マジカル・ガールの作品情報・感想・評価・動画配信

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

ポン

ポンの感想・評価

3.8
ひとりの子供の些細な願いからどんどん周りの人生が狂っていくお話。

間から色々想像しないと楽しめない映画だから、余裕と集中力がある時にまた見たいなあ
anzu

anzuの感想・評価

4.0
このお父さん、不器用ながらも娘のためにいろいろ考えて、いい奴やん…
ってなるかと思ったら全然違いました笑
tajima

tajimaの感想・評価

3.0
気味が悪い映画でした。
描かれないシーンは、想像するしかありません。見せてくれないのかよってところがありました。
日本のテレビアニメ「魔法少女ユキコ」にあこがれる少女をめぐる物語は悲劇の始まりだった‥。

凄い可愛らしいパッケージとは裏腹に
胸糞悪い話しです。
劇中でも日本のアニメや音楽を使ってるので親近感は湧いた。
ただ、最後の結末まで行くのにストーリーテンポが悪く中盤はダラけてしまう感じが
ちょっと惜しかったかなと思う作品でしたね。
あんぬ

あんぬの感想・評価

4.0
[サスペンス]
沈んだ気持ちになれる暗い映画が好きな人におすすめ。

■あらすじ
白血病で余命わずかな少女アリシアの願いは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」のコスチュームを着て踊ること。
高額なコスチュームを手に入れるため、アリシアの父はある決意をする。彼はある行動により、心が病んだ女性バルバラと偶然出会う。全員の運命の歯車が狂いだす。


↓以下ネタバレ含む感想
こういうの好きですー!!!全体通して暗い。各々が愛に生きてるのに誰も救われない。
川端康成の『眠れる美女』みたいなあの部屋。すごい惹かれた。黒蜥蜴の部屋。セリフのない、空気や余白で想像を掻き立てる"間"の使い方が好みばっちりな映画でした。

物語を語るうえでは、元教師の存在が大きい。
バルバラにかかわることでみんなの人生が狂ったように描かれているが、一番完璧に振り回されている人。
刑務所に入ってなければ、バルバラの旦那どうにかできてただろうし、この人がどう動くかでシナリオがかなり変わってくる。
だけど、そもそも刑務所入ったワケっていうのもバルバラのためなので、元教師に取ったら刑務所入ることは避けられなかったイベント。
そうやってバルバラのために人生ささげてきたのに、本人であるバルバラはDV受けて病んでるし寂しくて不倫するしお金のために身体売れる女。
冷静に考えると愛する価値があるのか不明な女に入れこんで、愛しても報われない役回りで、人生が狂ってしまう。
皮肉な人生の顛末が描かれているのがすごく印象深かった。
そしてそれを見透かすような、アリシアの最後の目。美しく澄んでいて、怖い。
こうやって大人の人生が狂っていく、もともとのきっかけがアリシアにコスチュームを買ってあげたいっていうシンプルな親から子への愛っていうのもどうしようもない感じで好きでした。
バルバラと元教師、2人の続きが気になるエンド。できれば今後も報われないでほしい。
まこと

まことの感想・評価

4.2
ずっときになっていたスペイン映画
白血病で余命わずかな娘をもつ元教師の父親
娘の夢が好きな日本アニメのコスチュームを着ることだと知り、それを手に入れようとするがお値段なんと90万円
これを手に入れるためにいろんな人の人生の歯車が少しずつ狂っていく
誰かのちょっとした行動が他の誰かに影響を与える
スペイン映画の雰囲気とか感情表現の仕方好き 映像きれい
y

yの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

悲劇の連鎖。
私自身語りすぎない演出を好んでいるため、この映画は頭フル回転で面白かった。
アリシアもバルバラも皆んな、あの作品の中の登場人物というより、感情の擬人化として捉えるとスッと入ってくる気がする。
ダミアンが店の人を殺したのは、目撃者がいるとすぐに捕まってしまうからというよりは、1人殺してしまったら何人殺しても同じだと、諦めと自分にかかる責任を軽視するためだと考える。
oxyL

oxyLの感想・評価

3.9
題名に騙されるな。。誰がこんな展開予想できるだろうか。。胸糞で誰も救われないが個人的には
えぇっそうくるか?!と思わせた一本。。
じょん

じょんの感想・評価

3.9
文学的なおもしろさ。
評判いいからみたけど、ささるやつではなかった。
おもしろかったけど。
鷲尾翼

鷲尾翼の感想・評価

3.0
【まとめシネマ】#169

【まとめ】
* 分厚くてムズイ洋書を読んだ感じ
* ラストは後味悪いマフィア映画…
* 全員悪い方向に進む悲劇の映画

全体を通して「分厚くて内容も分からなくて難しい洋書を読んでいる」感じの作品かな。本作はスペイン語で進んでいくプラス、急に暗転してその後に包帯巻きになっていたりと「虫食い部分」を想像しながら、登場人物に起こった悲劇を視聴者に委ねていくので難易度はかなり高め。

ラストは後味悪いマフィア映画のような展開なので、これは個人差が生まれそう…。僕は正直全体の難しさも含めて「うわっ…」と萎えていった…。

本作の登場人物が全員ハッピーエンドを迎えず、悪い方向に進んでいくのも本作の特徴のひとつ。誰一人も同情したくない感じがエンドロールまでずっと続く。
しかし、どこか自分の理解不足で本作を楽しめてないと思える部分もあるし、ラストの展開も後味が悪い反面見応えもある不思議な作品。
>|