三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

つまんなかった…びっくり…しばらく是枝さんは注意しなきゃな。
海街も全然だったし、観に行った自分が悪いかな〜〜
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.2
話題になっていただけに完成度の高い作品でした

終始、頭をつかっていないとついていけなくなるスピード感
エンドロール流れてからずっとやるせない気持ちになります

弁護士と被害者娘と犯人が殺人事件によって繋がる
犯人は捕まっても真実は逃げつづける

是枝監督の人気作といえる
そして父になるの福山雅治さん、
海街ダイアリーの広瀬すずさんの圧巻の演技
もちろん役所広司さんも!

真実は何?と見終わったあとに思いがちですが、
是枝監督が訴えたいのは犯人どうこうではなく
その過程と各個人の想いや裁判制度について
何が正しくて何が間違っているのかは一概に言えないという
メッセージがあるように感じられました

作成中、役者の方が
「犯人は結局だれですか?」と
是枝監督に尋ねたところ、
「誰だと思いますか?」
と返されたそうです

その分、本当に犯人は誰なのかと思う弁護士(福山雅治さん)の迫る来る演技にリアリティがありました


ちなみにホラー要素はありませんね(笑)
Namirich

Namirichの感想・評価

3.6
ミステリーのような体をなしていながら、実際は司法の問題点や限界を問題提起する作品。
河原の場面が二通りある時点で真実を作中で知るのは難しく(少なくとも私的には)、それは作品の主題ではなく、結局曖昧に終わった裁判自体を考える材料として提供された、と感じた。
ということ、どうしてもモヤモヤする作品だし、間延びしてる感もあったが、役所広司の演技は良かった。
lilykamata

lilykamataの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後まで よくかわらなかったなぁ。話がすごく深かったんだと思う。機内だったので流し見してしまった。
おもしろくないわけではないけど、別に好きじゃないなあ

広瀬すずは、演技と喋り方が苦手だから、
こういう叫んだりしない抑えた演技は良いなあと思う。目が、いい。

斉藤由貴と役所さんが凄い。
役所さん、日々ころころと変わる証言のように、コロコロと表情や人柄が変わる


福山雅治はどうしても福山雅治で、ラストの方、桜の木の話をするところで頭の中に桜坂が流れてきてもうダメだと思った。
正直、ストーリーとしてはよくある感じ。ミステリーとしてどうこうより、三隅を演じる役所さんの何を考えているのか分からない得体のしれない感に見入ってしまいました。もうちょっと役所さんと福山さんの演技対決になっていると良かったのだけど、福山さんは役所さんに飲まれていたなぁ。
モモ

モモの感想・評価

2.0
《記録》
また観たい ☆☆☆☆☆
1人で観る ★★☆☆☆
恋人と観る ☆☆☆☆☆
友達と観る ★☆☆☆☆

・感動なし

心に残った映画ではない。
タイトルの意味は自分なりに理解できたが真実がわからないまま終わるので、考察大好き派ではない私にとってはモヤっとした。
大人向け。福山雅治の役と役所広司の役それぞれ立場が違うけど、感覚など人間の本質的な部分は同じなんだろうな、だから最後答え合わせみたいに話してたんだろうな。自分的にはこういう作品は映画館で見るのは微妙だなと思いました。
yoshisaya

yoshisayaの感想・評価

3.2
人格がコロコロ変わる殺人犯
弁護士として殺人犯の裁判に
かかわるうちに
人を裁くことの意味に悩むはなし。
結局、最後は本当に殺したのか
なぜ殺したのか、わからないまま
モヤっとして終わる…
面会シーンでガラス越しに
顔が重なるシーンが印象的。
3度目の殺人はそういうことかと分かるけど、果たして真実は、なにが本当で何が嘘?と終わり方に賛否が分かれる。
いろんな解説を読んで考えられる作品ではある。
容疑者役所広司のいろんな表情やしぐさの高低差で自分の考えが強かった弁護士の福山の考えが揺れ動いてく様はすごいの一言。
>|