シンクロナイズドモンスターのネタバレレビュー・内容・結末

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

シンクロ

この映画を見ながら考えてたことは、
あの人形は日本で言うリカちゃん❓売れてるのかしら
無職の女一人でこんな大きな家を借りられるのね〜
さすがアメリカ。
パソコンのガラは北斎なのになぜソウルなの
『FUTON』布団も出てくるしーー
絶対日本を意識してるよね
なんで日本じゃないのぉー
でした。(笑っ)

同級生はポイされた後、どうなったのかな。

よくわからない映画だったけど、見た帰りに心斎橋の街を歩いていると、ここに怪獣が出現したらなんて空想をしたら少し楽しくって、そうしてるうちに良い娯楽映画を見させてもらったなぁと、消化できたのでした(^^)
わろた、クソB級映画でしたわ
気楽に観れます

アンハサウェイの可愛さに惚れて視聴、内容は何か子供の頃の夢がそのまま大人になって現実になった感じ

何故かアメリカの公園の砂場と韓国の首都が繋がっていて、主人公が砂場に立つと巨大な怪獣が韓国に現れて大騒動になるんだけど、実は怪獣が良い奴だったって言う

失敗続きのダメ女と小さい町に住む幼馴染の男、よく高学歴のエリートコースの人間には小さな商店の人の気持ちが分からないというけれど、幸せの形や世界の見え方、価値観が違うとしか言いようが無い

そうあって欲しいと思うのはこっちの勝手なんだろうけど

憂さ晴らしに他人に迷惑をかけるのはちょっと、そして何故韓国なのか、同じ緯度とはいえ韓国人からするとどうなんでしょうね

記念すべきレビュー 200作目はこれ!

アン・ハサウェイこんな役もこなすんだ〜(´∀`)って思ってたら、今作プロデューサーも兼任し、本人曰く「最も自分らしい役」って言ってるし! リストラされて、フラれて、呑んだくれて公園で寝落ちする役が⁉︎ 今までの作品の、洗練されて、一生懸命で、セレブな彼女が⁉︎

こんな、ハサウェイ(-_-)


いい! 愛らしい!(´∀`)

今まで、ちょっとお高い感じだった彼女の印象が身近にいる呑んだくれみたいに思えて好きになりました!笑笑(´∀`)

怪獣とシンクロしてることが分かった後の、仲間に見せるシンクロポーズや踊りがかわいいのなんの(๑˃̵ᴗ˂̵) でも、ちょっと太ったかな(^_^;)もしかして呑んだくれの役作りのために⁉︎ なんだかんだでハサウェイももう35歳だもんね〜 見えないけど(´∀`)

が!今作 中盤からコメディ要素消えてちょっと悲しいサイコな物語へと変わっていきます!登場人物達の中途半端な設定もある意味現実的に感じましたね、ハサウェイも殴られてボクサーみたいな顔になるし幼馴染はどんどんサイコ化していくし、ポスターの楽しい感じで終われる映画じゃなかったですね〜 個人的にはラストは投げるんじゃなく食べちゃった方が良かった様な気がします(^_^;)

フィルマの皆様には今ひとつ不評な今作
ですが、私的には現実とシンクロする感じがして良かったです、怪獣とシンクロするあの発想やハサウェイを起用したとこも面白かったですね〜(´∀`)







ムビチケいただいてしまったので見に行ってきました。
とりあえずイイ話風に終わらせてるけどオスカー別に悪くなくない!?ってのとお前(監督)に友達がいないのはよく分かったよ!!!ってのは言わせてくれ。

開始10分ぐらいでこれ金払って見に来てたらブチ切れてんな〜〜ぐらいのモードに切り替わってたんですけど、
怪獣パートになった途端撮り方がもう全然違って怪獣映画撮りたかったんじゃねーかテメエ!惰性でラブストーリーを作んな!って感じでした。
惰性って言うか、大学ぐらいの歳頃によくいたサークラ系クソ女がサークラ系クソ女に引っかかる男を食い物にしてる感じで監督…引っかかったんだね…という印象。
引っかかり筆頭オスカーはめちゃくちゃ掘り下げられてるのにクソ女ことグロリアはいつものアンハサウェイな辺り、
他人に対する共感脳と理解がないまま忘れられないクソ女への憎しみだけを温めてる感じがあってサイコーにヤバいぞ!お前(監督)友達いないだろ!

ヒモ男は引っ掛けられる女を見極められるっていうけど本当その感じで引っ掛けられて尚且つ食えるレベルの顔面の男にモーションかけまくるアンハサウェイにイラついてきた頃に挟まれるkaijuパート!上がる悲鳴!燃える街!yeah!とかいうなんかエグいほど力技を感じる作品でした。

で、こっからストライクゾーンの話。
死ぬ事以外に救いのないタイプの男が死ぬほど刺さるのでオスカーも案の定刺さったんですが、
いやでもオスカー別に悪くなくない?????殺されるほどの事してないでしょ????
確かに彼は既にブッ壊れてたし愛のためじゃなくて仲間欲しさに人の足を引っ張ったし大勢殺したけど、
結局そのスイッチ入れたのはニューヨークでネットを使って活躍している(ように見えた)アンハサウェイだったからなあ…。
ブッ壊れていたしつまらない田舎町に辟易もしてたとは思うけど劣等感のスイッチを押したのはアンハサウェイの登場であり行動だと思うので、
大いなる力には大いなる責任が伴う由来の自業自得で片付けるにはさすがにちょっと可哀想だと思う…なんかもうちょっと…道はなかったんか…。

ああなってしまった以上警察とかが介入できる話でもなし、見張り続けられもしないしそうするしかなかった感はまあ分かるんだけど、
例えばオスカーのそばに優しく寄り添ってくれる人がいたり、彼が彼の人生を満足のいくものとして受け入れられていれば、あんな事にはならなかったんだよなぁと思うと非常にせつないね。

面白かったし刺さるものはあったけど人に勧められるかっていうとすげー難しいので評価は一旦保留です。
設定がガバガバすぎるし誰1人として共感できないし久しぶりにダメな映画だった、、
受け取る側によっては間違ったフェミニズムの解釈になりそう。顔が見えない相手を傷つける、ということだったとしてもなんかね、、ノイズが多すぎて、、
アンハサウェイってつらい人生送ってんのかなって勘ぐっちゃうわ。
期待してただけにとてもざんねん。
昔あった、ウルトラマンの出ない東宝特撮みたいな設定だなと思って観たら、かなり東宝特撮だった。巨大な怪物が出てきて街を破壊してきたから、阻止しなければって映画かと思いきや、人間の嫉妬を描いているまさに特撮ドラマ。

自分は何者にもなれないと悲観して、親のバーを継いで地元でくすぶっていた男が、地元からニューヨークへ出て有名になる事が出来た同級生の女とバッタリ出会う。彼女はどうやら仕事で失敗をして地元へ帰って来たらしい。男はみじめな彼女を拾ってバーで働かせる事によって、心の充足を得る。

そんなからっぽな男が、強大な力を得たらどうなるのか。人の心の闇を描いた、意外に真摯な作品。オチは説明もないかなりトンデモ展開なので、より一層特撮感があって笑えた(笑)力で解決するんかーい。

あとあの若い間男が、ストーリーのミスリードの為だけに存在していてちょっとイライラした。ホント…止めろよ、ちょっとは。
「男-女」「浪費-堅実」「遊び-仕事」など数々の対比を積み重ねて、それらを「怪獣-ロボット」という特撮における人気キャラクター同士のバトルにもつれ込ませる。

怪獣とロボットの姿を映さずに戦闘シーンを連想させるんだから、この設定は凄いなと感心。例えば低予算だったり人が集められなかったりしたときに、こういうアイディアが活きそう。
『シンクロナイズドモンスター』機内で観たよ。11月公開予定。 そういえばということで今さらこちらにも記入。

酒浸りでダラダラしているダメ女グロリアが恋人に追い出され、NYから地元に帰ってくることから物語がスタート。同じころにソウルでは巨大怪獣が出現し大パニックに。そんな中、グロリアは自分と怪獣がシンクロしていることに気づいてしまい……。

という、想像の斜め上を行くストーリー。田舎でのヒューマンドラマと、ソウルでの怪獣パニックが、平行して進んでいくところがキモ。

いやあ、実に妙ちくりんな作品だった。日本公開前なので詳細は避けるが、雰囲気としては『クロニクル』に似てるかなあ。『グエムル』よりは『クロニクル』寄り。(だと思う)


そして、ファンタジーというよりはスリラー。でもって、良くも悪くもB級映画感がすごい。

アン・ハサウェイ演じるダメ女の主人公が、擁護のしようがないほどにダメダメで、上手い。ダメだけど魅力的という絶妙なバランスのキャラで、それが、前半から後半への展開に効いてくる(前半と後半でかなり印象が変わってくる作品だと思う)

ソウルのシーンは、もっと観たかったかなー。あと、ちょっと突っ込みどころがありすぎ。とりあえずモンスターが出てくる場所はいつも同じなんだから、避難させて封鎖しようか。

まあとにかく、日本で公開されてどういう反応があるのか、楽しみだ。
"モラトリアムたま子、韓国を襲う"なんて冗談三面記事、やってみたいですね

監督ナチョ・ビガロンド氏の作品はオムニバス短編集『ABCオブデス』にて『アポカリプス』を見た程度なのですが

この監督さんが言いたい事はなんというか

『世界の崩壊なんかより、ささやかな日常が変になっていく方が現実味があって怖い』

という、他の監督なら暗喩的に表現しちゃうテーマ

監督ナチョ・ビガロンド氏はそれが我慢ならんのでしょうな

言葉通り、表現しちゃうのでしょうねぇ

そんな素直な監督のプロットを支えるのは、現代のオシャレ魔人

そう、アン・ハサウェイ女史

仕事出来て、オシャレな
とにかくスマートなイメージが

街並み同様、焼け野原

そんなある意味での映像暴力

笑って楽しみましょう

ちょっとだけよく分からんけど

僕これなんか妙に好き
珍作。

劇中でめちゃくちゃ日本リスペクトされてんのになんでソウルなんだよって思ってたら元は日本で企画されてたのね。

ちょっとだけレゴムービーのシリーズを連想したり。

おもしろかったけど観てるあいだなんでソウル?っていうのが大き過ぎて

提案なんですがエンドロール後にロボが吹っ飛ばされて日本に来て大人気に!とかどうでしょう?

ないか。
>|