アメイジング・ジャーニー 神の小屋よりの作品情報・感想・評価

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より2016年製作の映画)

The Shack

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:132分

3.1

あらすじ

愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前…

愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前だった。そんなマックの元へある日、「あの小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届く。疑念を抱きつつもマックは一人、山小屋へ向かう。そこで待ち受けていたのは想像を遥かに超える出来事だった―

「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より」に投稿された感想・評価

Shinobu331

Shinobu331の感想・評価

3.0
赦す事。赦されていること。
今迄の自分の人生で起こった 様々な事に対して、感謝できるようになれたような気がします。私にとって、とてもいい映画でした。
キリスト教のお話
ある程度この分野に理解のある人でないと難しいお話かもしれない
ゆー

ゆーの感想・評価

2.5
キリスト教じゃないと難しい…
あんなひどい事されても赦さないといけないなんて理解出来ない…
Fox55

Fox55の感想・評価

3.0
中々難しい
全部理解したかどうか....
主人公はクリスチャンだけどこれはイスラム教や仏教も意識しているのかな?

昔のRobin Williamsの映画を思い出します。
なんだったけな...
花心

花心の感想・評価

3.0
キリスト教の考え方をわかりやすく教えようとしている感じの映画。 
時代背景を現代社会に置き換えているので、理解しやすかったです。
jocx

jocxの感想・評価

3.3
この映画はキリスト教徒でないと分からないかもしれない。三位一体の存在、人は死んだらどこに行くか?そして赦すとは?
心に闇を抱え、最愛の娘を奪われ、どうしたら救われるか?人間の最大のテーマ赦し、優しい映画だけど分かりづらいかも。多分、キリスト教でもプロテスタントだと思われるが、悩んでいたり、どうしても許せないことがあったり、キリスト教を知りたい人は観る価値有りです。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【一言】いい映画でした。いい作品だと思うので先入観を持たず観てみることを願います。

【OnePhrase】Who wouldn't be skeptical when a man claims to have spent an entire weekend with god? In a shack, no less.
And not just any shack. This was the shack. What I'm about to tell you is a little on the... Well, it's a lot on the fantastic side. But that doesn't necessarily mean it's not true.
(週末を神様と過ごしたなんて言ったら、誰が信じよう?それが小屋の中だったら、なおさら。
他でもない、まさにこの小屋の中で。これから話すのは、この・・・ そうだね、幻想的な話って言うのかな。でも、これが真実ではないってことじゃない。)

【放言・雑記】「宗教」という言葉の下にこの作品を突き放す多くのレヴューを目にすると、自分はどうしても『銀河鉄道の夜』を思い出すのだが、この映画は、宮澤賢治氏のその未完の作品に似ているかなと感じた。

二作品とも、描かれているテーマは通底する。何か答えや救いを求めて旅や、彷徨を続けるというベースも同じだ。
しかし、日本人でおそらく、氏の作品が宗教の小説だと言って切り捨てる人はいないだろう。それがいい加減なイメージ(先入観)上だけの問題としても、しっかり内容的に知った上でもだ。

あえて言えば、「宗教」という言葉ではなくて、それは「信仰」というものに置き換えるべきだ。

「信仰」、信ずるものは誰しも持っていると思う。大きな事件によってそれが失われたり、懐疑を抱くに至ることがある。救いを求めるという行動や思考も「宗教」とは関係無くて、これは人間的なものだ。

作品のモチーフは、聖書の中の「ヨブ記」だと手っ取り早く解説もされるが、これは、彼の神に対する信仰が、神とサタンの間でゲームにも似た感覚で「試練」が与えられながら、試される、問われるという章だ。

本作の解釈なんてものも、ホント人それぞれで自由なんだが、しかし、宗派や教義等の、信ずるものが特に何もない人が、安易に、無意識に、「宗教」という言葉で、全て片付けてしまう発想、思考パターンって怖いと思う。
chikurin

chikurinの感想・評価

3.0
泣きました。
すごく感動するんだけど、宗教観が強い。
日本人より、欧米の人向け映画かも。
kei188

kei188の感想・評価

3.3
宗教観...日本人には合わないでしょうな。
宗教という概念をあえて捨てて見ていけば、親子の愛情のドラマとして見えれば、納得できます。
小原

小原の感想・評価

-
キリスト教信者の知人にとくとくと『町山智浩映画ムダ話』の丸パクリで『沈黙ーサイレンスー』の話をした時、その知人が「『沈黙』よりずっと感動した」とこの作品を超強力おすすめしてきた。
知人曰く「『沈黙』の答が『アメイジング・ジャーニー』にある」とのこと。
信仰心も知識も足りない私には、そのあたりはいまいち分からなかったが、深く傷ついた人が信仰によって支えられるというストーリーが必要とされ、その作品に救いを見出す人が少なからずいるということは分かった。
ちなみに『町山智浩映画ムダ話』はどれも面白いけれど、その中でも『沈黙ーサイレンスー』は傑作!
2017.10.27
>|