ザ・プレイス 運命の交差点の作品情報・感想・評価

「ザ・プレイス 運命の交差点」に投稿された感想・評価

eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0
ヴァレリオ・マスタンドレアのファンとしては外せない1本でした。
一般公開されるのですね。
2018.5.27鑑賞 イタリア映画祭

おとなの事情と同じ監督、キャストも主役含んだ数人が同じだから気になって鑑賞。

ワンシチュエーション、そして最初から最後まで会話劇で、依頼人が謎の男に命じられた任務をしているシーンは皆無。
ずっと同じカフェの同じ席で報告を聞いて、依頼人が何をしたのか、もしくはしてないのかを見ている側の想像に委ねるあたりと、多くを語らず余韻を残すラストで賛否両論分かれそうな気がする…と思ったら案の定。。

私としてはワンシチュエーションの会話劇で1時間半以上もたせるこの構成力がすごくて、小出しで張っていく伏線の回収のテンポが結構早めで次!次!ってなる感じがかなり好きでした。
そしてなんといっても主役のカフェにずっといる謎の男を演じるヴァレリオさんのビジュアルと演技がものすごい好きで、度々進捗報告会が開催されるカフェのシーンも内容を頭の中で整理させつつ男の仕草とかちょっとした表情変化を観察しては引き込まれてました。
無口で無愛想で掴みどころがない役似合うなぁヴァレリオさん…!
依頼人が来るたび上目遣いで確認したり、アンジェラに突然目の前の席に座られて口には出さないけどオッ…て顔したり…
いや〜よかった…正直男がヴァレリオさんじゃなかったら寝てた可能性ある。

あと当初の鑑賞目的だったマルコさん。
おとなの事情とか神様の思し召しでは医者だったけど今回は警官!そして口が悪いし手も出ちゃう!
でもやっぱりパパ役なんだなぁ〜わかるわかるマルコさんめっちゃお父さんって感じするよねわかる。ってなりました。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
イタリア映画祭2018にて鑑賞。一つの考えに囚われてしまう人間の愚かさと、経験や考え方一つでいとも簡単にそこから抜け出すことも出来る人間のしなやかさ。凝りに凝ったプロットで人間の二面性を同時に俯瞰する巧みな脚本に唸る。修羅場の映像なく対話劇で通し切った地味な作品だが、依頼人其々の人間味が頭を擡げ、どう転がっていくのか予断を許さず惹きつける。彼自身が何故こんな“任務”に携わっていたのか窺わせるラストの余韻も素晴らしい。
なやら

なやらの感想・評価

1.5
ひどすぎ。
舞台となるカフェに場の魅力が全くない。ただ清潔なだけの安っぽいチェーン店で訳の分からないオッサンの会話を二時間見せられる。勘弁してくれ。ナイトホークスみたいな抽象的な場を期待してたんだけども。
ロケ地がショボいのはしょうがないとしても、撮影や演出の力で挽回しようという気すら感じられない。昼夜の描き分けとか、雨の使い方とか、もっとマトモな撮り方があるだろう……のんべんだらりと撮ってんじゃないよ!
話も極悪。コレは単に情報を都合良く小出しにしてるだけで、伏線でも何でもない。寓話っぽく逃げるラストもガッカリ。
「おとなの事情」パオロ・ジェノヴェーゼ監督の新作。

前回も全編会話劇だったが、今回は更に場所の移動がほぼなく、会話にかなり頼った作品となっている。

マスタンドレア演じる主演の男は、カフェの奥の席でずっと座ったままだ。
次々彼の前に現れる人たちは、各自欲望を持っていて、それを叶えるために男は「提案」をする。

最初は何が何だか読めない会話も、現れる人が一巡したあたりで、少しずつ関連していたり、結びついたりしているのだということが判ってくる。
ちょっとしたひと言が重要であったり、別の人が提案されていることに関連があったりするので、気が抜けないのだが、
寝不足状態で観たので、ついうっかり目を閉じてしまって、肝心な会話を見逃してしまったことが何度かあった。

マスタンドレアの役は何者なのか、何が目的なのかなど、深掘りするような展開を求めると肩透かしをくらうし、
彼らの欲望を通して何かを問うたり、応えたりというものでもないような気がする。
むしろそこを期待してはいけないような。

日本ではそれほど有名でなかても、イタリア映画としては、超豪華キャスト!
久々にシルヴィオ・ムッチーノ(ガブリエレ・ムッチーノ監督の弟)を観たし、
アンジェラ役のサブリナ・フリッリは年齢不詳だし、盲目の男性を演じた、アレッサンドロ・ボルギは、作品によってイメージがまるで違うし。
マルコ・ジャッリーニの声は相変わらず渋くて良かった。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ミステリーな感じは面白かった。
伏線も多いし、回収もしたし。
どう繋がるのかとか想像するの面白かった。
刑事の息子が盗み働く男だとは思わなかったな。

丸く収まるところは収まって残念なところは残念で。あの夫から暴力受けて最終的に死んじゃった女性は可哀想だったな。
刑事に女の被害届をもみ消すように言ったのは、こうなるためではなかったよね、きっと?
修道女か整形希望女か爆弾老婆のどれかかと思ったんだけど、違ったね。個人的には整形希望女だったら全体的に上手いこと丸く収まったんじゃないかと。
息子とも仲直りするきっかけになっただろうし。

工場男は欲が出てしまったね。良い人そうだったのに途中で少し狂っちゃったもんね。


ただ結局男は誰で、何のために人に助言?をしてたのかは最後までわからなかった。



映画観終わってめちゃくちゃパン食べたくなって、ジョナサンでBLTサンド食べた。
満足。食べてるシーン多いからね。マジ飯テロだよね。
ユリ

ユリの感想・評価

-
イタリア映画祭🇮🇹
2時間同じ場所ほとんど同じ構図人が入れ替わり立ち替わり、で話が進む脚本とアイディアが凄いけど、単調に感じてしまったのと字幕が見辛かったので途中😪😪😪
茶色

茶色の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

場面がカフェから動かず登場人物は起きていることを口頭で説明するという状況で進んでいきます。前回のおとなの事情がツボだったのですが、前回と違い爆弾や誘拐等話が広がる割りに状況説明のみなので入り込めず。ドラマティックな音楽に逆にシラけてしまいましたが、キャラクターが実は繋がっていたりとそこはワクワクしました。あの彼は一体何者なのか、アンジェラは何故彼を動かすことが出来たのか謎が残りました。
とにかくアイディアが面白い。伏線が巧みな作品は多々あれど、これは伏線だけで構成された映画。とはいえイタリア映画らしく、難しい表現なしにいいテンポでストーリーが進む。ミステリー的な部分もあり、映画は徹頭徹尾同じ店内だけの変化のない映像だが、その謎解きに観客もグイグイ引き込まれることになる。

人の運命とは何か、神の存在とは…というテーマが背後に感じられるのもカトリックの総本山イタリアらしい。とはいえそうした宗教的要素は押しつけがましいものではなく、あくまでファンタジーの範囲内に収まっていると言える。

あれは天使か、女神だったのか…見終わった後に、不思議な縁を信じて自分も何か行動したくなるような作品。
くり

くりの感想・評価

3.3
びっくりするほど面白くなく。
頭でつくった不条理劇風情。
劇の強度が低すぎてなんもいえねー。

主演の顔はよかった。
>|