少女の作品情報・感想・評価

「少女」に投稿された感想・評価

ペティ

ペティの感想・評価

2.8
湊かなえさんの作品はいつも映像がモノクロよりでミステリー感がすごい。
新田真剣佑さんを探していたら出会った作品なのですがこのような役を演じてたとは…
全体の感想としては少し物足りない感じでした。
主人公の役柄の使い分けが難しいんだろうなって思った。厨二チックなところと、心の柔らかいところ。
世間は狭いなって感じさせる設定は、湊さんの小説の設定なんだろう。
バラバラなものがまとまっていくのは面白いと思った。個人情報流出のところに若干の無理を感じた箇所はあったが、面白かった映画。
原作未読
湊かなえ原作、という時点でモヤモヤするだろうなとは思っていた。
その予感は当たらずとも遠からず、といった感じ。
前半の世界観や映像は好きなのだけど、うーん。
ただネットのレビューを見ると前半はだるいけど後半は面白いって人の方が多かったので、おそらく私の感覚がずれているのでしょう

個人的には色々と惜しいと感じる作品でした。悪くはないけど。(何様)
予告やキャッチコピーで感じたこととまるで違う感じで(特に後半)
さらに主人公2人の友情というか絆の描写を結構省いてしまっているので
夏休みに彼女たちが行った場所も唐突でしかなかったし、ラストのあの子も、うーん
描写で見せて台詞で描かないことと単なる省略は違うので
そこはもう少しきちんと見せてほしかったなぁ。
私が雰囲気や行間を読めてないだけなんだろうか

あ、ちなみに稲垣吾郎さんが高雄孝夫(たかおたかお)という普通のおじさんの役で出ています。
ふつうのおじさん、という設定なんですけど私にはやっぱり普通には見えませんでした・・・
夜のテラスで背中を向けてお茶を飲んでいる場面なんてロイヤルすぎて思わず笑ってしまいましたよ(笑)
brouillard

brouillardの感想・評価

2.5
これは、予告編で煽り過ぎちゃったやつですね。

とは言え、面白い部分もあって、その面白い部分は原作由来で、そうじゃない部分はそうじゃない、映画オリジナル。小説を映画に変える難しさをここでも感じた。

あと、ちょっと思ったのは「本当は怖い女子高生」を描こうとした?

うん、でも、もう、それ知ってるから、驚かないし、ショックでもないし。

稲垣吾郎が出てますが、存在感が半端ない。よく出演してくれたなっていうか、よく出演依頼したよなっていうか?w
エリカ

エリカの感想・評価

1.1
面白くない。
不思議な世界を醸し出す演出があるようだけれど、とても中途半端。
予告編や小説では、もっと刺激的な映画を連想させるけど、この映画は違った。
sakuya

sakuyaの感想・評価

3.3
小説がすごい面白かったイメージだから、すこし期待外れだった。
やっぱり本田翼の演技が気になりすぎる笑
最後のシーンでやっといろんなことが繋がったけど、その伏線回収に気づかなくて低評価つけてる人も多そう。小説はもう少しわかりやすかったような?
がく

がくの感想・評価

2.1
抽象的かつ文学的かつ美しい作品である。この作品を通じて「死」や「生」といった究極の命題を改めて考えさせられた。
しかし一方、物語はテンポの悪い足取りで進んでいき、主演2人の演技にも抑揚や緩急が感じられないため終始退屈であった。興業宣伝と内容があまりに違っていたことにも戸惑いを隠せない。
本田翼ちゃんはこの映画みたいな
役の方が絶対に向いてると思った
kaede

kaedeの感想・評価

2.9
原作派

でも、映画の予告見て、原作見ようと思った

あの、ミッション系というか
挿入曲とかもそうなんだけど

ゴシックな感じ?雰囲気が好きかな
映画見ただけでは、伏線が複雑で人物の属性も分かりにくく、話の流れが掴めなかった。残念。
>|