天国は、ほんとうにあるの作品情報・感想・評価

「天国は、ほんとうにある」に投稿された感想・評価

神を信じる信じないは人それぞれの考えなので、天国に行ってきたって話は興味をもつ人、バカにする人バラバラだと思う。
自分は信じてない側ですが、家族愛や言葉のキレイさがすごくいいと思った映画でした。
トッドが最後に辿り着いた答え、それを表現する言葉の美しさ。

前半も題材に身構えて見始めたのにトッドの災難が「人の不幸は蜜の味」的な面白さだったり、家族の仲良さにクスッとしてしまったり、とても暖かで素敵な作品でした。

アキアナ・カラマリックちゃん調べてしまった。
しな

しなの感想・評価

3.5
実際に天国を見たという男の子と、それを信じるか信じないか葛藤する両親や周りの人々の心情、兄弟愛も美しく描かれていた。
お岩

お岩の感想・評価

4.1
この牧師さんの指導の特徴は現実に即していて具体的なところ。
しかし、1つの問題が起こる。
息子が手術を受けた際に天国に行った体験をしたという。
この神秘体験は特殊なゆえに万人には受け入れ難い。
どう捉えていいのか悩む話。

この子供の話をただの奇跡体験で終わらせていたら、低評価に留まっていた。
しかし、最後の牧師のたどり着いた答えが、誰でも理解できるよう現実に立脚した信仰の話まで落としこめていたので高評価をつけた。
宗教的な事は何もわからない上で、
個人的には信じる側にいる私は前向きな気持ちで観賞することが出来ました。
いつか会いたい人がいる場所にいける。そう思うとむしろ楽しみでたまらないではないか。
沢山楽しく生きて小ネタをドッサリ持って出かけたい。

死んでみないと何もわからないけれど、
未知と言えるもの、今は解明されているもの全てにおいて、いつもまことしやかに共通知識として知られている情報はある。

そおいったものはもしかしたらこんな風に見せられた少数の人間によって広められたもの、認知されたものなのかもしれないなぁとぼんやり思いながらみてました。

例えば今広く使われる占いの元になるようなものも、実際、どんな風にしてこの基礎を作ったのかまったく謎らしいし。

不運がそのタイミングその時には不運かどうかなんて時がたたないとわからないというような表現が序盤でありましたが、
まさにこの物語もそお言うことなのかもしれませんね。

スピリチュアルと言われるような部類に入るようなことを前向きに信じてると言うと白い目でみられるので言いませんが笑、

そお言うものを差っ引いても、
そんな風に信じておいた方が良い事がありそうな感じじゃない?と思うのです。
予告があまりに良くて
感涙したので借りたけど

泣かせるよりは考えさせる感じでした



キリスト教を信じてるけど、実際天国を見たって人を信じるのは難しい人々 の姿を描いています
Mutsumi

Mutsumiの感想・評価

3.0
宗教の根本がわかってないので、映画の本質は理解出来てないかも。
ピロ

ピロの感想・評価

3.5
2018.11.18
CSムービープラス録画。
うん。天国は、ほんとうにありますね。
しかし何故こんなにお金に苦しんでるの?神父さん一家。
神父の美人の奥さんが、スパニッシュアパートメントの人っぽいなーと思ってたら、やっぱりそうでした。
2018#72
牧師トッドの息子、コルトン君👦🏼(3歳カワイイ💛)✨の臨時体験を元にした実話ドラマ🎬涙涙の感動ドラマかと思いきや①父親の職業が牧師②コルトン君が『キリスト様に会った』とか言い出す…この点で観客側はやや冷めます(´・∀・`)勘ぐらなければ素敵なお話ですがやはり賛否あるかと思います。うさんくさく感じると評価が下がる⤵️作品。✨天国の映像化✨はとても美しいでつ👌🏻
holly

hollyの感想・評価

3.5
天国と地獄があるならもちろん天国に行きたいし、亡くなった大好きな人は天国にいてほしい。
>|