グッドナイト・マミーの作品情報・感想・評価

グッドナイト・マミー2014年製作の映画)

Ich seh, Ich seh/Goodnight Mommy

上映日:2016年01月12日

製作国:

上映時間:99分

3.1

あらすじ

繰り返される「今日」― 待つのは「死」か、「明日」か。森とトウモロコシ畑に囲まれた田舎家で、9歳になる双子の兄弟が母親の帰りを待っていた。ところが、帰宅した母は整形手術を受けて顔全体を包帯でぐるぐる巻きに覆った姿に。その日から、それまでやさしかった母は、別人のように冷たくなり兄弟は本当に自分たちのママなのか疑い始める。ママのフリをして成りすましているのかもしれない包帯女の本性を暴くべく、双子は本…

繰り返される「今日」― 待つのは「死」か、「明日」か。森とトウモロコシ畑に囲まれた田舎家で、9歳になる双子の兄弟が母親の帰りを待っていた。ところが、帰宅した母は整形手術を受けて顔全体を包帯でぐるぐる巻きに覆った姿に。その日から、それまでやさしかった母は、別人のように冷たくなり兄弟は本当に自分たちのママなのか疑い始める。ママのフリをして成りすましているのかもしれない包帯女の本性を暴くべく、双子は本当にママなのか試す行為に出るが、徐々にエスカレートしていく…。

「グッドナイト・マミー」に投稿された感想・評価

ラストショットで、お、おう... と思った。
喪失感がどこにも見当たらないからおぞましいだけ。
いや、でも、それって恐ろしい事かも?
takako

takakoの感想・評価

4.0
怖いけども!
co2

co2の感想・評価

2.8
かなり早い段階でどういうことがわかる。
後味が悪いのと虫が気持ち悪い。
かすみ

かすみの感想・評価

2.5
記録 ×

親子、ゴキブリ
KENTAROH

KENTAROHの感想・評価

4.8
【ハンパなく教育に悪い傑作ホラー】

まんまとハマりました。
観てない方はとにかく観て欲しい。

ビックリ映像なし
激しい流血もなし
それでもこんなに恐ろしい映画は珍しい。

何もネタバレしたくないから内容は書かないけど今年ナンバーワンのホラーでした。
keeper7

keeper7の感想・評価

2.2
レビューやあらすじなどから鑑賞前は「ピクニックatハンギング・ロック」や「ミツバチのささやき」系の少し変り種のもしかすると名作?イメージだったがちがった。同じ系統なら「ぼくのエリ 200歳の少女」(リメイクは未見)と作風が近いか。

全体的に起伏のないトーンで所々印象的なシーンが入る。グロシーンや先を気にさせる引っ張る感じはいい。だが「ぼくのエリ」もそうだったが、自分はもっとエンタメ性のある作品が好き。

このレビューはネタバレを含みます

 実は双子の片方が死んでて片方がイカレてましたぴょんぴょ~ん! 
 という話はどうでもいいんすけど、オーストリア産という事で、これまで見た事が無い変態描写が多くて戦慄!
 甲虫バリバリ、シンクロナイズド悪夢、虫めがねの刑、お口ボンド等々、シャレオツな絵面とのギャップが凄くて草生えるような生えないような。あそして赤十字のオッジとオッバが鍵開いてるからって勝手に入って来て二階にまで上がってくるのウザ過ぎてヤバイ。やっぱ本場欧州のアレは一味違うなと思いました(適当)。
 また、メインの双子が非常に美形なので、ショタコンの人には嬉しい映画なんじゃないかと思います(超適当)
Pikao

Pikaoの感想・評価

3.0
グロくはないけど痛いシーンや虫が出てくるので苦手な人は注意

男の子の演技がよかったです
ぽん

ぽんの感想・評価

-
(ドイツ)良い意味で日本のポスターは詐欺。あ、そういうことか、って気付いてからがめちゃ怖い。辻村深月好きはきっとハマる。ひっかかる箇所を拾い集めつつ、意味を考えつつ読んで、二周目読みたくなるかんじが。
>|