ザ・レイド GOKUDOの作品情報・感想・評価

ザ・レイド GOKUDO2013年製作の映画)

The Raid 2: Berandal

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:146分

3.6

あらすじ

新人警官である主人公ラマ。警察の上層部に命じられたラマは、悪の世界に潜入することになる。組織を上へとたどり、トップで糸を引く悪徳政治家や汚職警官に行き着くために、彼は偽名で刑務所に入り、マフィアのボスの息子であるウチョの信頼を得て組織の一員になる。やがて父親への反抗心から新興のギャングと手を組み、成り上がりを企てるウチョの陰謀に巻き込まれていく。対立する日本人ヤクザとの抗争、そして殺し屋たちの暗…

新人警官である主人公ラマ。警察の上層部に命じられたラマは、悪の世界に潜入することになる。組織を上へとたどり、トップで糸を引く悪徳政治家や汚職警官に行き着くために、彼は偽名で刑務所に入り、マフィアのボスの息子であるウチョの信頼を得て組織の一員になる。やがて父親への反抗心から新興のギャングと手を組み、成り上がりを企てるウチョの陰謀に巻き込まれていく。対立する日本人ヤクザとの抗争、そして殺し屋たちの暗躍…、ラマは誰も対峙したこともない、終わりない死闘を繰り広げることになる—。

「ザ・レイド GOKUDO」に投稿された感想・評価

主人公チートすぎ!!

アンディが最初に死んだのはびっくりしたけど、アクションシーンはたまらんかった!!!!!!!

ラマがバット持っとるやつとトンカチ持っとるやつとの戦闘シーンが最高!!

何回も言いますけど最初から最後まで息せずに見てました(笑)
前作は越えられないかと思いきやカーチェイスあたりからおもろなった✋エンケンとか日本人キャストでてる意味あったすかね✋あとバットって顔面にめり込むんすかね🤔
1作目よりスケールアップした分、ギュッと密集したような熱量が消えてしまった。話が少し複雑になったことも要因のひとつだろうか。ずっとハイテンションで通した1作目のような興奮は感じられず。痛くて重い肉弾戦は健在なのでがっかりするレベルではありませんが。GOKUDO詐欺なのははじめからわかっていたので別段驚かない。
yuukun46

yuukun46の感想・評価

3.0
前作はほぼシラットによる格闘シーンの連続で早く続編が見たいと思ってました。
今作は大分お金もかかっており相変わらずのアクションシーンに興奮しましたが、若干ストーリーにも重きを置いたせいか物足りませんでした。
エンケンさんとかのアクションシーンが見たかった。
Runpo

Runpoの感想・評価

3.3
アクションは前作に続いて良かった。ただストーリーが冗長でアクションシーンがかすれた印象。シンプルなストーリーでも良かったのでは。またはストーリーを練り上げて引き込む内容にしてくれたら印象はころっと変わったのではないだろうか。アクションが素晴らしいだけにもったいない作品。
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.5
前作よりもお金かけてる感がすごい。

オリジナリティに欠けるけど、面白さは半減していないと思う。

カーアクション必見。

遠藤憲一、松田龍平とか出てる割に、大した使われ方されてなくて残念。
電気犬

電気犬の感想・評価

4.0
タトゥーの伏線の張り方が下手で、組織の対立の構図が解りにくい。本筋に絡まないキャラクターのエピソードがあって、妙にランニングタイムが長い。遠藤憲一ら暴力団の存在はいらない。前作よりストーリー性があって、打撃だけではなく関節技や武器を用いた殺陣が観られるのは良い。
あむ

あむの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

題名通り極道がたくさん出てくると思ったら見せ場がひとつもなかったです笑
極道目当てでは見ない方がいいです!

前作より強い敵が増えて、バットとかトンカチなどの武器を使う殺し屋が出てきたのが良かったです!
アクションは申し分ないです!
※前作は★5億点★

ヤクザを絡めたストーリーにしたら、一気にチープな感じに。

日本人出演者もパッとしない。

アクションはあるものの、他のアクション映画と変わりないボリュームだった気がする。

ここがヤバかった!

という記憶が無いので、楽しめなかったのだと思います。

期待し過ぎたのかも(^_^;)
kmk1020

kmk1020の感想・評価

3.5
アクションは相変わらず素晴らしい.
けどそれ以外の要素が邪魔したかなぁ...
無駄に長いし、GOKUDOという割に日本ヤクザは顔出すだけ、キャラの名前がややこしい(ウチョとベジョ)し、シナリオもあまり...
ただ後半最後のボス(中ボス?)との3連戦は、キャラが少し立ってきてからの勝負だったのでアツかったです.
>|