マンティコアvsU.S.A.の作品情報・感想・評価

「マンティコアvsU.S.A.」に投稿された感想・評価

「攻撃開始ッ!!!」
「イヤーッ!!!」 ババババババッ!!!(マシンガンを撃つ)

(約2秒後)

「弾切れだぁ!!!」

はえーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


イラク戦争末期。とある一小隊が行方不明になった記者を探しにとある村に赴く。しかし、住民の姿は何故か見えない。
何とか記者を確保したが、兵士たちは謎の怪物の襲撃を受ける!
その正体はイスラム軍のゲリラが最終兵器として蘇らせた伝説の魔獣、マンティコアだった!


アメリカ軍と魔獣"マンティコア"との闘いを描く、ミリタリー・モンスター・アクション。

ジャケだけ見るととんでもないデカさに見えるが、実際のサイズはそこまで大きくないし(まぁそれでも大型肉食獣よりはデカそうだが。)、アメリカ軍と言っても一小隊、舞台もセット感ありありな小さな村くらいしかないので正直ジャケ並みの派手な展開はない。
まぁ配給がアルバトロスの系列会社&「パイソン」、「インベイド」の制作会社(UFO、ちゃっかりロゴが新しくなってた)&SyFyチャンネル用のテレビ用B級映画なのでしょうがないけど。

とは言え、B級映画としてはそこそこ予算はかかっているためか、意外にもそれなりに楽しめる。
冒頭で起きる銃撃戦はちゃんと戦争映画っぽく作られてるし、話のテンポも悪くない。
マンティコアもCG感丸出しだけどそれなりに襲撃してくれるし、軍隊もちゃんと銃撃ちまくって応戦してくれる。
マンティコアもただ襲うだけじゃなく、サソリの尻尾で刺したり、毒針を投げつけたり、酸を吐いたりと中々バリエーションに富んでる。
またヘリがマンティコアに撃墜されたり、ステルス戦闘機が飛び立ったりするシーンはCGながら結構盛り上がります。
ラストバトルも二転三転して見ごたえがある。
余談だがウザったいレポーターをあしらう際の主人公の台詞が好き。他のアクション映画の主人公もウザいヒロインに対してああいう返しをしてほしい。

正直物凄い小規模な話だし、やや地味目ではあるが、B級モンスターパニック物としてはそれなりに楽しめると思う。
平日の夜にだらっと観るにはちょうどいい一作だろう。

余談だが原題は「Manticore」つまり「マンティコア」だけ。
しかし作中で主人公が「ミスターUSA」って呼ばれてるから今作の邦題は正しいと思う。w
綿木

綿木の感想・評価

1.5
ちゃんと伏線回収してきて笑う🌚

マンティコアの見た目がまんま猫って感じであんまり強そうじゃないw
車から顔を出した少年を襲おうとするシーンがめっちゃ猫
イラク戦争末期、米軍の猛攻を前に壊滅寸前のイスラムゲリラは、神殿に封印されていた魔獣・マンティコア君を解き放つ..

(マンティコア君の特長)
サイズは馬より少し大きめ。銃、ミサイルなどあらゆる武器が効かない。蠍の尻尾で攻撃。スピードが速く空も飛べる。

一見無敵に思えるマンティコア君だけど弱点がアレでは復活しても生きていけないですね😅

(マンティコア君の苦手なこと)
散髪❌ 虫歯のチェック❌ 服の試着❌ プリクラ❌他いろいろ。…これでは社会に溶け込むことが出来ないので可哀想😢

残念ながら彼はずっと封印されてた方が幸せですね😆

あ、映画は普通でしたよ✨
ユニバーサル制作のSFミリタリーアクション映画。
まあまあ暇つぶしになる。