シンクロナイズドモンスターのネタバレレビュー・内容・結末

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アン・ハサウェイは相変わらずきれいだけどクソみてーな酔っぱらいの役をしてて、かと思ったらもっとキチガイが出てきて、完全に意味のわからない映画になってた。
怪獣ではなく操縦者を殺せっていうのは、某王国の偉大な将軍が言っていた、有能な武将から殺してけ、に通じるとこがあるなあと思っておりました。

最後のソウルにアン・ハサウェイが降り立つことでアメリカにモンスターがでる、と言うシーン、完全に不意をつかれたし逆転の発想の頂きみたいな感じがしてめっちゃ好きw
そういう理由で怪獣とかロボとかとシンクロを…というか怪獣とかロボが出現したのか!!という作品。
作中の中ではキャラクターとして権利が成り立ってる怪獣とロボが本物出現しちゃったという感じなのに報道のされ方はあんな感じとなるのか… って思った。
予告からポップでかわいいコメディなのかと思ったら、幼馴染が怪獣になること利用して脅迫する、とんだパワハラクソ野郎で、えらい見てる間ストレス溜まったわ…w
ストレス吹き飛ばすコメディかと思ったら逆にストレス溜まるという…
設定は面白そうだったけど、思ってたのちょっと違かったかな〜
幼馴染同士の酔っぱらった喧嘩に巻き込まれたソウルのお話。全体的に超絶ユルくて、グロリアと怪獣がリンクしているとわかってからもグダグダしていて、寝ちゃいそうだけど、B級全開なところはちょっと好みです(^^;)オスカー、最低。でも、やるなら、もっとストーカー度を上げるとか最低度MAXでサスペンスくらいのお話に仕上げて欲しかったです。家での喧嘩シーンとかテッドとか思いました(笑)あと、新しい彼氏的なポジションの彼、何?役に立たなすぎる。何ていうか、グロリアのダメさを上回り男性陣のダメさに引きながら観てました。壊される街がニュウーヨークとかじゃなくてソウルというのも、なんか嫌です。なぜ、いつも真っ先に攻められるのはアジア圏なのでしょう?まぁ、朝の登校時間によぱらった大人たちが全力で追いかけっこしているのに失笑出来れば、本作は良しということで(笑)
逆パッケージ詐欺
コメディだと思って見たらめっちゃシリアス……というかサイコパス男の勢いがすごい
おバカ映画かと思ってたら完全にだまされた…。

最初の数十分は アン、何でこんなB級映画に出たんだろう?と思ってぼんやり観てたんだけど、中盤以降はどんどん引き込まれて 観てるのが怖くなるくらいだった。
アル中(?)、DV、モラハラ、パワハラ…そういう現代社会で今まさに取り沙汰されてる問題を モンスターとシンクロしちゃったっていうとんでもないストーリーと繋げるの、普通思いつかないよな、すごい…。

そして本当に怖いのは、これを観てる間、わかる とか あるある と思ってしまったことに加えて、わたしが被害者目線にしか立っていないってことに気付いたこと。ゾッとした…。
この映画観て、わけわかんないありえないと思った人は要注意です。

笑えるところももちろんあるんだけど、だからこそ 画面のところどころから立ちのぼる違和感に気付いたときが本当におそろしかった。特に 噛み合わない会話と指摘できない空気、このふたつ。
目の周り黒いメイクの女の子好きなのでそこは眼福でした。あと笑えるシーンでのアンのちょっとした演技がすごくキュート。

ラスト、もうちょっとスカッとしたかったな。それから、人がかなり死んでるのもよくよく考えたら腑に落ちないというか いいの?と思った。
この壮大なのに地味な展開がたまらなくツボだし、
そうなんだよ!(クズ気質の女に寄ってくる)男ってこうなんだよ!とむちゃくちゃ共感した。超親切、与えて、与えて、捧げ倒して、うっかりそれに甘えたらズブズブ。ズバリ暴力的な支配だったり、献身という名の支配だったり、どっちに転んでも結局男に支配されて身動きできなくされてしまう。それに引っかかる方も相当なクズだけに、誰からも同情されず、理解もされず、あれだけ世話になっといて〜と責められ……

あれ、何の話だっけ。とにかくこの映画は中盤の転調からズキュンズキュンと来て、ラストは胸に渦巻く自己嫌悪やら何やらをポイっと投げ捨てたような気持ちになれる清々しい映画です。
2018 6/9 「ビルや街が壊れる」ということと「そこにいた人たちはどうなるのか」がちゃんと繋がっているというか、そういう想像力が行き届いてるのがいいなと思いました。9.11を経験している国の映画だからかな。アンハサウェイがすごくよかった。個人的には最後だれともくっつかなくて安心しました。
現実でもヘイター被害にあっているアン・ハサウェイがよくこの役を受けたと思っていたが、鑑賞すると納得出来る物語でした。
映画ではヘイターに疲れたグロリアと、一見優しい幼馴染みであるが、支配欲と昔気質の思想に縛られているオスカーとの対立構造に重点を置いているが、オスカーの闇の部分はグロリアと共通している劣等感に重なって見えました。
酒に逃げるグロリアに対し、オスカーは余りに幼稚な破壊衝動に走る。さらにオスカーの暴力はヘイターとも重なって見える為、彼女にとっての破壊と再生は自分自信との戦いに見えました。
怪獣映画によくあるアンチテーゼ等、本質的なものを物質化した物語が今作に置いてはもっと単純に描かれている為、元来この手の映画は動機が不分明である事が多いにも関わらず、今作ではそれがより強調されている為際立って見えるが胆はそこではないので、あまり気になりませんでした。
ただ、ソウルは掛けているのか?そこは気になりました。
いい人だと思ってたのにガッカリしたり、イケメンだとおもっても凄い頼りなかったり、モラハラ気味の彼氏だったり

アン・ハサウェイはかわいかった
>|