シンクロナイズドモンスターのネタバレレビュー・内容・結末

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

新文芸坐 第7回 極端映画祭 1本目!
眠い時に観るとお布団が恋しくなる映画←

アンハサウェイが怪獣とシンクロ〜というところしか知らなかったので、コメディかな?って勝手に思ってたけど良い意味で予想と違った…

割と評価分かれる(低いのが多い?)けど私は嫌いじゃないかも。
ティムもジョエルも結局あんま役立たない(もっと活躍すると思ってた)とかオスカーめんどくせーな、とか思うところは色々あるけれど。

序盤めっちゃオスカー優しかったのに何で?って思ったけど弱ってる時は手を差し伸べて彼女より優位に立ってたってことなの?その後独り立ちされて気に食わない!みたいな。エゴの塊かよ…

主人公グロリアが怪獣を通じて謝罪のメッセージ書く文章に元ネタがあったり、そもそもアンハサウェイのバックボーン(アメリカでアンチが多い)とか知ってるとより楽しめるとか、知ってると一段と楽しめるポイントがちょいちょいあるので色んな人のネタバレとか考察読んでからまた観たい。
ψ(`∇´)ψ
2回目。
再見するとオスカーのどうしようもない、行き場の無い感じが共感できてしまった。
悲しいけど…。
B級特撮物のつもりで観に行ったら、全然違った、、、

途中、ホラー見たいになるし、、
前情報一切なしで見たので、ダメなアン・ハサウェイが何故か怪獣とシンクロして「ちょっと!見た目怖いからって突然攻撃してこないでよ!痛い!もう!!・・・あっ!振り払ったらビル破壊しちゃった!ちょっと!!中の人大丈夫なのっ??」みたいな映画なのかなと思っていたら、全然違った。

見終わって興奮してる状態だから星も1.5だけど、一周回ったら深い映画なのかもしれないけれど、ラストのアン・ハサウェイが韓国のバーの店員にあっさりと秘密を暴露してまたやっかいな事をしでかしそうなオチだったから、ややマイナス。
ダメウーマンの純粋な成長物語ではなさそうで、さくっと数百人を(わざとではないにせよ)殺したという罪悪感はどこへ吹き飛んだんだよというやきもきが残った。

ってか、朝子供たちが通学してる近くの公園で店を花火で放火した酔っ払いの男が変な行動してると通報したら一発アウトな気がしなくもない。
現にグロリアは顔にアザが残るくらい殴られてるわけだし。

登場人物全員クズ。
主人公→アル中、本気で好きなわけでもないモブAと軽々しくセックス。なんなの?お前。
ヒゲ→「俺が悪かった、お詫びとして家具をプレゼントするよ」と言った尻から(直接言ったわけではないが)「お前は俺に従え。じゃないとソウルが大変な事になるぞ」と脅すバカ。田舎に縛られて鬱憤が溜まってゆがんだせいかと思ったら子供の頃からクズだった。
モブA→突然キスしようとするわ、全てを知ってるのに何もしようともせずにヒゲの言いなりの腰抜け。
モブB→ところでお前、本当にヤクやってなかったのか?
まぁどうでもいいわ。
元カレ→彼女が頭のおかしい男に弱みを握られてそうだと感づいたはずなのに、なにもせずの役立たず。

まぁ、こういうのもアリだとは思うし子供のころの工作が壊されたからってなぜ怪獣が生み出されるとかそういう細かいことはどうでもよいけれど、オスカー(ヒゲ)の人格破綻っぷりがムカムカして投げ飛ばすだけじゃスカっとできなかった。
首をポキっとやれよ、エ○ァンゲリオンっぽく。
怪獣=アン・ハサウェイが何と戦うのか、という所にこの映画の面白さがある。

まず彼女が戦うのは酒に甘えて軽率に動く駄目な自分自身。酔った勢いで惨事を招いた事でようやく自身の駄目さを痛感し、立ち直りに成功した彼女の前に最終的に立ちはだかるのは、気の良い地元の友達ジェイソン・サダイキスだ。パワーを得た事で抑制を覚えたアンとは反対に、ジェイソンは自身の欲望の解放に暴走していく。

最初にやらかした後に彼がアンに大量の家具を贈る辺りから絶妙に不穏な気配が漂い始め、この男の闇が決定的になるのが荒んだ彼の家の乱雑さ(しかもただ単に汚いだけではない)でここが本当に素晴らしい。この男がこの町でどんな風に生きてきてどんな鬱屈を抱えているのかが、家の美術だけで完璧に伝わってくる。下手な説明描写を挟まずこの美術だけで勝負した監督のセンスが見事だった(美術による描写という点では彼の経営するバーのちぐはぐさもまた的確にこの男の人生を表現している)。
アンを自分の世界に束縛しようとするジェイソンの行為はまさに精神的DVで、その絶妙に厭な感じがリアルでこの奇想天外な物語にリアリティを与えている。

ヒーロー役になるかと思われた元カレのダン・スティーヴンスも「もっとしっかりしろ」と叱咤激励しているようで、よくよく見れば最初から彼女を自分の理想の枠に押し込めようとしている。それ故に結局の所彼は彼女の戦いの役には立たず、最後は自分で自分自身の人生を掴み取るしかない。

「私今もっと滅茶苦茶よ」というクールな別離宣言と共に始まる最終決戦、腕力では勝てない相手に対してどう挑むかの逆転の発想は痛快で、ここでのアンとジェイソンの表情の芝居対決が素晴らしかった。


だらしない駄目人間ながらも、怪獣のままで自分なりに立ち直り歩き出す主人公をアン・ハサウェイがリアルかつチャーミングに演じていて御見事。普通の気の良い男の鬱屈を徐々に見せていくジェイソン・サダイキスもまた見事。ダン・スティーヴンスはこういう神経質で観る者を不安にさせる役がやはり上手い。
さり気なく撮影が良い事も気に留めておきたい。

駄目な自分自身と自分を束縛しようとする男(たち)とのやさぐれた女性の戦いを怪獣とロボットのバトルとして具現化するという奇想と、奇想で終わらせない田舎町での人間ドラマの絶妙なリアリティと厭さが素晴らしかった。彼女達の葛藤の犠牲になるソウル市民は気の毒だが・・


私事だが、この映画のジェイソンの姿は違う道を歩んだ自分の姿のように見えた。帰省中の地元で観た事で勝手に思わぬ感慨を抱いた。


ラストカットのアンの演技に、この映画の人間の不完全さへの肯定が込められていて素晴らしかった。
ヘンテコ怪獣映画→ネチネチパワハラ映画→理論フル無視大怪獣映画
の変化。

予告編を見たときはファイティグポーズに盛り上がるのかと期待していた。
実際はラストのアンハサウェイの登場に
ウオォーーー!と盛り上がった。

あんなヘンテコなアイデアの怪獣映画をちゃんと完成させられるアメリカの製作システムが羨ましい。
アンハサウェイ自身がこれを望んで作った事にすごく好感を持った。

アンハサウェイの表情、どれも良かった。
モンスターは常にソウルに現れているわけではなく 主人公アンハサウェイおよび元同級生のバーの主人がある決められた条件を満たすことで現れるものだった。そうなると シンクロしていることに気づくパートが余計にわざとらしくなるのでは無いかと思うが それがかなり上手く処理されていた。終盤、シンクロが起きた原因および決着のつけかたにはアラがあるとは思うがバーの主人および彼女が田舎に帰ることになった原因でもある彼氏の両方から独立する部分が爽やかであった。上京して五年ほど暮らしている男としては アンハサウェイと男の両方の気持ちが分かるし そこには、分かり合えないものがあるのでは無いかと思った。あの男のように なんとなく地元に残って自分を縛り付けたあげくに他人までも自分に巻き込もうとするより 田舎とはいえ自分自身でなにかしらの自己表現をしていく方が自己満足に見えてしまっても幸せなのではないかと思わされた。
モンスター版ウォーターボーイズかと思ってたけど全然ちがったし、もっとコメディに酔ってるかとおもったら意外とシリアスでいい意味で期待を裏切られてよかった。お酒は注意
最後はスカッとするし、珍しく一刻も早く消えて欲しい悪役だったから、開放感があって良い。

アンハサウェイは髪ボサボサだし、心底ダメな感じが逆に良い(何歳の設定なのか…)。というか登場人物、全員ダメ。

アクションやラブストーリーを期待すると的外れになる。多分。

細かいところ訳わからない(フライト時間爆アメリカと韓国近すぎじゃね)し、怪獣とシンクロしたきっかけも「まじか笑」て感じだけど、まあ、気にならないといえば気にならない。

それよりも、器が小さい自己嫌悪の塊のくせに力を手にしたばっかりに凶暴になるサイコ凡人オスカーを筆頭に、ダメ彼女を保護者として精神的に支配しようとする過保護ティムとか、頼りないを通り越して影と化す優男とかを放り投げて成長するグロリアを見るのが楽しい。

オスカーは本当にイライラするタイプの悪役。小物だししつこい。グロリアに固執してるのも、まあ多分自分よりも優秀(作文とか工作とか)な上にニューヨークなんて大きい場所に飛び立った彼女が妬ましいだけで、好きでは全然ない…というのは最後のビッチ絶叫で伝わった。
あの花火だって、彼女の褒めた古い方を焼き尽くしてるんだよな主に…。サイコ…。

オスカーが一瞬たりとも被害者のことを考えないのも気持ち悪い。ロボになる前から、同情するグロリアの横で、歴史の目撃者だとかぬかしてたしな。

モンスターは純粋に可愛かった。
TCGメンバーズカードに入会したので、気になっていたアン・ハサウェイの主演&プロデュース作を1000円で観た。

アン・ハサウェイが失業&フラレ&ドランカーなダメ女を演じるというので、『もらとりあむタマ子』みたいな快作になるんじゃないかと期待して観ていたら、前半はまさに期待通りの出来だった。

途中から、なんであんなにDV展開になったのかちょっと分からなかったんだけど、itもよく分からなかったし、今のアメリカ映画はこういうものなのかなあ、と思いつつ・・・。

アン・ハサウェイにはウディ・アレン映画で主演してみてほしい。今ならすごくハマりそう。