渇き。の作品情報・感想・評価・動画配信

渇き。2013年製作の映画)

上映日:2014年06月27日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.1

あらすじ

「渇き。」に投稿された感想・評価

Kaju

Kajuの感想・評価

3.2
来るをみてから中島監督の世界観がきになり、ずっと避けていたこちらを観賞。役所広司さんのイメージが変わった!本当に狂ってるんじゃないかと思ったし怖かった。なんかいもキ○ガイって言葉がでてくる映画なんて中々ない。小松菜奈さんが演じる加奈子の魅力がすごくて愛に飢えてるのかとおもったら愛を知らない感じで…だんだんかわいそうになってきた。

独特の世界観が不気味なこの映画にピッタリでした。ただ、暴力性がありすぎてちょっと私は苦手なジャンルなのにさいごまでみたくなる…そんな映画でした。
natu

natuの感想・評価

-
登場人物全員狂ってる
ここまで狂ってるのは
久々やなー
気重くなるから今後は観ないね
ただ。
役所さんと小松菜奈と妻夫木クンの
演技に乾杯🥂
収穫はただそれだけ。
k

kの感想・評価

-

予告(?)のでんでんぱっしょんのキラキラかわいいサブカルダンシングみたいなのがとんでもなく好きすぎて見に行ったら普通にグロシーンでうわあ〜ってなった記憶がある もっかい見たい
ooO

ooOの感想・評価

3.5
cm的なスタイルのモンタージュが邪魔じゃないかな。話を分かりにくくするだけで、意味を付与してるとは思えない。
ただ何となく長い印象。
その中で記憶に残るのは妻夫木聡さんの演技。いつもずば抜けてる気がする。
あとはもう色々むちゃくちゃで胸クソ映画だった。嫌いじゃないけど。
実話を元にした部分がある映画、嫌いじゃないけど日本のどこかでこういったことが実際あると思うと本当に胸クソで気持ち悪い!
のり

のりの感想・評価

4.2
serch見て設定似てるなぁと思って
そのまま再鑑賞。

この映画見てから
小松菜奈が頭からしばらく離れんかった。
「可愛い」でも「綺麗」でも
表現出来ない感じ。
Taiga

Taigaの感想・評価

3.0
役所広司の蒸し暑い感じと小松菜奈の涼しくて狂ってる感じが良かった。何度も見てしまう。
約3年ぶり3回目の鑑賞

アマプラに『来る』も来て話題になってるし、中島哲也×小松菜奈祭りじゃ

公開当時みたときは、なんか怖い暴力映画、くらいにしか思わなかったんだけど、観れば観るほど発見があって、面白いので、これはスルメ映画

映像とか編集に、精神まいっちゃってる役所広司とかヤク中の見え方とか考え方が反映されてる(たぶん)から分かりにくいんだよな〜
映像がラリってるというか
それで初めて観た時はあんま理解できなかったのかも

失踪した娘を探す父が、いろいろ調べるうちに、自分の娘がドラッグを売ったりヤクザとか売春斡旋に関わってたりしてた事を知るっていうあらすじ。
キャッチコピーも、「愛する娘は、バケモノでした」で、娘の加奈子(小松菜奈)がヤバいっていう宣伝のされ方なんだけど、実際観ると、この娘と同じくらい父(役所広司)もヤバくて結局マトモな人誰もいないじゃん…ってなる話。
父の暴力と母の無関心が加奈子を作った…という設定にも成り得るんだけど、愛されて育っても、加奈子はあの加奈子になっていたんじゃないか?と思わせる。
ちなみに劇中で一番まともなのは、橋本愛じゃないかな

妻夫木聡の絶妙な気味の悪さが際立つ演技(褒めてる)がすごくて、そこも見どころ
中島哲也監督は妻夫木の使い方もすごい(『来る』も)

あと3回めにして、渡辺大知と葉山奨之が出てるの認識した!
知ってる人増えると過去作みたときに、あ!出てるじゃん!てなるの楽し〜〜
きっむ

きっむの感想・評価

2.7
中学生の時友達と映画館に見に行ったんだけど、なんか凄くグロくて、でんでんぱっしょんが流れた時だけ喜んでいた記憶があります
Gonz

Gonzの感想・評価

3.1
役所さんのキャラが色々ダブル感あり
映画の出演数が多いから仕方ないのかな。
映画は、わかりにくいけど面白かったです
>|