三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

mami

mamiの感想・評価

4.0
機内で観た。
ミステリーとして、人間ドラマとして、最後まで一気に観客を引っ張る作品。
storyは、それなりに楽しめたが、やはり、役所さんの演技に尽きる。それだけで観る価値があるかも。
結局、真実が明確に示されてないから、一般受けしないというreviewが多いのかな?
監督が、是枝さんだと知らずに観た。
ニセモノの作った是枝監督風カレーだと思って食べたら本物の是枝監督による本物のうんこ
うーん。よくわからなかったけど、グリーンマイルを思い出した。
映画館の中で映画だけに集中する、
もしくは携帯を近くに置かないで1人で
見たらきっと3.5くらい。
皆山

皆山の感想・評価

3.7
こんっなに重い話だと思わなかった、、笑
なんか悲しかったな〜

法廷では誰も話を聞いてくれない、みんなで嘘を並べ合わせて阿吽の呼吸を取っている
ってことをひしひし感じた、この映画が伝えたかったことだと思う〜
gurico

guricoの感想・評価

2.9
役所広司の迫力がすごい。
ほぼ景色が変わらない世界で圧倒的な存在感。
でも、これどーゆーことなんや?!
moriri

moririの感想・評価

3.2
個人的に結末がはっきり、なんならどんでん返しくらいのものが好きなので観終わった時はモヤモヤした感情になりましたが、皆さんのレビューを見ているとなるほど、と思いました。
この映画は現実的で、観る人によって意見が違う。そういった意味ではそれもそれで面白いなと思いました。
ミステリー?文学作品?
「器」というキーワードを素直に受けとるならばミステリーか?

雰囲気と音楽だけ作り込んだって感じ。
まったく真実が明かされない。
役所広司の言うことは何も信用できない。
文学的過ぎて難しい。
信じるとしたら、広瀬すずしかないのでは。
みんながみんな嘘をついていると言うのは難しいから。そうすると、真実は役所広司が犯人、ただ裁きたかった、という動機。
広瀬すずと共謀かどうかは分からない。
あれは広瀬すずの心象イメージと考える方が無難かも。
結局真実は分からない、というのがこの映画のテーマかと。
是枝監督カンヌ映画祭最高賞受賞おめでとうございます。

あぁ、これ一般受けしないやつだ。
と、思いながらもどんどんそのテーマに引き込まれていく。

とりあえず、良かったシーンはラスト
透明の壁越しに反射して写る福山の顔に
役所広司の顔。

毎回、監督の作品には見終わった後
考えさせられる事が多い。
>|