シンクロナイズドモンスターのネタバレレビュー・内容・結末

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

モンスターものコメディだと思っていたら、田舎サイコホラーで、ひとりの女性が尊厳を取り戻す物語だった。

モラハラ彼氏も、強者に抗えないぼんやり草食男も、何者にもなれなかった〝本当のモンスター〟の姿をあらわす男も、それぞれの形で支配しようとする。
彼女に「俺の思い通り」という圧をかける。

自分で人生を選択せず、大切なものを見つけられず、地元から一歩も外に出ず、不満を他者由来のものとして燻り続けるオスカーが、嫉妬でグロリア絡め取ろうとする誘導と暴力にゾッとした。
田舎や家族に因縁がある人は共感してしまうのでは。
「才能」だけでなく、自分が持ちえない「自由」や「選択する力」も嫉妬の対象になる。
オスカーの家は鬱屈の具現化で、グロリアの家に家財道具を入れる行為は侵食だ。

グロリアがおぞましい支配を振り切るラストはとにかく爽快!
彼女の人生に、もう男は要らない。
自分で選び、どこのまでも自由に歩いていくのだ。
突如、ソウルに現れる巨大怪獣!!
アン・ハサウェイ演じるグロリアはあることに気がつく。
彼女が頭を掻けば、怪獣も頭を掻き…
これってもしかして僕たち・私たちシンクロしてるぅ~!?
くーだーらーねー(笑)
このままおバカコメディだったら面白かったんだけど、
なんだかサイコ野郎の話になってきて…

ただの飲んだくれ女かと思ってたら、
意外と正義感が強くて、
ちょっと泣いちゃったよ、、(←えーっ)
心の中に怪物を育てぬようにメンタルケアを大切に?
気を失うくらい酔っぱらうのは迷惑なのでやめましょうて話??
ニューヨークでライター業をしていたヒロインは、お酒が原因で職と彼氏を失い実家に戻ることに。故郷で幼馴染の男が経営するバーでアルバイトを始めたヒロインだったが、ちょうどその頃、韓国に巨大な怪獣が現れる事件が起きていた。公園で過ごしていたヒロインは、その韓国の怪獣が自分と全く同じ動作をしていることに気づく。ある日、その怪獣の前に巨大ロボットが現れて…という話。

突飛な設定に興味が湧いて鑑賞。この内容で既に大御所になりつつあるアン ハサウェイが主演なのも驚きだが、彼女自身が製作にも関わっているらしい。相変わらず目がデカイ。
怪獣が登場するシーンは少なめで、テンション低めでダメな大人たちのダメなやり取りが笑いを誘うコメディとしての要素が強い。歪んだラブコメでもあり、登場人物には全く共感できない(^^)。田舎町のスケールの小さい日常と韓国の繁華街の大パニックの対比が面白い。怪獣が手話や地面に文字を書くことでメッセージを伝えようとするくだりはユニークだった。
怪獣の出オチのインパクトが強いだけのB級映画かと思われたが、ラストの決着のつけ方はなかなか爽快だった。怪獣を操るヒロイン側は相手の位置が分かるのは、彼がいつもの公園にいるから推測できるという理屈なのかなあ?
最初はどうしようもない主人公がどうしようもない生活を送っておりコメディかな~と思いましたが、モンスターとのシンクロか魔性の女だからか、周りの男が不穏になっていき急にサイコになりました…怖かった……

でも、終わり方は結構好きでした!!
DVDにて鑑賞。

アンハサウェイはやっぱりかわいい。
SFなのか、コメディなのか、よくわからない。散漫になってしまって全体的になんか凄い惜しい気する。

オチなのか、ソウルに逆に行く事で云々…みたいな終盤。「上手くまとめたで」と監督のドヤ感を感じた。
アン・ハサウェイ主演。
ソウルに謎の怪獣が現れて、それがアン・ハサウェイの動きにシンクロする話。
カナダ・スペイン合作らしい。
なんでこの映画にアン・ハサウェイは出たの?と思うくらいB級な感じ。
制作費は16億円くらいらしい。
怪獣のシーンが少なく、それなりのクオリティーなのは予算のせいか。
B級映画ではあるけれど、途中からパワハラみたいな話に。
こういう奇妙な設定のB級映画にうまく社会問題を盛り込めたら、いい映画になるんだろうなあ。
第9地区みたいに。
モンスターとシンクロするって発想は結構面白い!
でもちょっと雑!
結局また誰かあの時間あの場所に入ったらどこかでモンスターか何やら現れるんじゃ?解決になってない…ヽ(;▽;)笑
登場人物も誰も好きになれない…
そしてオスカーの豹変っぷりね(◞‸◟)
終盤ただのやべー奴だった(◞‸◟)笑
観ようか迷ってる方が多そうな作品。
なにしろ、モンスターとアン・ハサウェイがシンクロするなんて気になりますよね?なにその設定!って😅

観た感想は、一言で言えば。
ただただ、もったいない!と…

まず視聴者が楽しみなのがシンクロのシーンですよね。そのシーンが少ない…。
モンスターの表情など、CGのクオリティも高く好きでした。

それと、全体的にジャンルが定まっていない気がしました。笑う要素も少ない。期待してた(勝手に笑)アクションシーンも少ないです。
観終わった後は、人間の怖さを訴えたかったストーリーなのかな?といった感想がまず出てきました。

シンクロするシーンが出るたびに、もっと観せてよ!という気持ちにかられます。
設定が面白いだけにもったいないと感じる作品でした。

後、ドジキャラを演じたアン・ハサウェイを久々に観れて嬉しかった。
アン・ハサウェイってなんなんだろうな? いつのまにか誰もいないポジションにいる感じする、換えが効かないじゃなくて、あまりにも未開拓の役をこなす位置にいるというか

なんでソウル…?

田舎とは

アル中がもたらす被害の話? と思いきや

「ロボットと怪獣が仲間ではないことが判明」ってクッソ面白いな

幼馴染オスカーがだんだん、なんだ…一番いやなタイプの奴に

グロリアが問題解決するまでの話かと思いきや、オスカーの話に。オスカーにアドバイスして許すグロリア、どういう立場なんだかな?

ダメウーマンになりきれない、プライドの高いダメウーマンが、田舎のダメンズの世話焼いて自己肯定感取り戻す姿みてもなにも…

元彼と三人で会議、なんか妙に優位に立ってるけど、なんなんだ…

最後の対決。うーん
個人規模の事象と世界規模の事象がリンクしてしまうと言うのは、日本的に言うと、所謂“セカイ系”の作品に近い。
本作が面白いのはセカイ系作品にありがちな少年少女を主人公に据えるのではなく、「大人になれない大人」を主人公にした事だろう。

モンスターは主人公・グロリアの中にある幼稚性や破壊願望のメタファーとして機能し、グロリアはそれと対峙する事で、大人としての責任感に目覚めていく。

そして、グロリアの鏡像関係として描かれるのが、幼馴染のオスカーだ。
彼は自身が持つモンスターと向き合い、受け入れる事が出来ずに、モンスターを肥大化させ、暴走させてしまう。
自暴自棄になって周囲を破滅に導くオスカーは、銃乱射事件の犯人を思わせた。

モンスターと向き合えないオスカーと、モンスターと向き合ったグロリア。
その差が最後の勝負を分ける事になる。
グロリアのささやかな内面的成長が、彼女の強さとして描かれるところが実に感動的だ。

1つ難点を挙げれば、オスカーにも救いをあげて欲しかったと思う。
「自暴自棄になってしまった友人をどうするべきなのか?」、その答えが「放り投げる」では、あまりにも乱暴過ぎる…。
勿論、彼の行為は万死に値する事なのだけど。
>|