パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価・動画配信

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

なんだ、結構面白いじゃねぇか。

KAIJU(怪獣)との死闘を繰り広げた前作から10年後の世界が舞台。平穏を取り戻したかと思われた地球に再びKAIJUがやってくる話。おかえり。

2はあまり評判が良くないイメージだったから何となくスルーしていたのだけど、いざ観てみると「なんだ面白いじゃん」というパターンの映画だった。なんだよー。

たしかに欲言えば"KAIJUが憑依したイェーガー"じゃなくて個性的なKAIJUとたくさん戦ってほしかったり、都会の高層ビルを薙ぎ倒してKAIJUを倒そうとする倫理観ゼロの戦い方にドン引きしたりしたけど、別にそのせいで面白くなかったワケでもないし。まぁそうは言っても前作の方が好きだけども。

『アメスパ2』もそうだけど、なかなか面白いのに興行収入に恵まれず終わってしまった映画シリーズって結構あったんだろうな。パシリム3、観たかったなぁ…。

次はネトフリのアニメシリーズだな。
2021-141

公開当時から気になっていたが見そびれていた作品。
ストーリーは前作見てから大分たつので要所要所でしか覚えていなかったのも良かったのかもしれない。前作の登場人物の不遇も全く気にならなかった。

前作以上にストーリーの内容は薄いと思うがその分映像や音に全振りしたような作品でビルを武器にしたりと細かい事を気にしては楽しめないと思う。
正直あまり期待していなかったのが逆に良かったのか前作と同じくらい楽しめた。お金を大層かけた超娯楽作品。

次回作がもしあるならこの路線で怪獣との戦闘に全振りした迫力に特化した作品を期待する。
りき

りきの感想・評価

3.5
全体的に中国色(政治的な)を感じる映画に仕上がってました笑
まあ今作は監督変わったし、中国資本になってしまっているので仕方ないといえば仕方ないですね…

ただ怪獣との戦闘シーンは前作同様迫力があったり、色々な種類のイェーガーが出てきたりと面白い部分もあり、総合的な面白みは前作より劣りますが十分楽しめました(^^)
Riku

Rikuの感想・評価

3.5
余りにも評価低かったけど真剣佑出てるし、続きが気になったから視聴。確かに前作の登場人物の扱いがかなり酷かったりはしたけど普通に面白いと思ってしまった。
くいく

くいくの感想・評価

2.5
おもしろかったが前作より登場人物に焦点があまり当たらなかったのと最後の戦闘以外あまり盛り上がらなかったのが少し残念
elleg

ellegの感想・評価

4.1
なんか駄作って聞いてたけどめちゃめちゃ面白かった!中国資本が目立つけど、面白けりゃいい!
前作の方がいいけど、本作もなかなか。もっと面白くできそうだったけど、エンタメではあった。未来の日本が中国語に溢れてて、そこはリアルな感じがした。
OBAKE

OBAKEの感想・評価

3.1
前作の続き作品なので続けてみた方が良いが前作程の良さは無かった印象。日本を舞台の戦闘シーンはうれしいが東京が東京ではない。近未来なTOKYOである。
普通
前作があまり刺さらなかったからか今作への期待度が低い状態で見れた上に、前作キャラの扱いなども前作を見たのが結構前だったので記憶も薄れていて思い入れがなかったので全然気にならなかった
ただ新キャラに全然魅力がなくて成長過程も雑で感情移入はできなかった
アクション面は前作で不満だった暗い海での戦闘から一変して今作では昼間の街が主になっていて楽しかった
でもロボの動きがスピーディーになった分重量感も失われてて、戦場に広いスペースがあったのでギチギチ感がなく巨大感もあまり感じれなかったのが残念
あと最初の襲撃の目的がよくわからない
よそ見してて見逃したのかな
ANew

ANewの感想・評価

3.5
前作から10年後を描いた続編。

主人公は前作で司令官を務め、裂け目を破壊したペントコストの息子。最初はドラ息子だが、徐々に父親のようになっていく。

前作からの続投は、ヒロインの森マコ、ニュートンとハーマンの両博士のみ。
マコは序盤で退場。出世してどう怪獣に立ち向かうのか楽しみだったのに😭演じた菊地凛子が凛々しくて良かったのに。

怪獣はまさかの3体合体!イェーガーの倍どころじゃないサイズに。ウルトラマンなどでよく見かける合体怪獣を、まさかアメリカ特撮映画でやるとは。

続編作品としてはまあまあの出来で楽しめる。ただ盛り上がりやカタルシスは前作が上かな?未見の方は是非前作を鑑賞してから。
>|