パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

高史

高史の感想・評価

3.4
前作とノリが違うけど、これはこれでスパロボ感あってかっこ良かった。
日本の間違った看板とかがどうしても気になってしまった、、
ユニコーンが起動してくれてたら間違いなく満点だった
アニメ観てる気分。あっという間に終わる。前作からの続編の展開もアニメっぽくて好き。

このレビューはネタバレを含みます

ギレルモ監督の一作目を観賞済です。それと比べると、前作は夜間の戦闘シーンのみだったんですが、今作ほ昼間の戦闘シーンばかりです。そのためかCGが少し安っぽく見えますね😅ギレルモ監督も前作の時点で気づいていたのであえて夜間のみにしてたみたいですね☺
後、イェーガーの動きがスタイリッシュすぎると思います☺コックピットシーンでもパイロットが軽快に動いていてロボに乗ってる感がない😅
前作のギレルモ監督ではイェーガーの動きは重みがあって、コックピットシーンのパイロットもギッチョン、ギッチョン、と画面の揺れも激しく、戦ってる感がありました☺
ストーリーも前作をなぞってる感じ😅
主人公機のデザインも思いっきり変えてよかったのでは?と思います。
設定は熱いのにかなり勿体ない作品…
自分個人の意見としては、前作から引き続きギレルモ監督のほうがよかったです😃
前作のノリとはちょっと違っていたけど、これはこれでとても面白かった。
なんというか、前作は「怪獣」がいかに恐ろしく、人知を超えた存在として描かれていて実質的には怪獣が主役の「怪獣映画」だったけど、今作はイェーガーを強くかっこよく描くことに力が入っていて言うなれば「スーパーロボットもの」のそれだったように思う。実際、作中には日本のロボット作品への愛情とリスペクトを感じさせるシーンや設定がいくつもあった。
例えば、アマーラのスクラッパーはボスボロットだし、オプシディアン・フューリーはブラックオックスだし、「グラビティ・スリング」は超電磁なんとかだし、シャオ産業のヤツはあの作品の劇場版の量産機だし、トーキョーにはアレが立ってるし…etc

字幕版、吹替版どちらも観たけど、今回は字幕版の方が良かったかな。前作の吹替版のような遊び心はあまり感じられなかったし、中国語と英語の掛け合い部分は字幕版でないとその面白さがなかなか伝わらなかったような気がする。

それにしても、ジェイクのアイスクリームシーンは傑作だった。右手に持ってるんだか左手に持ってるんだか…なめたはずなのに増えてるスプーンのアイスとか、どこぞの塩振りシェフぶりやら、置き去りにされてその後が気になるアイスやら…あのシーンだけでも見所満載ww
イェーガーが進化してめっちゃアクションが軽快。出来ればもっと怪獣vs.イェーガーが観たかった。あとマックス・チャンと真剣佑がもっと活躍すればなお良し。

2018/4/29 TOHOシネマズ秋田
わー記録したと思ったらしてなかった
とりあえず激アツでした!!
(記録日は6月末)
月猫

月猫の感想・評価

3.8
思ってたのと、違ったが楽しい作品。

新世代イェーガーがロボ感ではなく、エヴァ感が強かった気がする。

敵が合体するなら、こっちも合体して欲しかった!

富士山の位置ww
2018.4.19(字幕)

十分楽しい!が、一作目のような重厚感が失われてしまった印象で悲しい。登場人物たちの関係性の描き方も少し雑に感じた。
迫力があったけど、中華街での戦闘シーンは暗くて見にくかったね。
Michi

Michiの感想・評価

2.0
前作に劣る。普通に観ていられるけど、これといって突出した良さはない。ストーリー展開もなんとなく予想できる。
>|