エンジェル 哀しき復讐者の作品情報・感想・評価

「エンジェル 哀しき復讐者」に投稿された感想・評価

Ryuji

Ryujiの感想・評価

2.0
アビゲイル・ブレスリンがガンガンアクションやってるのを期待してたんだが。
アビゲイルちゃんがリトルミスサンシャインの時そのままの体型で大きくなられていたので素直に「痩せろよ」と思いました。
ストーリーはとてもしょっぱい。
Yukimin

Yukiminの感想・評価

2.7
アビゲイルちゃんとショーンビーンなら観なきゃ!と借りましたが うーん何故この2人を使ってこの作品?っとチョット残念な仕上がりでした。この2人だから観れたって感じです。

これはひどい。
中身がこんなにない映画は久々に観た。

ショーンビーンがこんな映画に出演しているとは。

これからはきちんと、直感ではなく
Filmarksの皆さんのレビューを確認してから借りようと思います。
冒頭からで申し訳ないですが邦題改悪裁判開廷です.パケ写詐欺も合わせて懲役18年.むろん執行猶予無しの実刑です.
最初から低いハードルで視聴すれば,それほど悪くはないんですよ.これ.原題は「不良血脈」.つまりはアニマル・キングダムですが,あそこまで殺伐とはしてない.メスメーカーで元チェス達人の叔父貴が醸し出す柔らかい雰囲気のおかげでしょうか.
パケ写だとハンナやコロンビアーナみたくキリングマシーンとして教育されたアビーの復讐劇ですが,そんなアクションはない.少なくともアビーにはない.あの充実しまくった下半身でそんな激しいアクションができるはずもない.ハリウッドセレブらしさの微塵も感じさせない充実下半身は大注目です.ちょっとした意識高い系一般女子のほうがよほどスマート体型です.逆に言うと女優なのにあの下半身は妙にリアルで娘役として座り心地がいいのん.
ストーリーは「緩い」ウィンターズ・ボーン+「緩い」フルリベンジ.言っておくがホントに「緩い」からな!どれくらい緩いかっていうと,やはりアビーの叔父貴であるジェイク・ビジーの口元くらいに緩い.な!緩いだろ.せっかくチェスの話を出したんなら試合に絡めたり,そして亡くなった両親の話をもうちょっと有機的に肉付けなんかしたら(アビーのグダグダな計画に目を瞑れば)かなりいい感じに仕上がった気がする.
最後に,どーしてアメリカ人ってチャリンコをちゃんと停めないの?
kwn

kwnの感想・評価

-
アビゲイルブレスリン

確かにジャケほどの迫力はない。
でもこの子大きくなってからホラーばっかりだから見れるのすくない。笑
はま

はまの感想・評価

1.4
父「準新作が半額だった」
私「おっ」
父「バットマンvsスーパーマンと」
私「(なんだ…)…と?」
父「これだ」

ということで、父がパッケージ裏のあらすじだけで判断して借りてきた一作。
正直ひどかったです。

「ショーン・ビーンが出てるぞ!」という言葉に釣られて一緒に見てしまいましたが、パッケージからプンプン臭うB級アクション映画臭…とは全く違う静かなドラマで(!)私どころか借りてきた父本人も頭を抱えておりました。結構なパッケージ詐欺だと思います。

個人的にはショーンが出てるので遅かれ早かれ見ることにはなったと思うので(笑)、別に時間の無駄とまでは思わなかったですが、終始「はよ終わらんかな」とは思ってました。ショーンはかっこよかったです。

そもそも意味が分からないところが多すぎるんですよ。主人公の少女が自らドラッグの運び屋として名乗りを挙げるところから徐々に物語が進み始めるんですが、その時点で「なぜ?なに?」がたくさん。
人間関係も深いところはハッキリ分からないし心情は読めないし何を思って行動してるかも分からないし…なので、終始主人公がやってることを眺めて終わる90分。他人事です。

悪い意味で「先が気になる」映画でした。このあと一体どうなってしまうんだ…!っていうワクワクじゃなくて「( ´・∀・` )…???何これ話が読めない」っていう気になる。だから結末を迎えたところで「( ´・∀・` )…へー」って感じ←
私だけが理解してないのかと思って「ごめんよく分かんない」って言ったら父も「うん」って言ってたので安心しました(?)

チェスに例えてモノローグを入れてるのは理解できるんですよ!ただ!活かせてない!気がする!
なぜなのか。なんなのか。色んな意味で疑問が残りまくる今作。なぜアビゲイルちゃんは主演を務めてしまったのか。なぜショーンは悪役ばかりなのか。

死ぬほど退屈な人はどうぞ。90分ですら長く感じる一本です。
てつ

てつの感想・評価

1.5
パケに騙された!
アビゲイルブレスリンを追いかけて・・・

てっきりアビゲイルちゃんが、銃弾の嵐を潜り抜け、復讐を果たすアクション映画かと思ったら、麻薬の世界のお話でした。
(アクションシーン皆無)
ショーンビーンも出てたから楽しみにしてたんですけどね~

アビゲイルとショーンが出てなかったら、最後まで観なかったかも(^_^;)
感想川柳「作戦は 緻密そうでも 子供だな」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)アビゲイル・ブレスリン目的です。

ハナの叔父のフランクは町を牛耳る男で、後見人のドニーにクスリを作らせていたが、連邦捜査官に嗅ぎ付けられてしまう。ドニーが捕まれば施設に行かされてしまうので、ハナはフランクの元で運び屋をしながらある作戦を考えていた…というお話。

チェス好きな少女がギャングの大人相手にどう立ち回るのか楽しみでしたが、結構子供じみた作戦でした(;・∀・)

フランクの名前を出すとみんなビビる割に、取り引き相手が1つのグループだけってそんな権力持ってなさそう(^^;

銃撃戦もちょっとだけだしサスペンスともバイオレンスとも言えない中途半端な感じ。(。´Д⊂)

なにより金髪のアビゲイル・ブレスリンに違和感(゜Д゜)
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ショーンビーン目的で見たけど
ほんとに無駄遣い!

マフィアのボスの、薬の運び屋をやってる叔父さんの手伝いをしてた少女が
少しずつ、知恵をつけて薬にビタミン剤をまぜかさ増ししていた
徐々にバレて、同時に周りの人間の関係も複雑になっていき、
ラストは復讐し、ハッピーエンド

でも、納得いかない
中途半端すぎて見てられない
ボスなのに手下の人数少なすぎるし、
潜入捜査官なのに役にたたないし、
人殺してるのに何も変わらないし、
見る価値のない映画