アメイジング・ジャーニー 神の小屋よりの作品情報・感想・評価

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より2016年製作の映画)

The Shack

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前…

愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前だった。そんなマックの元へある日、「あの小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届く。疑念を抱きつつもマックは一人、山小屋へ向かう。そこで待ち受けていたのは想像を遥かに超える出来事だった―

「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より」に投稿された感想・評価

のこ

のこの感想・評価

3.5
長女がボートに立ち~ひっくり返り~弟が~妹ミッシーが~
すべて自分のせいと心を閉ざしてしまった長女が再生された時には単純に涙しましたが。。。
人を許すこと~犯人をも許すこと~を解いていく映画の神様は何かよくわからなくて
違和感がありました。
宗教色満載で、一般的な思考回路の人間には、ちょっとついていけ無いなというのが正直なところ。
友達がなんかチケット2枚もらっていったんだけど、理由は言わないけどHoly fuckな映画でした。今年で1番笑ってしまって周りに申しわけなかった。
SU

SUの感想・評価

2.8
中弛みが激しく、主人公の立ち直っていく過程がどうも入り込めず。。序盤がとても良かっただけに残念な仕上がり。

このレビューはネタバレを含みます

オクタヴィア・スペンサーを見たくて劇場へ足運びましたが、こりゃもう宗教色がめっちゃ強い作品でした。
ですがつまらないものではありませんでした。
サム・ワーシントンも頑張ってたし、Kidsがみんなうまかったですね。物語のキーになる末っ子ミッシー役の子が良かったです。

裁く、 この作品でその言葉の意味に共感を覚えました。自分も知らず知らずのうちに、自分以外の人たちを裁いてしまっていたんだな。
深く反省いたします。

マッケンジー・フィリップスの父親はあの殺虫剤入りのお酒では亡くなられてないと思うんだけど、どうなんやろ?
mimune

mimuneの感想・評価

3.4
私は一応クリスチャンなので、一般人として純粋にこの映画を観ることができない。
けど、だからこそ自分が内容に納得できるかどうか、真剣に考えながら観た。

宗教色は確かに強いと思うけど、
それでも、何か理不尽な辛いことがあったときに、
それをいつまでも引きずって復讐したり悲しみに浸ってるより、
残った人達と一緒にこれからを大事に生きようって心を入れ替える方が、生産的だし幸せだと思う。
そういう意味で、理不尽な不幸に遭ったときにそれを乗り越えるひとつの方法として見れればいいんじゃないかとか…。難しいけども。

私自身、なんで神様がいるのにこんな不幸が世の中に溢れてるのかと思ったことが何度もある。
そんななかで、この映画の英知とのやり取りが印象に残ってる。

神様は、人間を自由に作った。きっと良いことばっかりするように作ることもできたけど、本当の自由を与えたくて、悪いことも含め何でも自由にできるように作った。
そして、神様以外の誰にも誰かを正しく裁くことはできない。

ただの宗教映画として観るんではなくて、こういう考え方をすれば、他人を赦せる人間になれるのかなとか、思いながら観るといいんじゃないかなと思う。

観たあとにクリスチャン同士でも、またクリスチャンでない人とも感想を語り合ってみたい映画。
ぺふ

ぺふの感想・評価

2.2
いやーバリバリの宗教家映画でしたわ。もう説教臭いことこの上なし。

最初、子供達が溺れて末娘が連れ去られる、そして悲しい結果に至るまでの展開が本当に素晴らしいので、その後の落差にやららるのよね。

Hidden figures に出てくる女優さん、息子役、エンドロール出るまで誰かわからなかったけどスミレちゃん。みんな魅力的な役者さんだし、小屋も居心地よさそうでこれはいける?と思ったが、やはり説教臭さには勝てず。
最後も夢オチ⁈と驚愕。

とても見る人を選ぶと思います。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.6
すみちゃんのハリウッドデビュー作。
皆で一緒に並んで観た。
泣いた。
テーマは「赦し」
私にもなかなか赦せないこと、手放せない事がある。
色んな人種をあえて使っているキャスティングにもこだわりを感じた。
ai

aiの感想・評価

3.5
この映画を題材に鑑賞会をやったら小さなカルト教団が作れそうだと思った。想像以上にスピリチュアルだった。そりゃ、奇跡を目にしたら誰だって信じますよ。花畑の喩えや、神が苦悩を止めない理由、「英知」の試練など、良い所も色々あったけど、奇跡を乱発しすぎたせいで非現実的になってしまった。サム・ワーシントンの演技は良かった。
アメブロを更新しました。 『「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より」宗教色の強い内容ですが、思ったより楽しめました。』 https://twitter.com/yukigame/status/908753336463060992
>|