三度目の殺人の作品情報・感想・評価・動画配信

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Oden

Odenの感想・評価

3.8
二転三転するのが少しイライラしてしまったり。あとからネタバレ的なものを読むと奥が深いとわかった。実に面白い。
T

Tの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

犯罪を前に検察と弁護士という二つの立場から向き合う司法の現場。
その真ん中にある真実に向き合おうとしたとき、見つかるのは「こうあってほしい」という自分の願望の影だけ。
他者が他者である以上「主観的真実」なんてものに辿り着くことは決してない、的な解釈をした。

「器」って発言とか、ラストシーンの意味は大体それで通るかなと。

正直「だから何?」とは思う。
はせ

はせの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

とてもつまらなかった
ストーリーも人物の立ち位置もよくわからない
主張はコロコロ変わるし曖昧な表現だらけで感情移入できない。
鳥の意味も福山雅治の娘も手を合わせるシーンも何を伝えたかったのか。

視聴者に考えさせる系の終わり方だから最後までスッキリすることはない。

脚本はもちろん、是枝作品だから演出を期待したけどいずれもつまらない。

三度目の殺人はどこ?
かなりの読解力を求められる映画だと思います。
Rie

Rieの感想・評価

3.6
結末良い
殺した本当の理由も、足が悪い理由も、皆までは言わずに観ている人に想像させる感じも好き
kento1222

kento1222の感想・評価

3.5
画的なアイデアはいっぱいあったし、悪くはなかった。けど2000年初頭の是枝さんの輝きはない。何故か、平野啓一郎とかと比べてしまうな。

このレビューはネタバレを含みます

あんなに自己利益のことしか考えていなかった重盛が心を揺さぶられていくところに引き込まれた 美津江の足が不自由な理由とか、終わってからも考えさせられる 真実を話すことは大事なのか 真実を話すことで傷つく人がいるなら嘘をつくことが正義なのか 嘘をついても大切な人を救えなかったときの歯痒さはどこにぶつけるのか そもそも大切な人はどうしたら救われるのか 
モヤっとした気持ちだった。
真実は何だったんだ?
映画の流れを思い起こす。
これは、観た人へ判断を任せるということなのか?

殺人の前科がある被告が起訴された。
公訴事実は、解雇された食品工場の社長の殺人容疑。
死刑を無期懲役に減刑するのが目的で依頼を受けた弁護士。
弁護に真実は必要ない。勝てば良い。
そんな弁護士が、真実を知りたいと迫った。

観ているうちに、違和感を覚える。
タイトルにある三度目はどういうことか?
被疑者の殺人前科は1度だった。

弁護士が接見(面会)するたびに、小さな点で、証言が変わる。
違和感を覚える弁護人。
被告人の環境を、確認してゆく。

被告人は、弁護士と同様に、北海道出身だった。
被告人も、弁護士も、家族関係は、うまくいっていなかった。
娘とわかりあえていなかった。

被告人は、1度目の殺人でも、動機が不明確だった。
被告人の部屋は、死刑を受け入れることを前提したように、整理整頓されていた。飼っていたカナリア5羽は、埋葬されていた。
その部屋で見たピーナッツクリーム。

30年前に逮捕した警察官は、「空っぽの器のような男」と語った。
そんな被告人は、相手の気持ちがわかる特殊能力があった。
被告人本人は、何も願望は無い。
相手の願望を叶えたいという、器の役割。

週刊誌の記者に、保険金目当ての殺人と告白。
これは、週刊誌の記者の願望を叶えたいという、嘘だったのではないだろうか?

被害者の娘は、被害者から性的暴行を受けていた、と告白。
被告人は、被害者の娘の心情を受け入れる器となっていたようだった。
殺したいという、被害者の娘の願望を叶えたいと思ったのではないだろうか?

法廷は真実を明らかにする場所ではない。
裁判の前に、争点及び証拠の整理を行う、事前確認会議が行われていた。
大人の事情。

あらためて、映画の冒頭の場面を、振り返る。
被告人が、被害者を殺害している場面。
被告人が、殺人を犯したのは、事実だ。

しかし、真実、真相は、わからない。
関係した人の数だけ、真実はある。

このレビューはネタバレを含みます

役所広司の演技がとても良かった。

結局何が動機なのか、何が真実なのかもわからないまま映画が終了するので、とても余韻の残る作品だった。

広瀬すずは父親に性的虐待を受けていただけでなく、母親との関係性もしんどさがあったように思えて、三隅の存在は本当に大きかったのだろうと思った。

個人的には、弁護士事務所で働いているお姉さんが、死体の状況を聞いて
「当分焼肉は食べられへんわ」と言っていたのに、その直後みんなで焼肉を食べるシーンがあったり、広瀬すずに飴ちゃんをあげるシーンがあったりと、とてもいいキャラクターで好きだった。
むぼ

むぼの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

難しい。
きっと何度観ても難しい。

これとは別に観た映画の中でも
司法は守ってくれないじゃないか
的なことを言ってたんだけど
司法ってなんなんだろうね
必ずしも正しい結果になるわけじゃないし
裁くのも人だから、誰の意見を誰が正しいと思って決めたの?ってなるよね

結局真実がどうだったかって明らかにされなくて、それが良い。必ずしもハッピーエンドじゃないぞっていう現実味があった。

三度目の殺人ってタイトルは死刑をもって最後は自分のことをってことなのかな
真実とか真相ってもうこちら側が思いたいもののことなのかな……難しいよ……哲学的な映画………
かるこ

かるこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

役所さんの演技が凄すぎて前のめりで見てしまった…………
福山雅治と0距離で殺してない!って話すシーンの迫力が………

弁護士主体で進む話はたくさんあるけど、リアルだし闇を覗いてしまった感じがある。。
裁判所側の都合で死刑にするのなんて、まさに三隅が言っていた生死を握れるってことだもんな。

結局真実が明かされないっていうのもリアル。。
現実だって、なにが真実かなんてわかんないよね。
やるせない。とても。心に残る。

てか、タイトル回収されてないよ!
自分で考えろってか!
>|

あなたにおすすめの記事