シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 66ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

KENTAROH

KENTAROHの感想・評価

3.9
【登場人物全員アル中】

めっちゃユニークな映画なので監督と脚本を務めたナチョ・ビガロンドを調べてみたら、独創的な映画撮りまくっててヤバイ。観たい。全部観たい。

この映画は、韓国に突如現れた怪獣と
私の動きがシンクロしてる!!!
って所までは想像通り。
後半から意外な展開を見せる。

低予算なのか高予算なのか分からないけど
きっと中予算くらいかな。全体的になかなか良かった。ただ主演アンハサウェイである必要は無かった。
みき

みきの感想・評価

1.0
機内で。

アンハサウェイのかわいさを超えるつまらなさ。46分で断念。
KeitaBaba

KeitaBabaの感想・評価

2.5
え、おもしろくなくね。
なんか割と高評価でびっくり。

アンハサウェイはかわいい、それは認める。
でもなんか、作品通して統一されてるものもないし、観た後、なんだったんだ?って感じ。
アンハサウェイが怪獣化して韓国で暴れるやつ。なかなか面白い。やはりビガロンドは信頼できる。そこそこ。
てか、アンハサウェイが思ったより良くて、ロボットと対峙するシーンなぞはカッコ良すぎて燃えた。
なんつうか、センスを疑いたくなるもんが多いよね。この邦題はましな方なんだろうな。
アンハサウェイがキュートな、中々にシュールなコメディ。全編に流れるへんてこな空気感は結構好き。
TakatoUsui

TakatoUsuiの感想・評価

1.0
ヤングアダルト的に元カレに追い出されてニューヨークから田舎に帰ったニート、アンハサウェイ。幼馴染のおっさんに出会ってバーで働き始める。(ここまではOK)

ある日、ニュースを見ると韓国、ソウルで大怪獣が街を荒らしている。その怪獣の動きがアンハサウェイと似ている。実は、働いているバーの帰り道の公園にアンハサウェイが行くと、怪物が韓国に出現し同じ動きで動く、という話…。(へ?)ちなみにアンハサウェイが幼馴染のおっさんのダチの若者とヤると、幼馴染のおっさんが嫉妬に狂って凶暴化し、冷たい熱帯魚的な、閉鎖的な田舎で行われる狂気…に変わって行くという。

これはすごい映画でした!!!
主人公の元カレ以外全ての登場人物に感情移入できない。 主人公アル中、幼馴染のおっさんアル中、その友達ヤク中、ヤッた男は幼馴染の金魚のフンくそ野郎、唯一まともなのは元カレ。ちなみに登場人物、これで以上。
そんなやつらのくそしょうもない人間関係のために韓国の人々が死んで行く…。意味がわからない…。すごい映画やで…。

シンゴジラみたいに、避けられない大規模自然災害のメタファーとして怪獣を描いたり、マーベルみたいに核爆弾をメタファーとしたりするのは百歩譲ってOKとしても、幼い頃のトラウマが大怪獣になって韓国荒らしちゃあかんでしょ!なぞすぎるわ!

この前に見たイエスマンが大傑作に思えてきたわ!
vee

veeの感想・評価

3.5
新しいモンスター映画。モンスターが自分とシンクロしてると気づいてからの展開が面白かった(笑)アンハサウェイもだけど、ジェイソンサダイキスもいい味出してた。
機内でゆったりみるのにちょうど良い作品。
komblog

komblogの感想・評価

2.0
出オチのようなプロットだけが面白い映画🎬

やさぐれアン・ハサウェイが韓国に現れる怪獣の正体だった!という設定までは面白いけど、ショージキ面白かったのはそこまでw

酒癖が悪いアン・ハサウェイが彼氏に愛想をつかされて、地元に帰るんだけど、そもそもこの酒癖は実際特に怪獣になった原因ではないw

地元の友人だったジェイソン・サダイキスと地元でばったり出会って、彼のバーで働くことになるんだけど、そのバーの改築云々とか、そこで出会う人とかもメインストーリーにはあんま関係ないw 途中でヤク中のおじさんなんか喧嘩して二度と現れなくなるし…

そして、ジェイソン・サダイキスも怪獣というかロボットになれることがわかり、そいつとつるんでた男とアン・ハサウェイがやっちゃって、ジェイソン・サダイキスがストーカーのサイコ気質を爆発させてさあどうしよう!って話になるんだけど、途中で浮気した男をアン・ハサウェイがなんで好きになるか、とか、なんでジェイソン・サダイキスがああなってしまったのかとかの深掘りも特にないwww

ようはプロット作ってそれだけみたいな、内容空っぽの映画🎞これのために映画城だけとは言え何度も殺される韓国の人がかわいそう🇰🇷コメディとしてもそんな面白くもないし、サスペンス的でもなく、怪獣とかの部分も中途半端なので、レンタルビデオとか動画配信で見つけたら見ればいいくらい?
すごく良かった。

細かい点とかツッコミどころさえも愛せるくらい楽しめた。

「怪獣とシンクロする」という前情報だけで見ると、いい意味で期待を裏切る人間ドラマにガツンとやられた。(こツンかなw)

コメディとか怪獣というテーマを利用しつつ、そこにあるのは解放される人間の心であり、孤独とか弱さがテーマ

登場人物たちの人間味あふれる行動にはウルっとくる場面もある。

決してふざけすぎてないさりげないキャラクターも良かった。

みんな孤独や傷を抱えて生きているんだ。

怪獣になったって、人間の問題は人間同士で解決して生きて行くしかないんだよなぁ。

Colossal(巨大な)というタイトルですが、ちっぽけな人間同士のドラマがメインでそこも皮肉と哀愁があってたまらない。

油断してると心がぎゅっと痛くなるような映画だった。
(シャーリーズセロンの「ヤングアダルト」とか好きならノレる映画かも)

僕は大好きですこういう映画。
うーん…笑
コミカルなはずなんだけど、設定が無理ありすぎてなかなかしっくりこない映画でした笑