エクトプラズム 怨霊の棲む家の作品情報・感想・評価

「エクトプラズム 怨霊の棲む家」に投稿された感想・評価

「悪魔の棲む家」「エクソシスト」など、実話を基に…系映画。
恐いばかりでなく、家族愛が強く描かれていて最後は少し救われる。
バージニア・マドセン主演でテンション上がった❗
You

Youの感想・評価

3.5
※※壁の中に...※※

前半は派手な演出もなく、雰囲気で恐ろし空気を演出してました

ちょっとしたシーンで親子愛を演出していたのも良かったです
【字幕/録画視聴】
実話を元にしたという、引っ越したらお家が呪われてました映画。よくある設定だし演出も地味目なのだけれど、空気感や質感が良く観ていて心地良かった。後半は悲しい話を見ている感覚が強くてホラー感薄かった印象。後味よろし。
village123

village123の感想・評価

3.5
ガン治療のため、病院近くの古い屋敷に引っ越してきた一家に忍び寄る恐怖。当初は治療の副作用による幻覚かと思っていたが、しだいに事態は悪化し、過去にその屋敷で何があったかを知ることになった。

曰く付きの屋敷に引っ越してきたら、超常現象に見舞われるという古典的なホラーだけど、後半の盛り上がり方や、少年の病的な様子がなかなか良かった。
時代設定は1987年だけど、あまり時代性を感じさせない作りで、古臭さを感じなかった。
怖さよりも、雰囲気やストーリー性を楽しむ映画だと思った。
タビ

タビの感想・評価

3.5
怖かった😱
ガチで怖かった、超怖かったよー😭
これ、実話やなんて恐ろし過ぎ😨

序盤から中盤にかけては腰が抜けるかと思う程でしたよ。実際1人で声を上げてびびってました。そんな時にウチの猫はタイミング良く?遠くで物哀しく鳴きよるのです😅余計に怖い。

終盤にかけては謎が解けて来るのですが、なんとも悲しい。ジョナ良かったね。
マットも良かったね😊

両親共に息子に対する愛ややるせなさ、悲しみ苦しみを丁寧に描いていたように思います。
怖かったけど面白かったです😺
死者は成仏させなアカンよね🤷‍♀️
サバ

サバの感想・評価

3.5
実話を元にしているらしい。じ、実話って怖すぎる😱
アメリカの古い家って本当怖い。地下室やら、屋根裏部屋やら😱😱

末期がんの息子マットを含む5人家族が、治療のため、病院の近くに引っ越しをする。いわくつきの物件だけど、治療費やローンを抱えてるので家賃が安いからと。
引っ越しそうそうにマットには恐ろしい物が見える。死が近いのであの世とこの世の狭間にいるから!?
それは誰にも言えない。言ってしまうと幻覚を見たとなり治療をストップさせられてしまうから。

映像も良く出来ていて、古い感じやら、何気なく鏡の隅に何者かが😱だったり、
いきなり目の前だったり、怖さ半端ない。
こんな怖い家でかくれんぼなんかしちゃダメ!屋根裏部屋に上がったり、へんなところに入ったり、もうドキドキ🙀
怖さばかりでなく、がん患者を持つ家族の苦悩も。治療にかかるお金も凄いし、お父さんも分かっているんだけど、どうにも出来ないこの気持ち、もう‼️みたいな。
お母さんの子を思う愛情、どうかこの子を連れて行かないでと祈る姿にも😢
最後泣けたよ〜😭




ネタバレ
- - - - - - - - - - - - - -

ナレーションでその後の事が語られるけど、不思議だね。がんが消滅って、奇跡があるんだ。マットが必死にいろんな人の魂を解放してあげたから?
健康になってよかった😄
moe

moeの感想・評価

3.8
彼はまだ十代なのにガンになり治療の為に母親と車で通うには今の家では遠すぎた。
いわく付きの家だと知っていたが、治療費やローンもあり家賃の安さで母親は即決した。
他にも父親3人の姉妹弟も一緒に住むことに。
おかしな現象は直ぐに起こった。この世に存在しないモノが病気の彼にだけみえる。しかし家族には言えない。
何故なら幻覚がみえたら今の治療はやめる。という事で、死を意味していたから。。
霊は何かを伝えたいのでは、、。という牧師の助言。

ラスト、物凄い光景と、彼の命懸けの決断とそれを上回る母親の愛情に涙が出そうでした。。
わたしも金縛りにあったら(3年に1回程度)
どうしたの?って聞いてみようかな、、(無理)
ooo

oooの感想・評価

5.0
家でお姉ちゃんと一緒に観て
観た直後にお姉ちゃんがトイレ行くから
リビングに一人取り残された
瞬間映像とか思い出したら怖くなって号泣して
お姉ちゃんと一緒にトイレ入ったぐらい怖かった

洋画のホラーでここまで怖いのは初めて
mynipponia

mynipponiaの感想・評価

3.8
ストーリー、演出、どれもが平均越えの良質なホラー。
末期ガンの息子の治療のためある家に引っ越してきた一家。しかしその家は過去に降霊術を行う霊媒が住んでいた、といういわくつき。一家は引っ越してから、様々な怪奇現象に見舞われる。

鏡面に映り込む人影や画面を素早く横切る何かなど、オーソドックスな手法だけでじわじわと怖さを煽ってきます。
家族愛の描写も切なくて良い。
タイトルが思い出せなくて数年越しに再度観ました。
過去に黒魔術を用いた会合の場所として使用された家に末期ガンの主人公とその家族が病院から近いのと賃料の安さで住むことになった。
末期ガンの主人公マットは地下室を気に入り過ごすが毎晩悪霊にうなされるが、末期ガンのため幻覚や幻聴は病気のせいだと家族や病院関係者に信じてもらえず事態は悪化していく。

本作は実話を基に作られたお話しだそうです。個人的にジョナがすごくいい味出したキャラだなぁと思いました。
好きなホラー映画の1つです。
>|