難波金融伝 ミナミの帝王 破産の葬列の作品情報・感想・評価・動画配信

「難波金融伝 ミナミの帝王 破産の葬列」に投稿された感想・評価

借金の末に、自己破産という選択肢を選ぶ世の風潮に疑問を投げかけるとともに、葬式ビジネスの裏側も鋭く浮き彫りにする大人気長寿OVシリーズ第30弾。
悪党があの代償で済んだのは、法律の壁なんだろうか。
破産代行業者。弁護士事務所内の元ヤクザ八幡。仲田葬儀の後継ぎ。病院は死体の名産地。死者情報は袖の下。正月・盆・GWの前は葬儀屋の稼ぎ時。免責不許可事由(破産法第366条9項)。「他人の褌で相撲とっとると、そのうち痛い目にあう。弁護士気取っても、所詮あんたはヤクザもんちゅうこっちゃ」
この回から探偵が岩崎ひろみに。
それとともに銀ちゃんの襟が!襟がパカーンと!!! やはり若いモンたちには負けられへんで…というアピールでしょうか…桐谷健太も岩崎ひろみも、ビジネスパートナーというよりは娘や息子ポジですもんね…

とはいえ、真の病院でのコミカルなシーンはついつい笑ってしまった。未熟ゆえに心情を吐露したり、債権者に肩入れしたり、と、回を重ねるごとにだんだんと桐谷健太もええやん…と思ってしまいます。いやいやでもNo1は慎吾ちゃんだから…(再掲
破産がこんな悪用のされ方あるのか…と
しみじみして観てました。
やっぱ銀ちゃんは勧善懲悪もの。

観やすい。
gakupapa

gakupapaの感想・評価

3.0
西山浩司が葬儀屋役で出演。
亡くなった父親の借金に四苦八苦する話。
病院での遺体の引き取り競争に不謹慎にも笑ってしまった。
NEP

NEPの感想・評価

-
桐谷健太くん演じるシンちゃん(萬田はんの舎弟) のいつもとは少し違った活躍の仕方が見られたり、彼の心情に触れる場面があったりして嬉しい回だった

Mr.オクレ兄やんもバッチリ出演してるよ!

あなたにおすすめの記事