三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

寝ちゃったからもっかい見たい
話が難しかったけどちゃんと見たらおもしろそう
ゆいぴ

ゆいぴの感想・評価

3.1
結末は視聴者次第な映画は苦手なのでラストがしっくりこなかったです。
でも役者さんの演技がとてもリアルで役所広司さんさすがだなと思いました。
mona

monaの感想・評価

3.7
社会の理不尽さを描いた映画。
主人公3人、互いに重なっていた。
はっきりした答えがある映画ではないけれど、いろいろ考えさせられる。
面白かった。友人2人はつまんないと言っていた
MaiKudo

MaiKudoの感想・評価

-
嘘をついてついてつき続けたら
それは真実になることもある
信じたいか、信じたくないか
信じればそれが真実
信じなければ嘘
三度目は自分自身
色々考えたら疲労感がすごい
.
顔の寄りが多かった
表情を読むの難しい
役所さんの顔と反射してる福山さんの顔が重なりそうなあの感じがとても好きだった
面会のシーンの撮り方
是枝作品によく出てくる関西弁の女優さんがとても気になってます
演技レベル高いなぁと。
本当に理解できた気がしない、、
ちりり

ちりりの感想・評価

3.8
東京国際映画祭でみたため、是枝監督のコメントも聞けました。
広瀬すずさんがいつものキラキラした感じでないのが、女優としての実力を感じました。
是枝監督は撮影の後、ご自分で編集し、脚本を直して続けたそうです。まさにライブで作られた作品なんでしょう。
クールな弁護士が事件にどんどんのめり込んで行くのが、不思議なほど人間的に見えました。
作品の意図を難しく考えると、答えが出ない。自分の中でなんらかの自問自答が生まれれば良い。そんな映画だと思います。
監督は、弁護士の最終弁論の長いシーンをカットしたと言ってました。その効果もあるのか、個人的な解釈で止まる。映画としての回答はでない。そういう見方で正しいのではないでしょうか。
進展なし、なんも感じない。
ただ福山がイケメンなだけの映画
westtribe

westtribeの感想・評価

3.8
なるほど、噂通りモヤモヤする作品でした。タイトルの意味をいろいろ考えちゃったな。

スッキリとはしないけど、飽きずにのめり込んで観られた。広瀬すずは『海街〜』といい『怒り』といい、こういう影のある役の方が映えるのかもしれない。
aiueooooo

aiueoooooの感想・評価

4.6
終盤の福山さんと役所さんのショットすごくないですか・・・。
びっくりしちゃった。
そして、これがオリジナル脚本だなんて、恐るべき是枝監督!!
顔のアップのシーンが多いんだよね。そこでさ、鼻に反射して輝いている光が綺麗だった。
>|