。生まれる感情は不快感しかなく、本当に気が狂ってしまいそうなものです。いっそのこと、これこそ『呪いのビデオ』というタイトルにしてしまえば良いとも思えました。ジャケットをアップにして気持ち悪いと感じた人は悪いこと言わないので見ない方が良いと思います。見て得るものはほぼないです。最狂クラスのカルト映画を見た。という事実しか得れないです。ホラーと一括りにしてはいけないかもしれませんが、これはどう見てもホラーの類に分類されるでしょう。間違っても、サスペンスやアクションになり得るはずはあるまい。
Albert

Albertの感想・評価

3.8
モノクロのサイレント映画。ただのホラーかと思ってたらけっこう難解な作品でザラザラした映像はかなり不気味。
PK

PKの感想・評価

3.8
SilencerのStrerile Nails ThunderbowlsのMVで有名な例のアレ的な映画。マンソンのCryptorchidでもオマージュされてる無声モノクロフィルム。
ほぼ全編自然音のみ響き渡る中で広がる狂気的な映像と要所で唐突に流れるBGMが奇妙な幻想感を観る者に与える。
ストーリーを考察している方々のブログを一読してから視聴すると自然崇拝的なメッセージも読み取れ、また違ったイメージの作品になる。
(恐らく違法UPであるが)ビデオが入手困難な現在YouTubeにて全編視聴可能なため、モノ好きな方は是非どうぞ。
狭い暗室でひたすらフィルムに狂気を焼き付けた結果出来上がった映画。
明瞭とは程遠いザラついた映像、何か意図はあるが到底理解の及ばない曖昧な筋立て。
『リング』の呪いのビデオが延々70分続いているような感じ。
Abby

Abbyの感想・評価

-
大好きなマンソン様のPVに影響を与えた作品という事で鑑賞。正直意味不だけどこのモノクロ映像、BGM、音、雰囲気、たまりません(*^^*)特に冒頭の自分のお腹を引き裂いて臓物をバラバラにするシーンと中盤の女?の頭をブッ叩いて噴き出す血、体をひたすら蹴って“破壊して”仕上げに犯す。良いですよ良いですよ‼
Sawa

Sawaの感想・評価

-
好奇心で鑑賞。マリリンマンソンが影響を受けたらしい。
モノクロの対比がここまで芸術的で恐ろしいものを作り上げるとは思わなかった。
序盤のシーンが一番怖かった。
子供には決して見せてはいけない、究極の異色カルト作品。
それでも、現実のほうがもっと残酷だったり...しないかな。
tonemuff

tonemuffの感想・評価

3.0
鬱系ブラックメタルバンド、サイレンサーのPVで知った作品。

1時間弱まじで気が狂いそうになる。
>|