三度目の殺人の作品情報・感想・評価・動画配信

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

誰を裁くかは、誰が決めるんですか。
誰が正しいかは、誰が決めるんですか。
生まれなければよかった人は、誰なんですか。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.7
過去に殺人を犯し、今回は解雇された職場の上司の殺人容疑にかけられる。お金目当てか怨恨か。そもそも本当に殺したのか。殺された被害者の妻と娘もそれぞれ何かを隠しているように見える。誰が嘘をなんのためについているのか。真実はどこにあるのか。
弁護士役の福山雅治も、こういうクールな弁護士役がはまっていた。容疑者の役所広司は言わずもがな。久しぶりにこの人が出演している映画を見た気がする。なにを考えているのか、この人の思いはどこにあるのか、そもそも無いのか。不気味だったり人当たり良さそうだったりで全く得体の知れない、つかみどころのない役だった。
どこまで現実で妄想なのか、もしくは意図的な嘘なのか、観るものに委ねる作りになっている。
職業柄、対象者の家族背景を聞きとるうちに壮大で沼のような複雑な家族背景をイメージしてしまうことがある。もしかしたら、もっと大変な何かが潜んでいるのかも、と。どこかで、いや、もしかしたら、対象者の思いや印象、願望が、反映されているだけかもしれない。そして、自分の思考も影響して、シンプルな家族背景を複雑にしているのかも、と思うことも。

この映画ではそれを思い出した。真実がどこにあるのか、というよりかは、容疑者が信じて欲しい真実ということ。
容疑者の娘の言い分が、真実かどうかの前に、あの言い分を信じて欲しいのだ、ということ。
「誰も信じてくれない。あなたは信じてくれますか?」
わたしも同じことを言われたことがある。今作の中のあの瞬間、容疑者と弁護士は向き合っていたことは確か。それが真実じゃなかったとしても。
人が人を裁くことができるのか。この映画のテーマなんだと思う。
裁判は真実を明らかにする場所ではないと思う。そうであれば嬉しいけど、実際違う。戦いの場で、負けるか勝つか。
三隅容疑者のラストの表情が印象的。共感しようとすると、のまれるタイプの人間に思えた。沼だな。恐ろしい。
映画館で観たらもやもやしてただろうな。
評価低いみたいだけど、結構面白い。白黒はっきりしてほしい、決めてほしい、知りたい人には不向きかも。
Taki

Takiの感想・評価

3.3
勝ちにこだわる弁護士と人が良さそうだが、言うことがコロコロ変わる得体の知れない殺人犯の話。どこが盛り上がるポイントなのか分からないまま、気づいたら終わってしまった感じ。
えま

えまの感想・評価

3.6
私の大好きな後味もやもやな考えさせられる系映画。役所広司さんがひたすら凄い。
完全に役所さん抜きでは描ききれなかった映画、憑依し切ってる最後のシーンは見事としか言いようがない。ここを見れただけでも、この映画を観た価値があったといえるのでは。
メテオ

メテオの感想・評価

3.0
三度目の意味がすぐにはわからなかった。
面会室でのシーンの撮り方が、(向かい合ったり重なり合ったりしてる)ところが心の変化と合わせてる感じがとても印象的
役所広司の演技が凄かった✧*。以前TSUTAYAで借りたのに最近Amazonプライムでもう1回観た♡何とも深い映画♡

このレビューはネタバレを含みます

是枝作品は覚悟して見ないと。
見てるのが辛くなります、
でも目を逸らしてはいけない。
三度目の殺人は個人による殺人じゃないかも知れない。って話ですよね。
う〜〜ん、答えが出ない。
memoria

memoriaの感想・評価

3.4
前半のドライな弁護士の性格と福山の演技は合ってた。
妄想?空想のシーンは犯人とリンクしてるって事を表したかったのか、ちょっとよく分からなかった
河川敷で見つかった焼死体。
逮捕された男は自白して死刑になるのか免れるのか。
弁護士とのやり取りと2転3転する供述に裁判の行方は・・・。

死刑制度の是非を問う映画と言える。
自白と冤罪、日本の司法の問題点が浮き彫りになる。
是枝裕和監督が原作・脚本・編集も兼ねた渾身の一作。

役所広司は「孤狼の血」で見せるような演技から、このような気の弱そうな男まで演技の幅が広い。
一方の福山雅治は是枝監督の肝いりなのだろうが、あの語り口と表情の変化の無さでどうしても福山雅治個人が前に出てしまう。
そういった意味では、幅の狭い役者である。
ミュージシャンのほうに重きを置いているとは思うが、私としては音楽的にもそれほど評価しない。
話がそれたが、福山雅治でなく他の適役の俳優であれば評価はもっと上がっただろう。

私自身は若い頃は被害者の事を考え死刑存置論者であったが、現在は廃止論者である。
無期刑を増やして、社会の為に刑務所の中で働いてもらうのが良いと考えている。
死が最も苦痛なのかは状況による。
冤罪と「どうなっても良い」という人の犯罪抑止になっていない点、そして公権力で人の生死をどうこうしようとする点で死刑には反対である。

しかし今の日本でここまで考える人は少なく、短絡的に応報刑論というのが大多数のコンセンサスであり、議論さえままならないのは日本の今の現状を映し出しているようで悲しいばかりである。
mmichi

mmichiの感想・評価

3.0
見る前「???」

見た後「?????」


感想
主題はどれ??

視聴中、ミスミを弁護する重澤のように、二転三転する作品の重きに振り回される映画。

真相は結局見えず、視聴者には多数の手がかりや、真相らしきものが残されるだけで、取り残されたままエンドロールが流れる

メッセージ性もわからない。
何を言いたかったんだこの映画は?

ただ、弁護士事務所の人々の仕事として弁護士をしている感のある会話は妙にリアリティがあってそこだけは楽しめた
>|