オーストリアのおすすめ映画 229作品

オーストリアのおすすめ映画。オーストリア映画には、ミヒャエル・ハネケ監督のファニーゲームや、ルーカス・シュワルツが出演するグッドナイト・マミー、ありがとう、トニ・エルドマンなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

穏やかなある夏の午後。バカンスを過ごしに湖のほとりの別荘へ向かうショーバー一家。主のゲオルグ、妻のアナ、そして息子のシ…

>>続きを読む

《過去に観たハネケ作品をもう一度観直そう!ひとり企画》 たて続けに行きます! 初めて観たハネケ作品がこれでした。 ず…

>>続きを読む

グッドナイト・マミー

上映日:

2016年01月12日

製作国:

上映時間:

99分

ジャンル:

3.1

あらすじ

繰り返される「今日」― 待つのは「死」か、「明日」か。森とトウモロコシ畑に囲まれた田舎家で、9歳になる双子の兄弟が母親の帰りを待っていた。ところが、帰宅した母は整形手術を受けて顔全体を包帯…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《2018#124》 フォロワーさん達のレビューを読んでて興味があった時に、いつもの局で週末深夜放送されたので録画し…

>>続きを読む

まさかこんな作品だったとは。。。笑 ジャケとコピーで大体のストーリーを予想はするでしょうが、今作は大いに騙された。 …

>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン

上映日:

2017年06月24日

製作国:

上映時間:

162分
3.7

あらすじ

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 印象に残る不思議な映画です。長い上映時間は全く気になりませんでした。  冒頭から父親がどういう人柄か分かります。海外…

>>続きを読む

義務に追われている内に人生は終わっちまう。 自分の人生も義務化されていると思うとゾッとする。 どこにいっても規則。規…

>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女

上映日:

2017年01月28日

製作国:

上映時間:

109分
3.5

あらすじ

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

幼児偏愛者であり近親相姦や、誘拐疑惑による逮捕歴もある異端の変態画家、エゴン シーレ。 結構これだけ羅列するとクレイジ…

>>続きを読む

28歳で夭逝した天才エロ画家エゴン・シーレ。エゴン・シーレの絵は芸術かポルノか。そもそも女の裸だけ、なぜ芸術なの? …

>>続きを読む

もしも建物が話せたら

上映日:

2016年02月20日

製作国:

上映時間:

165分
3.6

あらすじ

6人の監督が、思い入れのある建築物の心の声を描き出す、オムニバス・ドキュメンタリー。もし建物が話せたら、私たちにどのような言葉を語り掛けるのだろうか。建物は文化を反映しており、社会を映し出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

UPLINKの見逃した映画特集にて🎬 3Dだったから、実際に中に入ってるみたいでおもしろーい、そして建物目線でナレー…

>>続きを読む

世界各地の建物6つを6人のドキュメンタリー監督が 「もし建物自身が話せたら」というコンセプトの元 建物のデザイン・歴史…

>>続きを読む

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション

上映日:

2015年02月28日

製作国:

上映時間:

75分
3.4

あらすじ

ある朝、ムーミントロールが起きると、空や川、木や地面、そしてムーミンハウスまで、ムーミン谷の何もかもが灰色になっていた。物知りのジャコウネズミさんに聞いてみると、「空から恐ろしい彗星が地球…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パペット版「ムーミン谷の彗星」 立体感のないシルバニアのようなパペットになったムーミンたちが可愛くてしかたない。 …

>>続きを読む

公開年が2010年なのに、随分と画質が古い。と思ったらそれもそのはずで、昔の映像の再編、リマスターだったんですね。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

評点定まらずなのは、他にもこの監督の作品を観胸糞映画でも好きなものはあるし、バッドエンディングでも、高く評価するものは…

>>続きを読む

ミヒャエル・ハネケが描く愛の物語です。傑作。 ハネケが愛の物語?って思う方もいらっしゃると思いますが、安心してくださ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スーパーモデル ワリス・ディリーの人生 実話に基づく物語 ソマリア出身のワリスは13歳の時に60歳の男性と結婚させ…

>>続きを読む

かの巨匠イーストウッドは「語るべき物語があるうちは監督を続けたい」と言った。 これはまさに語るべき物語の一つ。 ソマ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ベルンハルト作戦」というナチスが経済混乱を招かせるために行った贋札造りをテーマにした作品。当時のナチスをテーマにした…

>>続きを読む

前回に引き続きナチス関連の映画です!自分ナチス関連の映画大好きなんです😂 ご了承下さい(笑) この映画はベルンハルト…

>>続きを読む

いのちの食べかた

製作国:

上映時間:

92分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

出張で中国の工場に行った際に、豚をスシ詰めにしたトラックと並走することがよくある。 うだるような暑さの中、まさに立錐の…

>>続きを読む

我々が普段食べている食材が食卓に運ばれるまでの過程を映したドキュメンタリー作品。 鳥や豚、牛など工場の機械化などで豚…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ハネケ映画に特徴的なニュース映像の羅列の中、19歳の学生が銀行での無差別殺人で3人を殺した後に自殺した事件が報じられ…

>>続きを読む

ハンパじゃねぇな!終わり方が秀逸過ぎる! 様々な人々の日常の断片を切り取るだけで、ありふれたいつも通りの日常を僅か数分…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スカッとする映画の対極にある作品。 ミヒャエル・ハケネ監督の作品は初めて視聴しました。 ○第一次世界大戦前夜のドイツ…

>>続きを読む

全編に渡って流れるじめーっとした空気。一つの事件を皮切りに、立て続けに起こる不可解な事件。これだけ書くとオチに意外な犯…

>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

126分
3.3

あらすじ

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、や…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アウシュビッツの研究グループに在籍する男トト。優秀だが融通が利かない性格のため周囲との衝突が絶えず、遂には同グループの…

>>続きを読む

加害者と犠牲者の孫世代が、過去に囚われずに希望と共に未来を生きようとする姿を描いたラブコメディ作品。 時は、現代。ナ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「”こうと決めたら最後までやり抜け”、お父さんの教えです。僕たちも、決めました」 今朝の食事は、とても豪華でした…

>>続きを読む

ハネケの長編デビュー作。これを初監督作品でやるか、ハネケ。 ある家族の3年間のある3日間を描いた物語。この作品の一番…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 元気いっぱいに動き回る豚は飼い主に無理矢理引きずられ、銀の筒状のスタンガンで撃ち殺される。スタンガンの威力は絶大で、…

>>続きを読む

《過去に観たハネケ作品をもう一度観直そう!ひとり企画》 ↑とか言いながら今年の3月以来のUPです^^; 「感情の氷河…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ウィーンでレントゲン技師をしているアナはイエス・キリストに魅せられて強い信仰心のもと、マリア像を抱え、布教活動に勤しむ…

>>続きを読む

パラダイス 神。 キリストに恋に似た感情を抱き、愛し、崇拝する初老女性。 移住民の家を周り、不幸だと嘆いたり助けを求め…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[原題"一人で寝たくない"に集約される静謐で無償の愛] 61点 以前シネフィルお兄さんとお話した際、私の天邪鬼映画遍…

>>続きを読む

久々にツァイ・ミンリャンの作品を見たけど、昔より彼の作風を受け入れられてる気がした というのも、これは特別この作品が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

・厨二病&思春期&反抗期が遅れてやってきた女性の映画 ・シナリオの要素としては、 「家の中のモンスター(母)」「人生…

>>続きを読む

 TVを観ていたはずの母親が、40過ぎの娘の帰宅時間に癇癪を起こす。この時点で母娘の関係は最初から破綻している。彼女は…

>>続きを読む

悪童日記

上映日:

2014年10月03日

製作国:

上映時間:

111分
3.7

あらすじ

第2次世界大戦末期、双子の「僕ら」は、小さな町の祖母の農園に疎開する。 粗野で不潔で、人々に「魔女」と呼ばれる老婆の下、過酷な日々が始まった。 双子は、生きるための労働を覚え、聖書と辞…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「‘’汝、殺すことなかれ‘’って言うけど、みんな、殺してる」 美しい双子による残酷世界への静かな逆襲。 戦争が無垢な…

>>続きを読む

戦時下の『小さな町』を舞台に、双子の『ぼくら』の視点から描かれる物語。 名も場所も明かさない語り口は、冷酷な現実を半…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『ブンミおじさんの森』でパルムドールを受賞したアピチャッポン監督の作品。 スピリチュアルに溢れるこの作品は「肩の力を…

>>続きを読む

2006年、アピチャッポン・ウィーラセタクン脚本/監督作。 監督作の鑑賞は『ブンミおじさんの森(2010)』に次ぐ2作…

>>続きを読む
>|