ザ・レイド GOKUDOの作品情報・感想・評価

ザ・レイド GOKUDO2013年製作の映画)

The Raid 2: Berandal

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:146分

3.6

あらすじ

新人警官である主人公ラマ。警察の上層部に命じられたラマは、悪の世界に潜入することになる。組織を上へとたどり、トップで糸を引く悪徳政治家や汚職警官に行き着くために、彼は偽名で刑務所に入り、マフィアのボスの息子であるウチョの信頼を得て組織の一員になる。やがて父親への反抗心から新興のギャングと手を組み、成り上がりを企てるウチョの陰謀に巻き込まれていく。対立する日本人ヤクザとの抗争、そして殺し屋たちの暗…

新人警官である主人公ラマ。警察の上層部に命じられたラマは、悪の世界に潜入することになる。組織を上へとたどり、トップで糸を引く悪徳政治家や汚職警官に行き着くために、彼は偽名で刑務所に入り、マフィアのボスの息子であるウチョの信頼を得て組織の一員になる。やがて父親への反抗心から新興のギャングと手を組み、成り上がりを企てるウチョの陰謀に巻き込まれていく。対立する日本人ヤクザとの抗争、そして殺し屋たちの暗躍…、ラマは誰も対峙したこともない、終わりない死闘を繰り広げることになる—。

「ザ・レイド GOKUDO」に投稿された感想・評価

whiskey

whiskeyの感想・評価

3.5
暴力的な話題作「レイド」の続編。

前作は閉鎖的なダンジョンの中で、ゾンビのような敵を殺し続けるサバイバルアクションホラーだった。今回は全く違って、同じ主人公が潜入捜査官としてマフィアの一員となり、その中で複数の陣営の凄惨な勢力争いに巻き込まれるという設定。
今回は生き残るためというより、殺し続けないと妻子を守れないから、主人公がまたひたすら戦い続ける。

前作と比べて一応ストーリー性もある。前作ほどの衝撃はないけど、同じことを2回やったらもうつまらないだろうから、それをわかった上で違う作品を撮ろうとしたのだろう。

今回は特にカーアクションが好みだった。「マトリックス・リローデッド」のカーアクションをレイド風にやったらこうなった、という感じ。相変わらず血みどろで痛々しいが、スタイリッシュでもある。カメラの動きも面白い。

日本人俳優三名は熱演してたけど、メインストーリーにそれほど絡まない役どころ。おそらく松田龍平は「おとぼけキャラだけど実はキレると手がつけられないサイコ野郎」的な役だと思うけど、そういう狂気的シーンがないので、インドネシアでは彼独特の存在感はどう伝わるのだろう。
シラット 満漢全席。
独房の1vs30、長回し大乱闘、一本道のボスラッシュ…
バジェットが倍増したことでカーチェイスも追加( ´∀`)

特に印象深いのはチェイスバトル。
これどうやって撮影したんだろう?

ただ、前作同様、ツッコミどころは健在。偽名(ユダ)が攻めすぎ(;^ω^)
前回同様アクションが最高の映画だった。ストーリーはちょっと複雑だったけど、アクションは前回よりかっこよかった。カメラワークもいい。
655321

655321の感想・評価

3.4
シリーズ物の宿命として、世界を広げるためにどうしても規模が大きくなってしまう。

前作と比べてフィクション感は増してしまったけど、個人的にはキャラの魅力でカバーできていたと思う。
k

kの感想・評価

3.7
始まって早々物騒な雰囲気で少し笑った。

前回と違ってストーリー性が強くなって見応えはあったけど、
その分アクション共に少し物足りない感。

それでも、やっぱ凄い。
勧められてシリーズ観たけど、アクション物ハマりそう。。

GOKUDOってのはちょとダサいけど。
UC

UCの感想・評価

4.0
話は…だけど、アクションは満点!その2。

ヤクザの方々、怒鳴ってたり巻き舌だったりで聞き取れないから、日本人勢にも字幕つけて下さいw
前回よりパワーアップしてた。

日本のヤクザは出番少ないけど、面白かったし、見応え十分でした。
麻薬王のビルから生き延びた主人公は、家族を守るためマフィアに潜入し捜査を行う。
捜査を行う中で主人公はマフィアとヤクザの抗争に巻き込まれてしまう…みたいな話

前作同様アクション、カメラワークは素晴らしいです。
ビルの中だけだった前作と比べ、刑務所の大乱闘や車の中などいたるところで行われるアクションは見応え充分で飽きません。
敵キャラにも、ハンマーガールやバッドマン、キラーマスターなど個性的なキャラがたくさんいて魅力があって良かった。
ただ、極道側が必要あったのか?となるくらい影が薄くて残念。
そして、今作は割とストーリー重視なのか、主人公とマフィアのボスの息子とのドラマ要素と抗争という話のせいか割と長いです。

前作と比べるとアクションが物足りなく感じる方もいると思いますが、シチュエーションの多さや敵キャラの個性でカバー出来てるんじゃないのかなと個人的には思います。
前作のラスボスのヤヤン・ルヒアンも出てきます、風貌的にも前作から生き残ったと始めは思ったのですが違うキャラなんですね(笑)
wate

wateの感想・評価

5.0
前作にキャラクター性が強くなった感じ。
背景は語られないですが、人物それぞれにワケがありそうな描写がちらほらあって深読みせざるをえません。アクションピカイチ。
日本の存在感のなさ('ω')
北村一輝もいたのすっかり忘れてたし、そういえばおったなお前wwと思ったらワンシーンでさようなら...👋


前作から続いていると言えば続いている。
前作で唯一生き残ったラマがマンションを脱出後に助けを求めた先でマフィアへの潜入捜査を頼まれて、一度は断るが「お前も、お前の家族も必ずけど殺されるぞ」と脅されて結局潜入捜査に入ってマフィアの抗争に巻き込まれる話ですね('ω')
潜入する為に、務所にマフィアのボスの息子が居るから務所に入って仲良くなれってなるのですが、数ヶ月のハズが結局2年間務所に居たラマくんは不幸体質過ぎませんかね??


戦うだけの前作が成功してかなり制作費が増えたな(笑)と分かる今作は抗争というストーリーがありますが「なげぇよ」の一言に尽きます(°_°)
始まり方はなかなかのインパクトある画で良かったと思う。アクションシーンのスピード感は前作から変わらず凄い。
なのに、ドラマパートの長くてテンポの悪さが残念(°_°)

アクションで使ってる武器はハンマーとかバットとボールとか半月みたいにカーブしてる短刀(?)であまり見ないモノを見れたので面白かったです。
硬球の硬さがヤバイのは分かるけど、遠いところからボール打って相手の頭から血が吹き出た所はちょっと笑ってしまったよ...('ω')


レイドのアクションシーンは本当に全部「痛い!!!!」って感じさせてくるのが凄い。
何本の腕や脚を曲がってはいけない方向にラマくんが曲げたのか...(遠い目)
>|