カルネの作品情報・感想・評価

カルネ1994年製作の映画)

CARNE

製作国:

上映時間:40分

ジャンル:

3.4

「カルネ」に投稿された感想・評価

一人娘を持つ馬肉屋の親父の話。
編集の仕方とか演出が今観ても面白い!
ネクロ

ネクロの感想・評価

5.0
馬肉屋のオヤジ初期作品にしてギャスパー・ノエ最高傑作。初めて観たのは高校生の時。近所のビデオ屋にはなく、市内(松本)にもなく、隣町(塩尻)まで探しに行った。オープニングの馬の脳みそをかち割るシーン。馬肉を食べる口元のアップ。バン!。
娘を溺愛するあまり、初潮の時の血のシミを見てレイプされたと勘違いし、たまたま居合わせた若者の口に包丁をブッ刺すオヤジの愛情に泣いた(笑った)。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

3.0
馬肉屋…娘…血…。

『カノン』の序章的作品であるが個人的には、この中編映画『カルネ』は観る必要性はさほどない。

寧ろ『カノン』を観た後に、鑑賞した方がこの『カルネ』の良さが深まるのではないか。

ギャスパー・ノエの長編第1作てして『カノン』を楽しむならそんな気がし、極端に言えば『カルネ』を観てしまうと『カノン』の魅力が半減してしまうかとも思える。

そして…愛しすぎることは罪なのか…

一線を越えるか越えないかのギリギリの狭間を彷徨うことが、本当は最もココロ躍動しハラハラドキドキする。

それがモラルに反するかどうかなど、誰にも責めることなどできるはずもない。

誰もが皆、聖人君子生きているのか…違うだろう。

人を責め自分を見失うことが最も罪深いことだ。

孤独感に陥った男は〝異常なる愛情〟の序章として幕を閉じ、『カノン』への扉が開く..★,
柏木

柏木の感想・評価

4.5
パリ郊外で馬肉を売る男の物語

ドゥン!

ペニスの味わうたった9秒の絶頂感が、子に60年の苦難を強いる

最初からとにかく赤い
ドゥン!がクセになる

とても勉強になりました、この後もう一回観ます
初っ端からリアル馬の屠殺シーンと無修正オマ●ンコからの出産シーンで掴みはOK!
でもこれがまさか「生(性)と死」(=エロスとタナトス)を表しているなんて!!
ってのは深読みしすぎでしょうか。

嫁に逃げられたシングルファーザーの父。
はじめての子育てだし異性の娘なので距離の取り方も分からないし、時には自分の娘にムラっとしてしまう。
ある日、初潮によりスカートに血のシミがついている娘を見て勘違いした父は、娘と一緒にいたと思われる男(ぜんぜん無関係人だった)を衝動的に殺してしまい、刑務所に入れられる。

娘に会いたい一心で保釈金のために自分の経営する精肉店(…いわば自分の「過去」)を売り釈放されるが、仕事がなくなり困っていたところに、行きつけのカフェの女の誘惑に会い、女を妊娠させてしまう。

男としての責任感、肉体的な女への性欲、娘への愛情、さまざまな重圧に耐えられなくなった男は、娘(「過去」の象徴)を捨てて女との爛れた生活を選ぶ。


「ペニスの味わうたった9秒の絶頂感が、子に60年の苦難を強いる」

一時の衝動的な感情・行動が、人生に大きく影響してくる。

過去の清算、過去の自分への決別=「死」。
「生きる」ってそういうことなのだな、と言っている映画。
Arisp

Arispの感想・評価

3.5
40分に凝縮されたカルネの舌触りは珍味ながらも格別。
冒頭のたたみかける年月の経過部分から、すぐに引き込まれていった。
印象深いのは、音もなく馬の首から血が間断なく噴き出ているシーン。
月経の赤黒くどろりとした血のような素材を扱いながらも不快な気がしないのは、ギャスパー・ノエがただのサイコ野郎ではなくスタイリッシュなセンスを持ち合わせているからだろう。
K2

K2の感想・評価

3.8
"注意! 感受性を傷つける危険な部分があります"

40分と中編ながらもそこそこの衝撃と「時が経つのは早い」の部分の子気味良いテンポ。コスパ良い。
sou

souの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ギャスパーノエ節効きすぎてしんどいです。
40分と短めの映画ですが暗いし静かだしバイオレンスだしモヤモヤするし凄く疲れます。

娘の接し方を間違えた父が娘の為に勘違いで無関係の男を殺してしまうお話です。
寡黙な映画です。
カノンという映画に続いてます。
McQ

McQの感想・評価

3.8
鬼才ギャスパーノエ監督作品。
変態男の狂気の物語。

観終わって感じるのは、、、
不快、、恐怖、、疲労感、、

と同時にとんでもないものを観たという感覚。。>_<

開始早々、画面には観客に向けた警告テロップが、、
これだけでドキドキ。。

他の映画でもっとエグい描写のものは沢山ありますが、これは見せ方がとにかく強烈であります>_<

男は無口なんですが、頭の中ではとんでもないこと考えています。
それが、めちゃめちゃリアルで恐ろしいです>_<

恐らくこの男のような人間は現実に沢山潜んでるんじゃないかと思います。
そんな恐ろしいことを考えてしまうような作品。

と、、、
ヤバい内容ではありますが、映像センス抜群です!
ギャスパーノエでしか味わえない映像体験>_<
邪悪なカウリスマキ?  40分の作品だが物足りなさは感じなかった。映画の上映時間って長すぎると思う。
>|