三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

誰に感情移入していいのか忙しい。
誰の言うことにも共感する部分はある。

現実はただそこにあるだけで、
みんながそれぞれの立場で見たいものを見ている。
数ある幻想の中で納得できるものを真実と呼ぶのかもしれない。
その意味で、 真実なんてものは結局頭の中にしかないんだろうな。
Dynarin

Dynarinの感想・評価

3.5
誰かが命を選別している…
いいキャスティングでした。良い作品でした。

斉藤由貴がタイムリー過ぎて、痛々しかったな(T . T)
タオ

タオの感想・評価

4.0
よく考えられた脚本と演出…。
ただのミステリーだと思って観たからやられた。すごいおもしろい。

是枝監督の練られた脚本と演出、瀧本幹也の撮影センス、役所広司の熱演。
Fukumi

Fukumiの感想・評価

3.5
みんな演技が上手い。
やっぱ、広瀬すずうまい
サ

サの感想・評価

3.5
人は人を理解できないし、そのことを逆手に取って嘘をついたり演技をしたりする人もいるから、もう輪をかけて理解できないし、あと社会的な役割を使い分けるから一貫しないし、言ってることとやってることも違ったりするし、もう理解できないっす。無理。

人が人を理解しようとすることは、何処まで行っても自分の解釈を相手に重ねることでしかないわけで、三隅のような空虚で底知れない人物を前にしたときには、ハッキリと自分の願望がそこに映りこむのでしょうね。(面会室の硝子を鏡に見立てる演出は色んな映画でよく目にしますが今作では非常に効果的でしたね。)
みなみ

みなみの感想・評価

3.5
なんとも言えない、難しい、、、
れじみ

れじみの感想・評価

3.8
強盗殺人の容疑で逮捕された男と彼の弁護を担当することになった弁護士との交流を描く人間ドラマ。

是枝裕和監督の作品は「海街diary」しか鑑賞したことがなく、残念ながら自分には監督の作家性を述べるほどの見識はない。
ただ間違いないのは、物語の雰囲気はまるで違えど、鎌倉を舞台に四姉妹の姿を情景たっぷりに描いた「海街diary」がそうであったように、本作も家族の物語であると言う点である。
そしてそれは恐らく、是枝監督が作家人生を通して描いてきたテーマでもあるはずだ。

福山雅治演じる弁護士の重盛は合理的な考え方を持つ人間であり、真実はどうでも良くいかに裁判に勝つかを信条としている。
その合理的な考えは疎遠になっている娘にも確かに受け継がれている。
では重盛は誰からそれを受け継いだのか…それは間違いなく元裁判官である父親の彰久からである。
役所広司演じる三隅は強盗殺人の容疑で逮捕され、拘置所に勾留されている。
三隅もまた30年前に犯した殺人の罪によって娘との接点を失っている。
重盛はしぶしぶ引き受けた弁護で三隅と出会い、また、上京してきた父や連絡をくれた娘との交流を持つことで、確固たるものであったはずのアイデンティティーが瓦解していく。

裁判官であった重盛の父が語るように、殺す人間と殺さない人間の間には本来深い溝があるはずなのだ。
ところが、拘置所の面会室のガラス窓をメタファーにして、その溝は徐々に曖昧になっていく。
空っぽの器であるかのような三隅に翻弄され、重盛の信条とアイデンティティーが崩壊していく様を福山雅治が見事に演じている。
言わば法廷版「容疑者Xの献身」とも呼べる本作での福山雅治の存在感は、本家「容疑者Xの献身」で完全に蚊帳の外であったそれとは明らかに異なる。
「そして父になる」で築いた是枝監督と福山雅治の信頼関係は確かなもののようだ。

本作がただの法廷サスペンスではなく、解釈の難しい難解な物語になっている一因は、供述が次から次へと変わり全く本音が見えない三隅の言動にある。
そんな三隅を余裕たっぷりの演技で表現してみせた役所広司には否応なく惹きこまれてしまう。
まるで役所広司のシーンだけ韓国映画から切り取って来たかのような異質な存在感は、観客に対して大きなインパクトをもたらしている。
ちなみにもし韓国映画としてリメイクされるなら、役所広司の役はチェ・ミンシクにやってもらいたい(笑)

拘置所の面会室での重盛と三隅の会話は、善と悪の境界線を曖昧にして観客を混乱へと導く。
先程自分は本作を法廷版「容疑者Xの献身」と例えたが(一から十までが同じではなく、あくまで部分的にではあるが)、決してこれが正しい解釈として成り立っているとは思わないし、観る者によって十人十色の解釈があって然るべきである。
作中の台詞を借りるなら、本作にとっては真実などどうでも良いことなのであろう。

意地悪なぐらいのどアップで撮られ続ける広瀬すずだが、そんな事お構いなしと言わんばかりにこれでもかと凛とした表情を観客へと見せつけてくる。
自身の出世作となった「海街diary」での役柄とある意味リンクする部分もあるが、決して等身大の役柄とは言えず、その中でこれだけの演技をしてみせた広瀬すずはやはり稀有な女優なのであろう。
斉藤由貴は今ワイドショーを騒がせている状況と同じような役柄でさすがに笑ってしまったが(笑)、軽薄な母親をきっちりと演じている。
また、吉田鋼太郎、満島真之介、市川実日子、橋爪功らクセのある脇役陣もその存在感をしっかりと見せつけてくれた。

殺人を犯した男とその弁護を請け負った弁護士の交流を軸にして、家族の在り方、また司法制度の問題点にも言及しており、見応えは抜群である。
またやはり映像が素晴らしく、その映像だけでも十分に惹きこまれてしまう。
上映時間の長さを感じないとは言わないが、先の読めない展開のおかげで興味を失う暇もないだろう。
何か明確な答えが用意されている作品ではなく、難解な物語ではあるが、ありがちな人間ドラマに飽き飽きした方には是非ともオススメしたい作品である。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.8
 これまで「家族」を主題にして映画を作ってきた是枝監督による、自身初となる法廷劇。観てみると、これまで自分が見てきた世界が全て崩されたかのような感覚を覚えるとんでもない作品でした。

 今作の制作の発端は、是枝監督が弁護士にインタビューをした際の、「裁判は真実を解明する場ではない」という発言だそうです。劇中でもある台詞ですが、裁判に参加している人間は全員が司法という同じ船に乗っていて、それを期日までに目的地へと到着させることが最大の目的だそうです。なので、本作でも福山雅治演じる重盛は真実など二の次で、「勝利」に拘っています。そして、他の検察も裁判官も、打ち合わせ通りの展開で判決を下そうとします。そこには「真実」はありません。あるのは、各々の思惑を忖度した、「司法というシステムを回す」ための真実です。

 今作では、他の法廷モノとは、視点が違います。普通は視聴者が神の視点を持ち、事件を傍観して、ただ1つの真実に行き着きます。ですが、今作の視点は重盛個人のものが大半です。他にも咲江視点も少しあります。なので、観客は登場人物とともに、真実を推し量っていくしかないのです。

 そんな中登場する犯人の三隅。彼は供述をコロコロ変え、重盛を、そして我々を翻弄します。そして、登場する度に印象もコロコロ変わります。この三隅の印象が映画のトーン全てを決定づけていきます。最初はサイコパスかと思っていると、調査を続けていくうちに、実は結構まともな奴なのかもしれない、と思えるようになります。そしてだんだんと、実は三隅は、重盛と非常に似た考え(=人は知らずに命を選別されている。だから、その命を自由にできる裁判官に憧れた)が明らかになります。

 本作では接見室の、互いを隔てているガラスに代表されるような、人と人とを分断するイメージが頻繁に出てきます。そして、作中の人物は、何かを隔てて会話をしている気がします。三隅とはもちろんですが、図書館?のセパレート、重盛の家のキッチンなどです。このキッチンで、三隅の父はこう言います。「人の心なんて分からない。家族でさえそうなんだから」と。まさにこの分断は、人と人との心の壁のイメージなのだと思います。要するにATフィールドです。得体の知れない三隅とは、常にガラス1枚を隔てています。彼は最も分かりあうことから遠い存在でもあります。ですが、重盛と一瞬だけ、ガラスをとって心を通わせるシーンがあります。

 このように、何もかも不確定な世界に純粋な存在として登場するのが、広瀬すず演じる咲江です。彼女は、少なくとも大人よりは真っ直ぐな目で、「誰が裁くって決めてるんですか」と聞きます。これまでの様々な発言から、もう重盛にも、観客にも「真実」は分からなくなっています。しかし、判決はでます。彼女の存在により、このシステムの不透明さが増します。

 人に裁きを下し、場合によっては死を与える。考えてみれば、こんなことは全てを知っているはずの神にしかできないはずです。ですが、司法は不完全な人間が行い、死を与えている。宗教的イメージも多いので、こんなことも考えちゃいますね。

 中盤、過去に三隅を捕まえた人が三隅を指してこう言います。「空っぽの器のようだった」と。重盛は三隅と接見を重ねるにつれて、「真実」を求めるようになります。そして、最後の接見で、これまで得た情報から、彼なりの「推理」をします。それは観客も予想がつくものです。普通ならここで真相が明かされてハッピーエンドなのですが、さすが是枝さん。安易には終わってくれません。三隅はその推理を聞き、こう言うのです。「駄目ですよ、私みたいな人殺しに期待しちゃ」と。つまり、重盛も、観客も、三隅という「器」に、自分の都合のいい真実を入れていただけに過ぎないということに気付くのです。

 つまり、何も見えていなかったのです。我々も。

 それを裏付けるのが、ラストの演出だと思います。鏡に映った三隅と重盛が重なります。三隅の中に重盛の「真実」が入るも、重盛が離れていく。そしてそこに残ったのはがらんどうの三隅。恐ろしい演出です。

 我々は須らく他人という器に、自分で作り上げた「真実」を入れている。そんなんだから、真実は分からない。だが、それでも司法のシステムは動いている。三隅は裁かれる。これが「三度目の殺人」なのでしょうか。まぁ、勝手な憶測を立てても、所詮、この映画という器に自分にとって都合のいい真実を入れているだけなのでしょうが。

 ラストの十字路が、この何もはっきりしない世界で我々がどう生きるか、を問いかけているようでした。技術系も、俳優の演技も本当にレベルが高く、素晴らしい作品でした。
いまとなっては、斉藤由貴のインパクトが大きすぎる。
>|