アメイジング・ジャーニー 神の小屋よりの作品情報・感想・評価

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より2016年製作の映画)

The Shack

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:132分

3.1

あらすじ

愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前…

愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前だった。そんなマックの元へある日、「あの小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届く。疑念を抱きつつもマックは一人、山小屋へ向かう。そこで待ち受けていたのは想像を遥かに超える出来事だった―

「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より」に投稿された感想・評価

む

むの感想・評価

3.3
きっとクリスチャンか、もしくはキリスト教文化について知っていないと全く理解できないお話でした。
素敵でした。
久しぶりに見た映画、2017年をしめる最後の映画。真夏のクリスマスの夜に、愛する人たちと。神とイエスと聖霊の立ち位置が目に見える形で描かれてて面白かった。

「鳥は飛ぶために、人は愛されるために創られた。」
Shinobu331

Shinobu331の感想・評価

3.0
赦す事。赦されていること。
今迄の自分の人生で起こった 様々な事に対して、感謝できるようになれたような気がします。私にとって、とてもいい映画でした。
キリスト教のお話
ある程度この分野に理解のある人でないと難しいお話かもしれない
ゆー

ゆーの感想・評価

2.5
キリスト教じゃないと難しい…
あんなひどい事されても赦さないといけないなんて理解出来ない…
Fox55

Fox55の感想・評価

3.0
中々難しい
全部理解したかどうか....
主人公はクリスチャンだけどこれはイスラム教や仏教も意識しているのかな?

昔のRobin Williamsの映画を思い出します。
なんだったけな...
花心

花心の感想・評価

3.0
キリスト教の考え方をわかりやすく教えようとしている感じの映画。 
時代背景を現代社会に置き換えているので、理解しやすかったです。
jocx

jocxの感想・評価

3.3
この映画はキリスト教徒でないと分からないかもしれない。三位一体の存在、人は死んだらどこに行くか?そして赦すとは?
心に闇を抱え、最愛の娘を奪われ、どうしたら救われるか?人間の最大のテーマ赦し、優しい映画だけど分かりづらいかも。多分、キリスト教でもプロテスタントだと思われるが、悩んでいたり、どうしても許せないことがあったり、キリスト教を知りたい人は観る価値有りです。
chikurin

chikurinの感想・評価

3.0
泣きました。
すごく感動するんだけど、宗教観が強い。
日本人より、欧米の人向け映画かも。
kei188

kei188の感想・評価

3.3
宗教観...日本人には合わないでしょうな。
宗教という概念をあえて捨てて見ていけば、親子の愛情のドラマとして見えれば、納得できます。
>|