クレアのカメラの作品情報・感想・評価

クレアのカメラ2017年製作の映画)

빌링블록/Claire's Camera/클레어의 카메라

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:69分

3.6

あらすじ

マニ(キム・ミニ)は、韓国の映画会社の社員として、カンヌ映画祭に来ている。女社長ナム(チャン・ミヒ)からの信頼も厚い有能なベテラン社員だ。映画祭も真っ只中、社長からカフェに誘われたマニは、唐突に不誠実だといわれ、仕事を辞めて帰国してくれと言い渡される。マニは、滞在していたアパートも追い出され、予定の帰国日を変更することもできず、一人カンヌに残ることにした。  音楽教師をしているフランス人女性ク…

マニ(キム・ミニ)は、韓国の映画会社の社員として、カンヌ映画祭に来ている。女社長ナム(チャン・ミヒ)からの信頼も厚い有能なベテラン社員だ。映画祭も真っ只中、社長からカフェに誘われたマニは、唐突に不誠実だといわれ、仕事を辞めて帰国してくれと言い渡される。マニは、滞在していたアパートも追い出され、予定の帰国日を変更することもできず、一人カンヌに残ることにした。  音楽教師をしているフランス人女性クレアは、カンヌ映画祭に初めてやってきた。趣味はカメラ。それも自分が一度シャッターを切った相手はもう別人になるという自説を持つ、不思議なオーラを放つ女性だった。   カンヌに来た早々、クレアは韓国人の映画監督ソ(チョン・ジニョン)と知り合う。気があった二人は、製作会社のナム社長と三人で食事をすることになった。二人をカメラに収めたクレアはカメラの自説を披露して、一人先に店を出ていく。  明日は映画の公式上映だ。ナム社長は、ソ監督が自分よりずっと若いマニと火遊びしたことをもっと責めたいところ、クールな対応をしたつもり。だが、クレアが店を出ると、したたか酔い始めたソ監督はナム社長に男女の関係を清算したいと切り出し始める。  海岸沿いをぶらついていたマニは、食事を終えてふらふら歩いてきたクレアと出会う。意気投合し、マニはクレアが撮った写真を見せてもらう。そこには意外な人物が映っていた。それはソ監督とナム社長だった。ようやく理不尽な解雇の原因が分かったマニは、クレアと一緒に首を言い渡されたカフェへ向かう。一部始終を聞いたクレアはカメラを取り出し、マニに向かって同じ場所でシャッターを切った。  そしてカンヌ映画祭最終日。すべての仕事を終え、映画祭期間中の事務所の備品をテキパキとパッキングしているのはマニだ。どうやら元の仕事に戻ったらしい。となると、あのクレアのカメラは本に・・・・・・。

「クレアのカメラ」に投稿された感想・評価

marika

marikaの感想・評価

4.3
雨の中fishmansのIN THE FLIGHT を聴きながら向かった下高井戸シネマで観た クレアの「写真は現実を変える唯一の手段」という言葉を信じてみたくなった ホン・サンス映画の中で1番好き キムミニ綺麗だな 現実で映画のワンシーンを思い出すのも映画を見ていて現実で起きた出来事を思い出すのもどちらも尊くて大好き
はじめ

はじめの感想・評価

4.0
「写真を撮ると別の人間になる」というイザベル・ユペールの言葉が印象深い。
男女関係のもつれが物語のきっかけだが、それが何かは具体的に示されることはない。
カンヌの土地で延々と迂回し続ける人々を、ポラロイドのフラッシュが一瞬つなぎとめる。
キム・ミニの奔放な美しさはもちろん、魔法を使わない魔法使いのようなユペールが素敵だった。
「写真を撮ると、その人が別人になるの」
アンドレ・バザンを思わせるこのセリフの通り、イザベル・ユペール演じるクレアのインスタント・カメラで撮られた主人公たちのストーリーが鮮やかに変容していく。
映画祭開催中のカンヌを舞台に、犬や沖の浮きを栞にして描かれるその様は複雑ながらとても軽やかで、少しほろ苦い。

「ELLE」のイザベル・ユペールと「お嬢さん」のキム・ミニ。それぞれの主演作でカンヌに来ていた世界的女優の共演。なんとたった8日間ですべてが撮られたという「クレアのカメラ」はしかし、いやだからこそホン・サンスの本質が詰まったー映画中のセリフを借りれば「映画に対して素直になれた」ー作品になったのかもしれない。

ホン・サンスとユペール、そして海辺の街といえば「3人のアンヌ」があるが、今作ではそこに加わったキム・ミニがユペールと見事に渡り合う。それにホン・サンスは目一杯の愛情を持って応えた。白い光が射す窓辺でタバコを吸う後ろ姿の美しさ!
mmmcy

mmmcyの感想・評価

-
たのしい。
ビュル「マニ…(お金に聞こえる)」。
監督激怒で音割れ、笑。
liftman

liftmanの感想・評価

3.6
ホン・サンス作品4本目。
今回はいつもよりちょっとだけ動きが多い気がします。映画祭のカンヌが舞台なだけに街がにぎやかか。それでもことさら異国情緒が強調されるわけでもなくやっぱりマイペースに進みます。

ユペールさん、そこそこいってて華奢ですが貫録というか華が感じられます。
キム・ミニさんも長回しで負けてない。むしろホームゲームの余裕みたいなものを感じました。

相変わらずのミニマムな世界で、時にはすっとぼけて時には意表ついて、長回しで変なクローズアップで、なにかしら反復してて、やっぱりオトコがダメなやつですが、どういうわけか観てると落ち着く。上映時間短くてもう終わっちゃうのって感じですが、ラストとか、切れがありました。

これでしばらく新しいのがないと思うとちょっとロスです。
紅

紅の感想・評価

4.0
映画監督をダメ役に自らするホン・サンス、公私混同してるから面白い
鈴木清順が『オペレッタ狸御殿』を撮るに当たり選んだ主演俳優がチャン・ツィーであったこと、日本の俳優には「映画俳優」がいないこと。生きていればきっとキム・ミニで撮ったはず。相方は東出くん。
キムミニ、立ち姿はスッと棒のよう、座るとクニャッと曲がる超身長ならではのあの形GOOD。
監督とクレアの出会いシーン良き。
そして犬のインパクト。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
ホンサンスの中ではちょっと好きじゃなかった!「自由が丘に」もそうだけど、母国話者以外の英語って聞いてていらいらしてしまう笑 うわべだけの会話しかできないし。
それになんか昼ドラみたいにドロドロしてて怖かった、これ撮ったときのホンサンス監督の精神性気になる。

イザベルユペールは黄色が似合いますね!

キムミニの奥に潜む「女の怖さ」みたいなのが結構クセになる、好き
ちせ

ちせの感想・評価

3.5
ユペール様出演作なので勝手にドロドロな活劇が繰り広げられるのかと思ってた。
主演の人が可愛い。
あと監督激昂シーンはあんたどんな立場でその発言してんの?って感じだった。
>|