少女の作品情報・感想・評価

「少女」に投稿された感想・評価

ひさな

ひさなの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。

しおりちゃんに関する描写が圧倒的に足りない。故にラストのインパクトに欠ける。

登場人物があっちもこっちも最終的に繋がるのは面白かった。

見る前はいじめられっ子山本美月と孤高の文学少女本田翼、みたいなイメージだったけど実際は王子山本美月と心優しい厨二本田翼って感じでした。
sayaka

sayakaの感想・評価

3.0
原作を読んだ娘とあーだこーだ言いつつ見たけどラストまできてあーそういえば繋がる話だったねー、となりました。山本美月ちゃんよいですね。本田翼ちゃんは「わにとかげぎす」とかの方がはまっている気がしました。
原作遥か昔に読んだからそれを思い出す感覚だった

そんで全部がつながるんだった、そうだ

女子って怖、
湊かなえの作品は暗くて重いイメージ。きっと原作の方がいいのかな。点数はつけないでおきます。
fuo

fuoの感想・評価

3.8
嫌な雰囲気は良かった。
原作をもっともっとうまく映像化して欲しかった。
一方の幸せの裏で…というパンチが弱かったかな
原作の良さが損なわれている。伏線が回収しきれていない。山本美月は好きになった。

このレビューはネタバレを含みます

湊かなえさんの小説が大好きでDVD見ました。長くは言いません。原作好きな人は見なくていいです。本田翼、山本美月が好きな人は見てもいいと思います?
UENO

UENOの感想・評価

3.9
思春期の女の子だからこそ生まれる純粋なくらいドロドロした感情と友情を描いた作品。本当に興味深い内容。面白い。
映像美との相性が最高。

そして何より本田翼さんの怪演がすごい。退廃的な眼差しと少女でいて少年のような雰囲気に気圧されて、一瞬で好きになった。

前半はヒロイン2人を中心に血も涙もない冷たくて殺伐とした感じだったけど、後半は色んな人を巻き込んで、徐々に人間味溢れる感じになっていった。
色んな人が色んな関わり方をして物語が進んでいくのも良かった。

「因果応報」は、強い呪いみたいなものだな…
最後、「了」を書き切らなかった演出は意味深。本当の「少女」はそっちだったか…
オバン

オバンの感想・評価

3.6
剣道で将来を有望視された敦子、
小説で処女作を書き上げた由紀、

才能溢れる二人が他者の悪意や、卑劣な行動により、闇の中に落ちていくのは悲しい。

悪意の塊のような、胸糞悪さ全開の映画。

ただ…
闇の中にも、かすかな光が差している。

友情であったり、親子愛であったり、物凄い遠回りだったけど、そういうものを感じる。

因果応報、それを思い知らされた。

でも、正直言って山本美月と本田翼は女子高生には無理がある。
制服を着ようが無理なものは無理。
beepee

beepeeの感想・評価

3.2
湊かなえさんの書く小説が好きで、今作は読む前に観ました。
本田翼が出てるからってのは内緒です。

序盤から伏線があちこち張られていて、中盤〜終盤にかけて矢継ぎ早に回収されていくんですけれども、回収の仕方が雑だったというか、迫力に欠ける印象。
「あ、そういうことだったのかー」って具合で、伏線が機能できてなかった様な気がしました。

原作を読んだ後、2回目にじっくり、演者さんの表情なんかも気にしながら観てみたいなと思います。
>|