パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価・動画配信

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.4

あらすじ

『パシフィック・リム アップライジング』に投稿された感想・評価

板水

板水の感想・評価

3.6
前作に続きVFXも素晴らしく面白かった。レジェンダリー・ピクチャーズが大連万達グループに買収されたせいか中国色が若干強かった。ちょろっとしか出てない新田真剣佑のクレジットタイトルが13番目なのには驚いた。一瞬だけどガンダムが出てたのは嬉しかった。
かりの

かりのの感想・評価

1.5
ざんねん
イェーガーはかっこいいんすけどね、演出が誠に遺憾でございます。前作が好きだからこそ懐古厨みてぇになっちゃうけどね...
icchy

icchyの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

4対のタイプが違う巨大ロボット(空を飛ぶ)に、巨大ロボと怪獣のハイブリッド
2つの剣が合体して1つの剣に
巨大怪獣が合体して超巨大怪獣
腕にロケット溶接して空を飛ぶ(仮面ライダーフォーゼかな?!)
いいとこ取りが満載で超激アツ!!!
また、最終決戦が日本ってのも最高
新田真剣佑の活躍もっと見たかった
前作を観ないで鑑賞。おもしろかったので、デルトロ監督の1作目も観ようと思う。
日本人なら誰でも思うだろうが、東京から富士山は遠い。
https://youtu.be/LNA0UgGELls
これは、とてもかっこいい映画なので、ファンムービーをこさえてみました。

人型兵器、イェーガーとカイジユーの闘いは終わった…と思ってたら、謎の人型兵器が東京に現れ、皆酷い目に遭う!

    ※ ※

渾身のロボットプロレスアクションです。
パイロットは、ガンダムのようなコクピットでロボットを操るのではなく、ジャンボーグAの立花ナオキみたく、モーショントラックリモコンで、闘います。映画にするなら、こういう操縦系統の方がかっこいいと思います。中身が薄いと言われても、リアルなロボットプロレスには眼を奪われるだすちーなのでした。
おもち

おもちの感想・評価

3.0
前作の戦いから10年後の世界。復興し平穏を取り戻したと思った矢先の襲撃。ロボット系は子供たちが未来を担うのがお決まりコースなのかな?ド派手な戦闘シーンはカッコよかったけど、前作が好みかも!笑
巨大モンスターはワクワクする!
ぴがし

ぴがしの感想・評価

3.5
話し的には一作目が面白い。けどまぁ、いろんなメカが出てくるあたりは結構見る価値ありかと。まあでもやっぱり一作目かな?
とし

としの感想・評価

3.0
舞台が東京だったことにびっくり。

1作目を観たときは意外だった設定も、2作目ともなれば目新しくはないわけで。
可もなく不可もなく、普通な印象。

1作目よりもロボットが綺麗になっていて、映像の迫力はあったけど、子ども向けの特撮映画か?と思わせるようなビジュアル。
全体的に前作を越えられていなかったなあ‥‥。

22-268
予期せぬ一作目の大ヒットを受けて作られるダメな二作目の典型。
アニメ設定をリアル路線の特撮に落とし込むところが勘所の作品だったのに、アニメをハリウッドで実写化!的なカラッポなものになってしまった。
VS怪獣をたっぷり見せてくれた前作から、
VSイェーガーがメインの構図になってしまった。

後、この時期(今も?)は特に中国資本の映画が多かったせいか、アメリカ万歳から中国万歳に様変わりしてるのがちょっと印象的。

もちろん、迫力満点のラスボス戦など見所は満載です。

三部作って噂もあったけど、今のところ続編は無しの模様。
>|

あなたにおすすめの記事