殺人拳2の作品情報・感想・評価・動画配信

「殺人拳2」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

東京と言いながら9割9分京都ロケ!四条通り〜京劇〜太秦!
山城新伍はコメディアンとしてもっと活躍して欲しかった…。
商店街がどこかわからず悔しい。新京極あたり?
"激突!殺人拳"の続編。
前作と違って千葉真一演じる剣 琢磨が以外と普通の正義のヒーロー的ポジョンにシフト・チェンジ。

剣は相変わらず金のためにマフィアに依頼され殺人に勤しんでる。そのある日、剣の父の親友である空手道場の館長の暗殺を命じられる。
「オレも人の子だから」と命令を拒んだ剣にマフィアからの刺客が次々に襲いかかる!剣の運命は如何に!??

剣VSマフィアの刺客達、構図とノリが"ジョン・ウィッグ2"似てるんだよね笑
出てくる刺客達のエキセントリックさや、想像外の格闘シーンとか。
確かキアヌ・リーブスも殺人拳観て衝撃を受けた言ってたし、拝借してるんじゃないかと思うな笑
特に武器の変な使い方。剣が奪った拳銃で敵の脇腹突き刺すとこ、セオリー通りの使い方しないで驚かすのが"ジョン・ウィッグ"のテイストに近い気が笑
しかし、銃なら普通に射てよ、と思ったな。グリグリ脇腹に突き刺すの効率悪いよ笑

前作同様、千葉真一の顔芸とソリッドな空手アクション満載でお腹いっぱいになるし、やたらと暗かった前作と違って、こっちは少しトーンが明るいのもよかった。何より剣が人間的になったし笑

あと、コメディ・リリーフで山城新伍さんが出てくるんだよ!
サウナで剣に話しかけてくる。「わし、空手やってまして」「四段でっせ、型を見せましょか?」「変形!松葉崩しー」お色気コメディのエースらしい安定のふざけたアドリブが素晴らしかった、でも、必要ないよな、このシーン😂

このレビューはネタバレを含みます

巷は「TENET」祭りで盛り上がってますねーー(´∀`)✨
ボクの場合、そもそも映画館が遠いし…そんでまたタイミング悪く風邪もひいちゃって🤧
世間の波に乗れそうもありません💦

なにやら、逆行を扱っている映画なんでしょ??
だから、せめて逆行に便乗しようと思って…テネットだらけのタイムラインに、千葉ちゃんを投下します🤣✨


これほど、青くて痛くて脆い「逆行」ってあります??💦



というわけで、千葉ちゃん主演のドリジナルカラテファイター作品の続編をいただきました(≧∇≦)‼️



いやいや、前作であれだけ世界中のみんなを置いてけぼりにするような唐突な終わり方をしておきながら、オープニングにまったくつながりナッシング💦

いや、嘘やーーーーーん(≧∇≦)‼️
そんなことある??

これ、ホントに続編なん🤔??
もしかしたら、主人公の名前とかも変わってるんやないの??

なんて?フムフム…主人公は、剣琢磨?

つ・る・ぎ・た・く・ま ?

…一緒だったぁーーーーー(≧∇≦)‼️


あーー、よかった(´∀`)✨

相変わらず、エバラ焼肉のたれを塗りたくったような千葉ちゃんで安心したよ💕



今回は…
竜虎殿の太田黒に、警察に捕まっている経理担当の劉元徳と逃亡中のリオ・グランドルの抹殺を依頼される千葉ちゃん。

この太田黒のクソヤローは、千葉ちゃん以上にエバラ焼肉のたれを塗りたくったようなおっさんです🤣💦


まず、千葉ちゃん。バイクを暴走させ大使館へ。大使館入口あたりでわざとバイクを転倒させて自分はジャンプしてクルクルッと回転しながら大使館内へ🌀🌀

サーカス団員ですやん💦

その後、警察に捕まり警察署へ。劉が取り調べを受けている部屋の前を通るやいなや、千葉ちゃん大暴れ💦
警察官をなぎ倒し、劉の声帯を潰して…壁を壊して、そこから逃げます!!

下で待っているのは新しい相棒のピンボケという女。沖縄民謡を好みます♬


…て、知らんがな💦
そんで、ピンボケて🤣(笑)


ハイ🙋‍♂️この時点で違和感💦
なんだろう?この気持ち…。

前作の千葉ちゃんに比べると、なんか物足りない(≧∇≦)
前作はめちゃくちゃカッコよくなかったのに、今作は普通にカッコよくないんよ💦


ちょっと薄味になっとる🤷‍♂️💦
よく見たら髪型も前作に比べると、真剣佑に寄せてる🤣
あの爆笑しちゃうくらいの、コテコテの立ち回りがやたらスマートになっとる。


なんで??


「アハハ。前作のヒットを受けて続編を作ったのは確かなんだけど、前作のアクションがあまりにもチカラが入り過ぎちゃってね。なかには笑う人もいたみたいなんだよ。こっちは真面目にやってるのにね。だから、今作は少しスマートな感じでやってみたのさ。あまりコテコテだと"ホントに真剣佑のお父さんなんですか?"なんて、若い女の子に聞かれちゃうからね〜💦」


へぇ〜、なるほどね(´∀`)


…て、やかましわ‼️


この頃は真剣佑なんか産まれとらんわい💦
なかには笑う人もいた…って、大抵の人は爆笑しとるわ🤣💦



でね、オープニングこそつながりがなかったものの…前作から引き続いて、じゃがいも短足館長と沖縄殺人空手の使い手の志堅原楯城が出演します✨


後半、エバラ焼肉太田黒がじゃがいも短足館長の抹殺を千葉ちゃんに依頼するんだけど、千葉ちゃんは断ります!!
唯一自分のことを理解してくれた人だからと…。

あれ?千葉ちゃん?
前作では志穂美の悦ちゃんを香港に売り飛ばしたりのまあまあのゴミクズ野郎だったのに、今回はジェントルマンやね🤔✨


「アハハ。前作では確かにそんなこともあったね〜。とんだゴミクズ野郎だね、我ながら。すぐキスしたりするハレンチ野郎でもあったから、そのあたりも含めて…今作ではしっかりとジェントルマンを意識して新しい剣琢磨を演じてみたつもりなんだよね〜💦」



なるほどね〜、そうだったんだ〜😊


…て、やかましわ‼️


すぐキスする場面こそなかったけど、外人さんのおなごをホテルに連れ込んで…しようとしてたやないか💦

おまえはジェームズ・ボンドかっ!!
すぐするセブンかっ💦



太田黒じゃ話にならん!!と、黒幕でもある極東マフィアのボスであるドン・コステロが動き出し、あの手この手で千葉ちゃんを追い込みます。

そして、突然の志堅原💦

「お、おまえ生きとったんかい?」と、千葉ちゃん。
前作ラストで千葉ちゃんに喉をひきちぎられた志堅原。

おもむろに喋り出しますが、人口声帯の器具みたいなんついてて「ワレワレハウチュウジンダ…」みたいな喋り方🤣
しかも、めっちゃゆっくり…💦

おとなしく聞いてあげる千葉ちゃん(笑)

今、仕留められるやーーーん(≧∇≦)‼️


ところが、この志堅原との闘いで千葉ちゃん負傷して3日間寝込みます。
ピンボケの手厚い看病でなんとか復活する千葉ちゃん。

酒を口に含み、傷口にブシャーー💦
全身にブシャーー💦
そして、関根さんのあのモノマネ🤣‼️


いや、だから、それ…めちゃくちゃカッコ悪いんですけどーーー(°▽°)💦


再び、志堅原との死闘。
やはり手強い志堅原。
強そうにはぜんぜん見えない志堅原。
だけど手強い志堅原。

しかし、千葉ちゃんのここぞの一撃で…志堅原、まさかまさかの感電死⚡️


せめて、普通に闘って負けて死のうぜ🤷‍♂️
感電死て、あんまりやん?


追いつめられたドン・コステロはタンクローリーによじ登り、逃亡。
しかし、タンクローリーが壁に激突し炎上🔥

それを見て、ニヤリと笑う千葉ちゃん✨



なに、わろてんねん💦
サイコパスかっ(≧∇≦)!!



んーーー(≧∇≦)やっぱり、前作の爆笑に次ぐ爆笑感が薄れてたーー💦
もっと、さらなる爆笑を期待してたのにホント残念だよ…千葉ちゃん💕



どうやらパート3もあるらしいね(°▽°)

でも、ボクは気づいてしまったんだ。
もうこれ以上、千葉ちゃんについて書くことがないってことに…💦
だから、ここでお別れだ(≧∇≦)

さよなら、千葉ちゃん✨


たくさんの笑いを、ありがとう🤣💕


ボクは千葉ちゃんを踏み越えて、次に進むよ‼️
今となっては実現不可能ですが、千葉ちゃん対セガール、石橋雅史対ドニー・イェンを見てみたかった。
千葉真一の顔芸、荒ぶる肉体。様々な格闘技と武器が入り乱れ一瞬も目を離せません。最高でした。話はもう忘れましたが、沖縄民謡が流れるシーンで沖縄やくざ戦争の千葉真一を思い起こしてしまい、なんてことないシーンで笑ってしまいました。ほんと元気のでる映画です。山城新伍がサウナで千葉真一に話しかけるシーンは最高でしたね。ほぼ一人漫談で、千葉真一笑っちゃってましたよ。何やってんだこいつって感じで微笑ましいです。
藤見緑

藤見緑の感想・評価

3.0
アクションで眠くなってしまう。サウナのところは何かでみたことあるな
じみー

じみーの感想・評価

3.0
千葉真一の眉毛に視線はクギヅケ。アクションの要請に応えた荒唐無稽なストーリー。冒頭のバイクチェイスで、カメラの前を走りすぎるバイクを繰り返しつないでいくやつはよかった。
よし

よしの感想・評価

3.5
武術特盛。けどそれらを上回るのはやっぱりサニー千葉の圧倒的気迫に満ちた顔ヂカラと唯一無二の存在感。前作からパワーアップさせようという気概が伝わってくる!刑務所のシーンから掴み充分。そして刺客として送られてくる達人たち。サウナにスキー場と柱立ても面白い。単純ながら燃えるプロットは、例えば今日でも『ジョン・ウィック』シリーズ2, 3辺りも彷彿とさせるようにやはり最高。目ん玉飛び出すの全力で漫画、目潰される人もいっぱいいる。燃え上がる様子を見る最後の顔がいい
あまりの拳の威力に相手の目も飛び出す殺人拳シリーズ二作目。アジアの様々な格闘技や武器使いと雪山やサウナなど多様な場所で戦うバトルロワイアル状態。そのためキャストの横に(空手)(拳法)(ムエタイ)と格闘技の名前がついてて楽しい。異様な迫力と勢いでつじつま合わせやツッコミをさせない83分。いかに映画とはバラバラなモノをつなぐ芸術なのだということを気づかされる。エンドロールの出方が異常に格好いい。
激突!に続く第二弾。ヒットしたのですぐ続編となったようだ。空手家と沖縄空手の対決を軸に千葉真一が大活躍、両団体入り乱れて戦いまくる。アクションの切れは、前作より明らかに上回っている。個人的には、この2のほうが面白い。石橋 雅史が前作でやられたはずがまさかの復帰。ビル屋上での雨降る仕切る中での対決は名シーンでしょう。早く続編が観たい。
>|