三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

かじ

かじの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

役名忘れた
「三度目の殺人」の意味は、役所広司が殺人を否認して裁判を混乱させて、意図して広瀬すずでなく自分に死刑を与えたことの、自分で自分を殺すという意味なのか、
殺人を否認した理由を福山雅治が信じてしまったことで、死刑判決が下って、その判断が結果として本当の犯人なのかわからない役所広司を殺すことになった、という意味での殺人なのか、どっちだろう?それとも全然違うかな?と考えた
けど、ネットのどこかにもっとまっとう解説があるかもしれないから探してみよう
面会室の2人をガラスの反射で見せた演出、役所広司さんの役柄、すごかった
TooL

TooLの感想・評価

-
ながら見する映画では無かったな、、

微妙な台詞や仕草をきっと見逃して、ストーリーの本質が見えてこなかった。

ミスった。

あとで解説みて補完。

ぜひ見る人はながら見は、やめましょう。
電車の明かり、炎の明かり、火の粉の明かり、水面のひかりが美しい冒頭。終始、映像も音楽も美しい。雪がきれい。
語り手が本当のことを言っているのかわからない不安さ。

普段は広瀬すずそれほど好きじゃないけど、是枝作品の広瀬すずは本当に良い…。
福山雅治の演じるどこか距離感のある役も良い。

この映画は観せてるだけじゃなくて、考えさせようとしてるのかな…
Lemmy

Lemmyの感想・評価

4.2
おもしろいのは、みんな程度の差や立場がことなるとはいえ、「信頼できない語り手」になってること。そしてそうした「信頼できない語り手」に対して司法システムはなすすべかない。

幾重にも押されたスティグマを駆使して意図的に冤罪を目論む者に、死刑のシステムは無力である。世間の感情や被害者の意見も全てが、この意図された冤罪を補強し、その一部になる。

結局、そこでは罪さえ裁けない。
欺瞞を暴露することさえできない。
明月

明月の感想・評価

4.0
なんですか?普通って。
誰が裁くのを決めるんですかね?
いちいち全部突き刺さる、小骨がずっと引っかかって取れないまま、もう引っかかってるのが当たり前のようになっている社会のサボタージュ。見ないふりして生きるのが幸せなのか?タイトル秀逸
saki

sakiの感想・評価

3.3
これがアカデミー賞だなんて、2017年の邦画は本当に残念だったんだなあと思わざるを得ないよ
みんなが自分にも相手にも嘘をつき、空気や常識に流されて物事が進んでいくのが社会だと。
ネコ

ネコの感想・評価

4.1
すごく謎が残る映画だった。でも是枝監督乘作品はすごく好き。おもしろい。

このレビューはネタバレを含みます

東野圭吾的事件にちがいないと序盤思いながら観てると
いやちがうかもしれん やっぱそうかな と最後までじっくり観てしまう
で、意外と深い
かめの

かめのの感想・評価

3.7

もっとシリアスなのかと思いきや、舞台裏見せますよ、綺麗事吐きませんよ的なスタンスの映画で、ニヒルな笑いは楽しめた。

監督自身のインタビューや著作を読む限り、作品のメッセージやテーマ、この作品でいうと犯人を聞かれるのを嫌がっていたが、そういうことを聞かれることは当たり前で、見る側だけに託されすぎる作品もどうかと思う。もちろん、人それぞれ思うことはあるだろうし、この作品の終わり方はかっちりしていないけど、曖昧かと聞かれると、そうでもない。だからこそ、犯人を誰だと思って構成したのか、聞かれるのかもな、とは思う。

私は一貫して役所広司演じる男の犯行だと感じたので、とりわけ犯人は本当は誰かなどとは考えなかったが、こういう整合性を必要とするミステリーものって、現場で台詞を書きなおしたり、ドキュメンタリー的手法を得意とする是枝さんには向いてないなとひしひしと感じた。

日常的な感情の描き方とこういうミステリー的な非日常ものの描き方はやっぱり違うから。
>|