マーターズの作品情報・感想・評価

「マーターズ」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
順番間違えてリメイク版を先に観ちゃった。
でも、ある意味ソレが正解だったかも知れない。

中盤迄は、表現等の細かな差異は有る物のリメイク版と同じ展開。
その後が全然違う。

宗教思想的な部分ではリメイク版も同じなのに、あちらは殺し合いの末のダークエンド。此方は………

オカルト系でもサイコ系でも無い、宗教哲学系ホラーとでも言う感じの作品でした。

観終わって、全然関係が無いのにジョン・ソールの小説を想い浮かべた(笑)
ふるち

ふるちの感想・評価

4.0
幼い頃に拉致、監禁、激しい虐待を受けた女性2人が脱出して10数年後、復讐する話かと思いきや、衝撃的な展開に。トラウマランキングは上位。グロさは平気だが痛さ、辛さは結構こたえる。劇中に出てくるカルト集団、本当にいそうで怖い。ハリウッドリメイクもされたがオリジナルはマジでヤバイ。
結構昔に観て、記憶がだいぶ曖昧になってたので久しぶりに再鑑賞。あぁこんな話だったっけ?! 意外とシンプルだったな。で若きグザヴィエ・ドラン出演にニヤリ。

リベンジものに始まり、拭い去れないトラウマとの対峙へとシフトし、そっから方向転換して果てない暴力の煉獄へと突き落とされる。痛みを受け入れた先の何かっては面白いよね。いい歳こいたジジイやババアが集まって、何を聞きたいんだよ?!

あと長い間監禁されてた女の妖怪ばりのビジュアルだけど、この作品以上に酷い有様って他の作品でもまだ出てきてないんじゃないかな?それだけのインパクト!みた瞬間『見てはいけないもの』を見ているかのようなタブー感。それを生み出しただけでも評価できる!
眠かったのもあり正直よく分からなかった。あの組織は人の極限の状態を研究している組織だったのか?わからないことが多すぎて面白くなかった。ホステルのがグロくてストーリーあって面白いと思う。
ほぼ予備知識無しにレンタル。なんとなくグロいんだろう程度で見ました。
思ったほどグロテスクではなかったですが痛々しいシーンもありました。ウッとなります。意外とグロを楽しむだけのホラーかと思いきや難解なストーリーでした。何故彼女らは凄惨な虐待を続けられたのか?誰がなんのために?というのは分かりますが、、、。主人公たちの行動がいまいち理解できず何してんだと思いながら見ていました。また、ラストはでしょうねという感じで広げすぎたテーマから逃げたように思います。
だからこそ見た人が考える余地も生まれるのでしょうけど、、。
そんなめちゃくちゃグロでも無かったし、胸きゅ〜なるほど胸糞でも無かったな…
幼き頃の主人公たちの事思うと、ちょっと胸糞やったけど、、、。
途中「サプライズ」的なスカッともあってよかった。
T兵衞

T兵衞の感想・評価

2.4
味気ないスプラッター、ありきたりな胸クソ展開、印象の薄い謎カルト組織。びっくりするほど微動だにしない私の情動。冒頭だけ良かった。

それにしてもホステル良かったなぁ....。
突き抜けた映画
あの締めのアイデアと鉄の拘束具のあれ
そして静かな雨とガラスの弾ける音。

おっと忘れてた
あの温かい家族の談笑から〜へのシークエンスには脱帽。

満点にならないのは
ただ拳で殴るっていう面白みがまるでなかった部分。

映画的にホステルみたいな残酷な遊びで繋いでたら
完璧だったのに。

もちろんフレンチなハリウッドの公式に沿わない感じは
好みだが、ただ拳で殴るってのは・・・
あれ?ここにはアイデアなかった?と何度見ても思ってしまう。
棒で殴るだけでもまた感じが変わってくるのに。
しかもこれらは〇〇には理由があるわけで
より意味が深まる。

ずっと歯がゆい。

大好きな映画。
とにかく始めのアレから戸棚のアレ
中盤の雨とアレ
そして最後のアレ
音の使い方が残酷ですごい。

凄まじい。
青二才

青二才の感想・評価

3.5
序盤に、監禁・虐待された過去を持つリュシーが復讐をあっさりと果たしてしまったが、後にあんなえげつない展開が続くとは思いもしなかった。
中盤以降には、グロさはほどほどだったが、精神に訴えかける描写が続いた。そして虐待に次ぐ虐待で、暴力と暴力と暴力しかなかった。
終盤は、アンナの抵抗する気力すら見られず、現実で起こってもあんな感じになるのかなーと思うほどだった。
あれほど残虐を尽くしたマドモアゼルが知りたかった事実を知ったが故に、あのような結末になっていたが、それしか選択肢がないような事実だったのかなー
後味が悪かったなー
ぴーと

ぴーとの感想・評価

3.0
観たのはけっこう前なんですけどね。ふとした時にこの映画を思い出しちゃうんですよ…記憶の奥底にこびりついて拭おうとしても取れることがないような…そんな感覚。

たしか観る前情報として視覚情報でどれだけ痛さを伝えられるかみたいなことを予告かなにかで見た気がします。激しいバイオレンスシーンも静かに淡々と時間が過ぎていく拷問シーンもどちらも…痛い。

あの人の視点で映像表現してくれなくてほんっとよかったと思います。…あれは苦手なので…
>|