三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

3.8

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

試写会。
ぶんず

ぶんずの感想・評価

4.3
人の奥深い心情が絶妙に描かれてる心理サスペンス。なので脳がフル回転。鑑賞後にちょっとした疲労感。タイトルを振り返り意味を知るとぞわぞわと心が揺れる。もう一回観たくなった。余韻すごい。役所広司すごい。重いけど深い作品。やっぱり是枝監督の作品好きだな。好き。
音響効果や光や風の撮り方が素敵。樹々が風で揺れる音とか好き。雪のシーンも素敵。
拘置所での2人芝居シーンが印象的だったんだけど、背景は殺風景なので役者自体の演技力の凄さが際立ってて圧倒されたな。共演者の魅力をも引き出す…やっぱり役所広司すごい。何度でも言う。役所広司すごい。
デデ

デデの感想・評価

-
もやもや
役所さんの映画でした
この人の演技だからこそ、こんなにも、犯人像がつかめない
もしクイズだとしたら明快な正解は
ここには無い、しかしそれぞれの観客は自分なりの正解を見つけたつもりになる。
かなり映画でしかできない表現。
福山さんは役所さんに引っ張られてかなり素晴らしい演技をしているし、広瀬すずは恐るべし。
カメラの瀧本さんがとにかく素晴らしいです。
Smowgs

Smowgsの感想・評価

3.3
既視感が随所に
見事に翻弄されてしまいました。
1回みただけではまだ理解しきれません。何回かみて答えを自分で探すまではこのモヤモヤが続きそうです。
サスペンスというより、もっとその奥底に潜んだ、新しいジャンルの映画だと思いました。
福山さんと役所さんの演技が交わった時の緊張感がとても印象的でした!
真犯人は誰かにとらわれがちだけど「3度目の殺人」というタイトルの意味に立ち返ったときこの作品のすごさわかった気がする
ロム

ロムの感想・評価

3.9
完成披露試写会にて。

正直、一度観ただけでは咀嚼しきれないほどの重量のある作品だった。
是枝作品は実はあんまり得意じゃなかったけど、これはなかなかの見応え。

主人公の弁護士の、戸惑いと疑念、葛藤、やがて恐怖心から絶望までが観て取れたのにはちょっと圧倒された。
福山雅治、吉田鋼太郎、満島真之介扮する三者三様の「弁護士としてあるべき姿」も、それぞれに理解出来て、この三者は必要だったと納得。

ファンだからということとは別に、これはもう一度観なければならないと思った。

で、ここからはファン目線。
贔屓目が入っているのは分かっているけど、ましゃ、演技すっごく上手くなってたよ。
それと、舞台挨拶の時のマイクを通した生声、もう何年も何度も聴いてるけど、やっぱり萌えました💕
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.0
市川実日子はいい女優になったなあ(だけ…)