メガ・シャークVSグレート・タイタンの作品情報・感想・評価・動画配信

メガ・シャークVSグレート・タイタン2015年製作の映画)

Mega Shark vs. Kolossus

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:89分

2.2

「メガ・シャークVSグレート・タイタン」に投稿された感想・評価

このシリーズは、基本、どこかで見た様な、誰かに似てる様な、
これって元ネタは、あれだよなぁ〜な作品です。
ライブラリーってすごいです。感心してしまいます。
それから、一貫して、女性はタンクトップです。
作り手の趣味ですかね。

シャークネードって、なんて偉大な作品だろうと思う今宵でした。
maeshow

maeshowの感想・評価

1.3
しょうもなさすぎてワロタww
どーーーしても暇なときにどうぞ笑
てかこれ4作目なのね🤪

このレビューはネタバレを含みます

やっぱサメなんだよなあ。

ツタヤで「クラッシュ」と「マミー」を借りたものの、観る気分にならず積んだ上、恥ずかしながら延滞してしまった。
二作品レンタル料396円+延滞料420円で816円は風に消えた…ミスの原因は、二作品がシリアスそうで気乗りしなかったというもの。
てな訳で、今作を。

意外と真面目に作られててびっくり。そりゃ巨人がメガサメを宇宙までぶん投げ、衛星を破壊するなんて狂気シーンはあるけれど。
単純に、観客を飽きさせない工夫は随所に見られた。CGは目を背けるほど酷いものじゃないし、役者の演技もなかなか。ソ連の陰謀やら死に際のメッセージやらが交差するストーリーも良き。

肝心のサメはちゃんと登場するし、なんならタイトル通りタイタンと対決もする!やった、詐欺じゃない!
メインは基本女性たちで、昨今求められるフェミニズム的テーマ性もカバー。多くのサメ映画が女性たちに酷い役を押し付けるなか、今作は一味違う。
流石は天下のアサイラム。









ゴッドファーザーよりは面白かった。
メガシャークVSコロッサス
本編でグレートタイタンなんて言葉が1回も出てきてないのに何故このタイトルなのか英題のままで良かったのでは?

このシリーズは初めて観たのだが、CGとかCGと実写のカットの分け方とかは凄いと思った。だが、予算の問題なのかジェット機の中がどうもショボかった
正直途中で飽きて少し寝かせてた
サメ映画のまとめブログを読んだので久々に視聴

メガシャークをはじめ、クソサメ映画は見ても見なくても人生になんの影響もないところが良い(シャークネードは人生が変わるのでクソサメ映画に含まれません!
ハシモ

ハシモの感想・評価

2.0
初のシャーク系。
ストーリーが雑だなと感じた。
巨人の大きさもよくわからんw
ザ・B級
相変わらずサイズ考証が雑なメガシャークシリーズ第四弾。続編の話は聞かないので実質最終章か。

今回の敵は原作諫山創な進○の巨人。サメの敵ではなくて人類の敵なので注意。タイトルに『VS』とついて素直に対立構造取る作品の方が少ないからそんなに気にするほどでもないが。

内容は相変わらずアホなサメ映画路線を突っ走り続けていてる。普通の映画として視聴したら目も当てられないが、サメ映画としては意外な展開の塊なので楽しい。スタッフもきっと楽しく製作してる。

宇宙までジャンプするサメ!
機動性最悪なグレートタイタン!
変に律儀なラスボス(人間)!

本当に愉快なサメ映画なので評価は低いものの話のタネにくらいにはなる。時間の損にはなるが見て損はない。
数多あるサメ映画の中ではまともな方だと思う。かなりの贔屓目かな。ええ、確かにサメ竜巻を映画館に観に行きましたよ。
50m級の巨人 VS メガシャーク!

巨人の身長が伸び縮みする!
サメの寸法も正直わからん!
オスプレイってそんなに簡単に操作できんのん!?

面白い展開があるのは評価。

良きB級。
B級かじりたての方にオヌヌメ。

2020年97本目
naco

nacoの感想・評価

1.9
この映画のひとつ前に見たサメ映画が着ぐる大活躍のハウスシャークだったため、CGとか設定とか色々きちんとしていることに軽く感動しました。(冷静に見るとCGは普通に雑)

国連や核、CIA、とやたら大規模な設定に、VSと言いながらなかなか戦ってくれないところ、やっと戦っても一瞬すぎて何が起こっているのかよく見えないところ、尺稼ぎの内輪揉めなどなど安定のクオリティーでした!
>|