三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

megumi

megumiの感想・評価

3.2
記録。

三度目の殺人という言葉の意味はちゃんとわかったけど、あまり好きではないストーリーでした。

謎解き満載のミステリーが観たかったので消化不良。
藤森唯

藤森唯の感想・評価

4.0
法廷では誰も真実を話さない。
演者の役作りがすばらしかった。
mana

manaの感想・評価

3.0
わたしみたいにせっかちな女には、ムゥ…となる映画。元も子もないけど、一言で言えば、「結局なんなの?」
是枝監督作品。
万引き家族と同様に、現代の日本社会(国家)のあり方に問題提起をしている。今回は死刑が一つのテーマになっていて、結局明確な結論が出ないまま終わる。

代わり映えのしないシーンの中でくどい説明と会話が2時間続く本作だけど、十分に見応えがある。役所さんと広瀬すずの役作りにも凄みを感じられる良作。
まりた

まりたの感想・評価

2.6
頭が良かったら面白いんだろうけど、この手のモヤモヤ形は私は苦手だ
ひろ

ひろの感想・評価

3.4
エンドロールが流れる瞬間、え?ってならない人を尊敬する!是枝監督は常に解釈を委ねてるイメージがあるけど、この映画は本当に難しい。
難しい。。
深い。。
謎が多すぎる。。
ので、観終わった後ネットで色々な意見を見てしまうほど。

是枝監督、深い。。。
こやち

こやちの感想・評価

4.0
これでスッキリ終了と思ったら最後の接見でまた翻弄されてしまった。
それにしても悪人の役所さんは怖い。
うめ

うめの感想・評価

3.6
観る者に完全に委ねる終わり方やね。タイトルの「三度目の殺人」の意味を頭の中でぐるぐると考えさせられた。そう言った意味では、監督の思惑にまんまとハマったって感じかな?
周りが言うほど、腑に落ちないことはなかったと思う。
明瞭な映画だったと思います。
(少しネタバレあり)



役所広司が演じる被告人のセリフに、
「父親も母親も妻も、なんの落ち度もないのに不幸になって死にました。彼らの関係ないところで、命が選別されてるですよ」
たぶん、これが被告人が語った唯一の真実なんだと思いました。

家族から選別された女の子。
彼らを殺害するという選別をした被告人。
真実よりもシステムを選別する司法。
今日も無関心を選別する私たち。

いつも犠牲になるのは、北海道の雪のように純白な魂なのだと思う。

そういった社会(会社や家族も含めた)を描いた貴重な映画。
>|