三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

これが是枝流の法廷サスペンス・ミステリーなのだろうが、このモヤモヤ感はどうも…
kao

kaoの感想・評価

3.0
あまりに期待値が高過ぎたかも?
広瀬すずちゃん暗い役お上手。
ak

akの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます


前から気になったので観ました。
是枝監督らしい、空気感があり余韻を感じさせる雰囲気が終始続きます。

役所広司さんの演技が決して派手ではなく、また荒々しさもないのに、一言一言何を言うのか気になり、何ともいえない魅力がありました。

途中まではとても良かったんですが、ラスト30分から急に作りが荒くなり、何故急に咲江ちゃんがお父さんとのことを言う気になったのか、それは果たして真実なのか、三隅さんの無罪発言は真実なのか、誰が何を裁きたかったのか。
全部がモヤモヤ、というより、ふわっと終わり、あとは皆様に任せます感が強いままでエンドロールが始まり、えー!?となりました。思わず何処か見落としたのかと、巻き戻してしまいました…

あれだけふわっとさせるなら、せめて最後に三隅さんの回想で真実が再生され、誰も予想してなかった展開が広がり終わる…ぐらいの盛り上がりがないと、物足りないなあと感じました。余韻に浸ることは出来ますが、その余韻が広すぎてもてあそんでしまいます…

作品の雰囲気は少し湿っぽくて好きだったので、もう少し作中に静と動の「動」があればな、と思いました。
はっきりとした結末があるのだろうと思っていたが...。見た人に考えさせるような作りなのかな?表現したいことは伝わるんだけど、何か隠されたキーワードがあるような。
全員が何かを守ろうとして嘘をついていてすごく考えさせられる作品だなと思った。

あらすじ
勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。
kuroday

kurodayの感想・評価

4.0
見終えた後のこの虚無感はなんなんだろう?
この映画をあえて言うなら静寂のサイコサスペンスと言って良いのかもしれない。
犯罪者の三隅(役所広司)と彼を弁護する重盛(福山雅治)との面会内容がまるで雪のように手にしては溶けていき、その様は何が本質で何がまやかしなのか見るものをグイグイ引き込ませていく。
また、タイトルが意味する「三度目の殺人」は、多分にこのエンディングの事なのだろう。
誰を裁くかは誰が決めるのか?
鑑賞後のもやもや、わからないが心地良い作品だと思いました。
たぶん考えても答えが導けないと思うけど、視聴者に判断を委ねる展開、結末になんだか納得できるようね、逆にそこが面白いとすごく感じることのできる内容。

現在の司法制度の内情、問題。
そしてひとが人を裁くことはできるのか?

広瀬すずの
「誰を裁くのかは、誰が決めるんですか?」
はとても印象的な台詞。

役所広司の演技が凄すぎて、やったのか?やってないのか?とことん翻弄される感じです。広瀬すずも良かったです。
Eiji

Eijiの感想・評価

3.2
是枝監督好きなんだけど、これは面白くなかった。
ミステリー苦手なんじゃないのか、、、是枝監督
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.0
役所広司演じる被告人の証言が二転三転するため、結局真相は闇の中。
モヤっとする結末というのも嫌いではないですが、一貫して何を伝えたいのかよく分からず、「?」となっているうちに映画が終わってしまいました。人を裁くのに私刑も司法も違いがあるのか、とかそういうテーマがあるのはなんとなく。。。
全部はわかりませんでした。難しいです。

役所広司が殺人犯というのが、あまり説得力なかったなー、なんか良い人に見えてしまう。
Abu

Abuの感想・評価

3.8
みい太郎さんの経験で、入院中は不思議だけど普段観ない系の作品をよく観たというコメントを頂き、私も普段見ない系にチャレンジする事にしました。

まずは是枝監督
別に避けていた訳でもないが、どうも作品の題材に興味をそそられない事が多かった。
本作は当然コンペ狙いなんだろうけど、世界が認めるだけの事はある。
何というか全体のバランスが抜群に良い。
それがストーリーと相まって、どんどん持っていかれる。
観終わって、神妙な気分になってしまった。

映画業界、振り向けば「広瀬すず」に「役所広司」
これも頷ける。
>|