スペース・ステーション76の作品情報・感想・評価

「スペース・ステーション76」に投稿された感想・評価

NIRA

NIRAの感想・評価

2.5
SFというよりヒューマンドラマですこれ、SFの皮を被せられたヒューマンドラマ!
ただ、下ネタ多めで人と観るのはオススメできませんが😂(笑)
宇宙ステーションという設定、宇宙ステーションの割にはステーション内で使われているものはレトロ(VHSテープのようなもので録画とか)というのはとても好きな雰囲気で良かったです🤩
宇宙ステーション内で暮らす人々の日常を切り取って映画にした感じ。

パトリック・ウィルソンさんの出演作を追っかけている昨今なんですが、この役は今まで見た中で1番面白かった✋
ダメダメ大佐役、元カレ(一方的な)に未練タラタラでめちゃくちゃ(笑)
Amazonプライムでレンタル購入しましたが、R18と書かれてて最初目を疑ったんですがあれですね……マット・ボマーさん演じるテッドが見た幻覚?がたぶん引っかかってるんじゃなかろうか……。
ミホ

ミホの感想・評価

3.0
ふつうに楽しめます。
ただしスペースなんて題名にありますが、これはラブコメ寄りのヒューマンドラマ。
舞台は宇宙空間にあるステーションですが、それが活かされる展開は無いです笑

夫婦間のすれ違いや同僚が昇進する事による焦り、女性軽視、子育て、不倫…あと痴情のもつれなど、宇宙ステーション内では問題が山積みです。
それらが解決する事もなくなぁなぁで終わるような映画です。

何が好きかと言うと、わざわざ宇宙空間にした事。しかも近未来のはずなのに80年代のようなレトロチックなセットなんですよ。
「僕、私が考えた宇宙ステーション」って感じの夢がある背景でした。

そして、船長である大佐の気持ち悪さ笑
メンタルチップスのアル中ダメ男。愛すべきクズですよ。

期待はせずに観れば楽しめると思います。是非。
80s

80sの感想・評価

1.8
真剣に観ちゃダメなやつ。
乗組員2人の妻が揃いも揃って老け過ぎ。何か意味があるのか?と、そこだけが気になった。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

1.8
1.8点

宇宙関係ない。
大掛かりな70年代のセット組むより、このほうが安上がりだったからこの設定なのかな。
解説にブラックユーモアとあったけれどさほどでもなく。
ニヤリとも出来なかったのが残念。
恵

恵の感想・評価

2.6
リブ・タイラー目当てで観賞。
宇宙ステーションのレトロさが良かった。
りちか

りちかの感想・評価

2.0
キャストとテイストは良かったけれどスペースステーションという舞台があまり活きてなかった。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2015.12.2 DVD

宇宙船に舞台を移し、小ぢんまりとさせた「マグノリア」のような群像劇。 他の星に衝突することで軌道を安定させる惑星と、対象に鬱憤をぶつけることで平穏を取り戻す人間とのダイナミックな対比センスが素晴らしかった。70年代的なセンスから漂うオフビート感と、何処か温かみのあるチープ感も心地よかった。
nibi

nibiの感想・評価

2.8
宇宙船が玩具みたいで可愛い。全部古いSFドラマ風にしてあって、見た目は実験的でいいんだけど話は凄くふんわりしてる。
トラブルメーカーだらけの宇宙船に引っ越してきた新人女性が気疲れして喧嘩買って終わる。
風刺ものとしても弱いし、家具もボールチェア出してくるぐらいの拘り欲しかった。
跳兎

跳兎の感想・評価

3.2
何てことはないSFコメディなのだけど、意外に飽きることなく見られる。
宇宙ステーション版ホームドラマ
食べ物が自販機から選べるのはうらやまし~

リヴ・タイラー、ちょっとスレンダーでなくなって登場。
それにしても、なぜか心地よさを感じる。
きっと人柄がスクリーンに表れているのだと思う。
そして美人なのは相変わらず。

マット・ボマー、彼が観たくて本作をチョイス!
一生懸命なのが伝わる。
そういう役どころかナ。