パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

みんな大好きパシフィック・リムの続編!

早々とデル・トロが監督を下りてしまいましたし、チャーリー・ハナムも出演しない事も知ってしまいましたので、まぁ仕切り直しなのかな?と思ってましたが、そういう細かい事は置いておいて、それなりに楽しめる作品に仕上がっています。

そりゃジプシー・デンジャーが出てくれれば、ね。

あと、予告編が情報漏れ過ぎだと思います、せっかくの大作の続編なんだから、もう少し劇場での新鮮な驚きが欲しかったです。

良かったのは、導入の部分!ここすっごくイイです!新たなメインキャストの立ち位置や紹介が凄く良かった。スクラッパーの造形、最高!

でもね、そこからもちろんおなじみのいろいろな人が出てきてくれるんだけど、前作ほどのはっちゃけさは残念ながら無いんですよ・・・まぁ当たり前なんですけど。

あと、イェーガーの種類、パイロットも含めてなんですが、もう少し個性を出してくれないと、特にパイロットはヘルメット被っちゃうと、もう誰が誰だかワカラナイ・・・

東京で戦ってくれてるけど、唯一ユニコーンは良かったけど、それ以外はここ東京に見えないよ~

あと、ボイエガさんの立ち位置がさ、もう何でも思う通りになっちゃっててさ、放蕩してたのに、軍に帰ってきたらいきなりエース級の扱いなのもちょっと。それにこの人なんにも成長してないから、あの名演説のシーンもイマヒトツ上がらないんだよね・・・

と、いろいろ言ってますけど、面白いんですよ、普通に作ってくれてありがとう、という気持ちです。

まぁ悪役を設定するなら仕方ないんですけどね・・・ミスリードも多いし、髪の毛降ろしたらイイ役になるってのも本当にどうかと思うんだけど、とか期待値の高さの問題だから、まぁ私の問題ですよ、うん。
18.4.19 新宿ピカデリー#2 字幕
前作の魅力であった「外連味と重厚感」を抜いて、出汁のない料理のように薄っぺらい。悪い意味であっという間に終わってしまった。
あえて評価ポイントあげれば、粗の出やすい昼間のバトルから逃げていないこと、怪獣復活のロジックが「とりあえずは」あること、ジョンボイエガがまあまあ。
デルトロも名を連ねているが、このギャラを「シェイプオブウォーター」の製作費にこっそり回してくれたと考えることにする。
OMG!俺は何を観させられたんだ?!

みどころ:
ジョン・ボイエガの熱演
絶望的な脚本と演出
原作愛さえも無い

あらすじ:
ペントコスト指令たちの命と引き換えに地球が救われて10年。指令の一粒種ジェイクは訓練生だったが、チームメートともめてドロップアウトしていた。マコ森の計らいで復帰したジェイクだったが、久々の任務で事件が起こる…。

おいおいおい一体どうすりゃこんなに面白くなく作れるんだ?!擁護できるところがねえよ!誰もキャラ立ちしてないし、イェーガーもキャラ立ちしてないし、あらゆるイベントはすぐ解決されるし、敵に魅力無いし!なぁ監督、一体どうすりゃこうなるんだよ!Jesus!

続編もこの流れじゃ絶望的だぜ!この2を無かったことにしてデルトロに作り直してもらうか、この惨劇を戒めにして続編作成を止めるかしてもらわないとな!こいつぁ駄作だ!Kiss my ass goodbye!南無阿弥陀仏!
ギレルモデルトロの1作目を神格化し過ぎているからか、日本の怪獣作品を見続けた我らからするとなんじゃこりゃあああああな仕上がり。
論理的矛盾が多過ぎるのはさすがにちょっと冷める。。

ボイエガはフィンにしか見えなかったけど爽やかだった。
barrel

barrelの感想・評価

2.7
パシフィックリム...これが...パシフィックリムの続編...?
どうしてこんなことに...

前作では誰もがみんな持っている男の子の心を燃え上がらせるような内容だったのに対し、今作は「前作よりは劣るだろうけど大丈夫かな」と考えていた私の心を震え上がらせた

なんでこんなことに...?
前作のイェーガー、ジプシー・デンジャー、ストライカー・エウレカ、クリムゾン・タイフーン、チェルノ・アルファ、コヨーテ・タンゴ
登場する全てのイェーガーに魅力があり、心の底から楽しむことができる戦闘を続けてくれた。タンカーバットなど、その場にある物を応用してKAIJUと闘う姿を見せてくれた
しかし今作は...

ジプシー・アベンジャー、セイバー・アテナ、ガーディアン・ブラーボ、ブレーザー・フェニックス、オブシディアン・フューリー
どのデザインも素晴らしい。特にセイバーアテナのスラッとしたデザインは最高だと思う

全く出番が無かった。特にジプシーアベンジャー以外はカスみたいな扱いだった
戦闘も、とにかく街をぶっ壊しつつ闘えばいいだろうとしか感じない。全員既存の武器しか使わない
タンカーバットみたいなカッコよさとアホらしさを両立する素晴らしい武器は無かった

前作でもクリムゾン・タイフーンやチェルノ・アルファは直ぐにやられていったね。でもね、3本腕とメイン4機中唯一の第1世代機っていうアピールポイントはあったんだ
今回そういうの無かったな...どいつもこいつも大して活躍しないからな!

舞台もアレ。東京なのになんか富士山近くね?ユニコーンガンダムあんな所なあったか?なんで日本からの援軍無いんだ?
気になるところが多すぎる

あと、戦闘シーンが明るいとなんかダメだ。なんかコレジャナイ感がする
続編やるんだったらギレルモ監督に戻して(切実)

46785




本筋とは全く関係ないんだけど、
何億年もかけて紡がれてきた生命が天災ですべて消滅するのを想像してめまいがした
今日も消えないトラウマ
mpc

mpcの感想・評価

3.5
若者達がnintendo wiiっぽいものを使ってkaiju怪獣と戦うお話。(笑)
細かい突っ込みを放棄すればなかなか楽しめる作品

われらが菊地凛子孃が口パクで残念

なぜか富士山にめっちゃ近い東京都心(笑)で繰り広げられる決戦は見ごたえあり!😹
torisan

torisanの感想・評価

3.2
シン・ゴジラと違って欧米人が東京でビル破壊しまくりながらドヤ顔で闘うのは、思いの外嫌な感じの印象でしたね笑 その東京もあまり東京に見えなくて微妙でした。
Shige

Shigeの感想・評価

3.3
もちろん1は超えれないです!
あれ?トランスフォーマー?
エヴァ?
スターシップ・トゥルーパーズ?笑
スーパーヒーロー戦隊?

主人公達に魅力が無く、途中まではあまり入り込めなかったけど、基地を責められるあたりからそれなりに面白かった!
ツッコミどころ満載!
Yankichi

Yankichiの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

正直前作がすごく良かったので、それに比べると期待ハズレ。
ロボットの重厚感なし、それぞれの個性なし、コックピットの雰囲気もスーツのメカっぽさもなし、ドライブの大変さも軽くしてしまった。
量産型ロボのアイデアは良かったのに、
攻撃が小型ミサイルばかりで、二刀流ソードも変わり映えしない。
ストーリーも軽いし、とにかく残念でした。
真剣佑必要だったかなー。
>|