夏休みのレモネードの作品情報・感想・評価

「夏休みのレモネード」に投稿された感想・評価

4,5年ほど前に大学図書館で鑑賞。

【あらすじ】
 70年代中ごろのシカゴ。アイルランド系カトリックの両親のもと、いたずら盛りの8歳児ピートは、いつも学校でシスターから「悪い子は地獄に落ちる」とお説教されています。そんな彼が地獄行きを回避するため夏休み中に何か善いことをしようと思い立ちます。
 異教徒をカトリックに改宗させれば聖人になれて天国に行けると教わったピートは、早速近所のユダヤ教教会堂に出かけました。そこで出会ったラビ(ユダヤ教の宗教指導者)の7歳の息子ダニーが白血病と知り、彼に聖体拝領(パンと葡萄種を食べるアレ)を受けさせ天国に行かせてやろうと考え…

【雑感】
 カトリック系大学の図書館に置いてあるだけあって、内容もそれっぽい。ただ、くどくどと宗教観を語るのではなく、子どもの目線を通して瑞々しさを以て生死について考えさせられるお話でした。

原題のstolen summerのがいい。

でもレモネードばりに爽やかな映画。
日本人は信仰心が希薄だから分かんないなー、じゃなくて、もっと違う何かに置き換えて観るべきだ。

オフビートな演出、というかぶつ切りのある意味下手なカット移行もいいのかも。
ただ、カットバックしないほうが良いよなあと何度か思うシーンはあった。
序盤でピートが何気無く空を見上げる瞬間があるけど、それが終盤大きく意味を持った目線になる。あれ良かったな。
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
1976年、シカゴのアイルランド系カトリック教徒の家族と、ユダヤ人のラビの一家。

生活の中に信仰は深く入り込んで、それは子供の世界にも。

日本ではあまり馴染みのない光景に初めは戸惑ったけど、見続けていくと最後には辿り着く。
その答えが素晴らしい。

子供の目を通して複雑な問題を分かりやすく描いている。
最後はやっぱり泣いちゃったよ。
てるる

てるるの感想・評価

4.5
埋もれた名作ってまだまだあるんだな。

カトリック教徒のピート。
ユダヤ教徒で白血病のダニー。
ひょんなことから友達になった2人が過ごす夏休み。

ピートがダニーを天国へ行かせたくて取る行動がめちゃくちゃ微笑ましい。
まさに行動力の化身!(ポプテ風w)
この2人のやることずっと観てられるわ。

大人たちの心配とか、宗教の違いとかを軽やかに超えていく。
子供の無邪気さからくる疑問がズバズバ真理を突いてきて凄まじい。

何よりこの2人の男の子がホントに可愛いくて初々しい。
これが瑞々しい演技ってやつか!

名言とかハッとさせられるセリフが多すぎて困る。
その中でもあの言葉をラストにもってくるセンス。
そして反目し合っていた父親2人のやり取りに目頭が熱くなる。

病気なんだけど、あざとくないサラッとしたストーリー展開や演出。
それでいてボロ泣きさせられ、でも観たあとに爽やかな気分になれる最高の作品。
tomomi

tomomiの感想・評価

5.0
そんなのイエス様らしくないよ。

覚えておきたい言葉が沢山あって、
覚えておきたいシーンが沢山あって、
忘れたくない真っ直ぐさが沢山あった、
最高の映画だった。

純粋に真っ直ぐ物事を捉えて、考えることができるって素敵だな、
mtmtmt

mtmtmtの感想・評価

3.8
想像以上に良かった

この映画見たら宗教戦争少なくなるんじゃ。。?!と思う、宗教に全く興味のない仏教徒であった
MaoHirose

MaoHiroseの感想・評価

3.9
子どもの力ってすごい。。

天国に行くにはどうしたらいいの?の疑問に対して、考えて動く姿が本当に生き生きしてて、元気もらえた。
宗教によって考え方は様々なのだろうけど、最後にピートが見つけた答えは素敵だと思う。

ピートの疑問に答える神父さんやラビ、お母さんも。言葉がすごく優しくて、子どもを見守る大人の寛容さが感じられた。

何より、こどもの行動によって大人たちの考え方が変わっていくように感じて、こどもの力ってすごいって感じた。
YURINA

YURINAの感想・評価

3.5
少年たちの成長ストーリーかと思いきや実際に成長したのはその父親たちのように見えた。

宗教は生きやすくするためのものだと思っていたけれど、キリスト教の子供とユダヤ教の子供という2人の間に宗教の違いという溝が生じるというストーリーは無宗教の私にとってはそういう人間関係のすれ違い方もあるのかと少し新鮮だった。
ただ、その人自身の否ではない部分ですれ違うのは本質が見えていないような気がして苦手だからこれからの時代ではなくなっていってほしいな。

素敵だったけど頑固な父親のせいですれ違ったまま死別してしまった事実を許さずにいる。
m

mの感想・評価

4.3
詰めることの難しい宗教観の距離を無垢ゆえに易々と超えてしまう
knkne

knkneの感想・評価

3.6
原題素敵。
宗教による信仰の違い。
その壁を乗り越える友情。
死の持つ意味。
僕は無宗教だけど自分の大切にしている教えで誰かの為に祈りを捧げる、という行為は素晴らしいことだと思う。
天国に行かせてあげたいという子どもの無垢な優しさに心を打たれる。
それとは逆に神ではなく自分、または世間を気にしすぎた大人の曲解した解釈に歯がゆさを覚える。
名セリフがちらほらあるし鑑賞後に爽やかな気分になる。
>|