仮面/ペルソナの作品情報・感想・評価

「仮面/ペルソナ」に投稿された感想・評価

mikan

mikanの感想・評価

3.9
突然声のでなくなった女優と、その看護を務めるナースのお話。
登場人物・場所がかなり少なく、非現実的なムードが漂う…この女優の精神世界か?
ユダヤ人家族が連行される写真や、南越での抗議による焼身自殺の映像が印象強い。
実験的な映像、面白い……
yukako

yukakoの感想・評価

4.0
本筋とは関係ないのだけどスウェーデン語の響きが凄く好きでアルマの一人語りとか永遠に聞いてられる。
hana

hanaの感想・評価

3.9
イングマール・ベルイマン監督の作品を初観賞しました。

舞台中に声が出せなくなった女優エリザベート。看護師のアルマは彼女の担当になり、医師の提案で別荘での療養に付き合うことになります。

狂気染みたモンタージュが冒頭に次々と映し出されたのが何とも衝撃的。アートなのか何かのヒントなのか、凄く期待感が高まりました。1960年代の公開時、世間の反響は大きかったのではないでしょうか。

人間心理に焦点を当てていて、人間の表と裏の顔を粛々と、時にエキセントリックに映し出しています。観ていくうちに、二面性を捉えることに慣れていくような不思議な感覚を得ました。

ポーカーフェイスで声を発さないエリザベートと感受性豊かなアルマ。正反対に見える二人ですが、視点を変えるとどこか似ているように思えてくる。
突き詰めて真実に辿り着く時、また違った景色が見れます。

解釈が難しい映画でした。
Risa

Risaの感想・評価

4.0
映像はとても美しいのに、女の戦いが醜い。
もっと気軽にガールズトークできれば悲惨なことにはならなかったのでは?
せっかく田舎でのんびりできるのだから、楽しく過ごせばいいのに…と思いました。
misaki

misakiの感想・評価

4.7
二重人格もの...?ムズカシイ!

最初の30分くらいで眠くなってきて見るの辞めたくなったけど、そこからの展開が目が離せなかった
見事に騙された

凄い...
lag

lagの感想・評価

4.7
さらす。渇望と恐怖。ひとり。全て封じることはできず、否応無しに流れ込んでくる。

海辺の別荘。水滴の音。顔半分の影。氾濫する映像。焼け落ちる。反芻する。

受けることしかできない。私の影響は受けない。記憶の中に残り続けること。X染色体。

私の中に入ってくるのを感じた。人の考えることを解ろうとした。始まったらそのうち終わるのだ。
chisa

chisaの感想・評価

4.0
看護師さんの方が病んでいる
どっちかわからなくなる

すごい引き込まれてしまった!

一瞬でてきた
ナチに銃で囲まれたユダヤ人の中の子供の表情が、、、
わからなすぎ〜
と思ったけど、タイトル通り人の二面性を表現した映画。
ストーリーを紡ぐというより、表現しているというのがしっくりくる。

あえてモノクロにしているのか?というくらい、白黒のコントラストがすごい!どの場面を切り取っても絵になる。

二面性を表すのにあまりにも効果的な光と影でした。

でも芸術性の高い作品は眠くなるんだなぁ
Koko

Kokoの感想・評価

2.6
わっけわからん!!!!!でも分かろうとしたらいけないんだと思う。感じたのがそのままその答えなんだとも思う。映画批評の学生としてはひえーって感じの映画
この、人間精神解剖劇を私は笑うことができない。狂気の例としてではなく、私が普段している言動の延長線上にあるので怖いし恥ずかしい。眠かったのでもう一度観たい。
>|